即日お金借りるなら?今すぐお金を借りたいあなたへ【お金借りるサコウジュ】

消費者金融などの金融機関からお金を借りると言っても、金利や限度額、即日融資のサービス内容がよく似ていて、どこからお金を借りれば良いのか悩んでしまうのが正直なところ。

あなたがもしも即日お金借りるなら、「レイクALSA」や「アコム」といった大手消費者金融からお金を借りることを当サイトではおすすめしております。

その理由は、最短で即日融資が可能でお得な無利息サービスもある人気の消費者金融だからです。無利息期間がある消費者金融を有効に活用すれば、利息も最低限に抑えられてお金を借りることができます。

尚、消費者金融からお金を借りる場合、総量規制で融資限度額が年収の3分の1以内の制限がある事と、無職やブラックでは申し込みが出来ないので、特にその2点は注意が必要です。

即日お金借りるならどこ?

消費者金融で金融庁へ届け出をしている大手消費者金融から中小消費者金融は、2016年現在で1,926社登録されています。その中でも即日融資に対応しているのは限られ、大手消費者金融と、中小消費者金融の一部で即日融資が可能です。

大手消費者金融で即日お金借りれるところ

消費者金融 審査時間(最短) 融資スピード(最短) 融資限度額
レイクALSA 最短15秒 Webで最短60分融資も可能※ 1~500万円
アコム 30分 1時間 1~800万円
プロミス 30分 1時間 500万円
アイフル 30分 1時間 800万円
SMBCモビット 30分 即日 1~800万円

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

「SMBCモビットは10秒簡易審査」とか「レイクALSAは最短15秒審査」と書かれているサイトもあります。しかし、これらは仮審査の時間で、審査申し込みの混雑状況や、申込時間や曜日によって変わってくるので、本審査が完了するには最低でも30分以上見ておく必要があります。

即日お金借りるのに適した職業とは?

カードローンの貸付条件は「満年齢20歳以上で安定した収入がある人」となっているので、この条件をクリアすれば誰でも申し込みが可能です。

(〇借り入れ可能、△借入出来る場合と出来ない場合がある、×借り入れ不可)

職業形態 審査の通りやすさ
正社員
契約社員
派遣社員
自営業者
フリーランス
フリーター・アルバイト
専業主婦
学生
年金受給者
産休中・育児休暇中
未成年(18,19歳)
ブラック
無職 ×

ちなみに条件によって融資が可能になる場合と、融資が受けられない場合があり、どちらも当てはまる場合を△にしました。

・学生の場合
アルバイトをしている学生は融資が可能ですが、無職の学生の場合融資は受けられません。

・年金受給者
大手消費者金融は年金受給のみで生活している人は融資していませんが、銀行カードローンには年金だけで生活している人にも融資をしている銀行があります。

ただし、年齢制限があるので年齢制限をクリアする必要があります。

・産休中・育児休暇中
会社へ籍を残したまま休暇を取っているのか、退職しているのかで違ってきます。

籍を残している場合はもちろん融資を受けられますが、退職している場合はアルバイトやパートで収入がなければ融資は受けられません。

・ブラック
ブラックになっている人は大手消費者金融で借りる事は出来ませんが、中小消費者金融なら借りられる可能性があります。

・18、19歳の未成年
カードローンは満年齢20歳以上でなければ借りる事は出来ませんが、クレジットカードなら18歳19歳の未成年でもキャッシング枠でお金を借りる事が出来ます。

ただし、親の同意が必要ですが、同意が得られれば個人でカードを作る事も可能ですし、家族カードを利用したキャッシングも可能です。

このように、同じ職業形態でも、条件によって融資が受けられたり受けられなかったりするので、借り入れを希望する時は借り入れ先の条件を調べてみる必要があります。

即日お金借りるときに用意するもの

・本人確認書類
カードローンの申し込みには用意しなければならない本人確認書類が有ります。

審査で必ず必要になるのがこの本人確認書類で、本人書類は申し込み者が本人である事を確認するための書類なので、どこへ申し込むにしてもこの書類だけは用意しておく必要があります。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの写しが必要になります。

また転勤や結婚などで、申し込み書に記入した現在の住所と、運転免許証に記載されている住所が異なる場合は、納税証明書や社会保険料の領収証、公共料金の領収証(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKなど)が別途必要になります。

・借入希望額によって必要になる書類
消費者金融へ融資を申し込む時、借入希望額が50万円を超える場合や、他社にも借り入れがある場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超える場合は「収入証明書類」が必要になります。

収入証明書類が必要になるのは、消費者金融の融資限度額は総量規制で年収の3分の1以内と制限されているので、その制限を越えていないかを確認するために収入証明書類の提出を求められます。

収入証明書類として利用できるのが、直近1~2カ月分の連続した給与明細や源泉徴収票、所得証明書、納税証明書などの写しが必要になります。

銀行カードローンの場合は総量規制の制限を受けないので、年収に左右されません。

ですから、銀行カードローンの場合、借入希望額が100万円以下や200万円以下、300万円以下は不要というように、それぞれの銀行が独自の基準を決めています。

2017年11月現在、総量規制対象外の過剰貸付問題によって、自主的に消費者金融と同じ基準である総量規制の範囲内の貸付基準とする銀行カードローンが増えてきております。

・申し込み書の提出前に再確認
必要書類が用意できたとしても、注意しなければならないのが、申し込み書に記入した内容が確認書類と違っている場合、審査に落とされる事もあります。

事実、申し込み書の記入ミスがあって審査に通らなかったという事も多いので、提出する前に、必ず申し込み書と提出書類に相違がないかを再確認してから提出しましょう。

即日お金借りるときの注意点

急いでいる時は特に「どこでもいいから借りられたらいい」という気持ちになりますが、いくら急いでいると言っても、最低限確認しておかなければならない事があります。

①即日融資が可能なキャッシング会社かどうか

キャッシングのネット広告や雑誌の広告に「即日融資可能」とか「即日審査可能」という言葉を見る事があります。どちらも「即日」という言葉が使われています。

よく似た言葉ですが、内容がまったく違うので注意が必要です。「即日融資可能」という書き方は、申し込みをした当日でも融資が受けられる。「即日審査可能」は、申し込みをした当日中に審査結果が出る事になります。

つまり、「即日審査」はお金を貸しても良いかどうかの審査をするだけなので、当日中に融資が実行されるわけではありません。「即日融資」と「即日審査」この違いを知っておく必要が有ります。

②即日お金を借りる先を慎重に選ぶ

即日融資でお金を借りたい時は、いくら急いでいても、借入先は慎重に選ばなければなりません。お金を借りる時は、少しでも低い金利でお金を借りたいものですが、金利ばかりに気を取られていては、審査スピードの確認が疎かになります。

どうしても今すぐお金が必要な時は、迷わず審査スピードの早い大手消費者金融へ申し込む事をおすすめします。

消費者金融の審査は業界トップクラス。申し込みから借り入れまでを1時間程度で全てを完結することが可能です。

③24時間受付可能であるか?

また「24時間申し込みの受付可能」という宣伝文句にも注意が必要です。24時間いつでも受付をしているので、申し込みすればいつでも審査が始まり、審査に通ればお金が借りられると思っている方もいます。

「24時間受付」と言うのは、あくまでも受付をしているだけで、24時間審査が受けられる事ではありません。申し込み時間は何時でも可能ですが、審査は営業時間内でないと受けられないので、即日融資で借りるには、いつまでに申し込みをすればよいのかという事も重要です。

即日お金借りるなら審査が甘い金融は避けるべき

「今日明日中にはお金を用意しなければならない」という場合、ついつい手を出してしまうのが「ヤミ金」です。

「ヤミ金」の宣伝文句は「審査なしで即日振込可能」とか「断る事はありません」というように、申し込みをすれば必ず貸してもらえるというような宣伝をしています。

しかし、正規の消費者金融や銀行でお金を借りる時は、どんな場合でも審査があるので無審査や無担保で融資してくれるというのは、まともな消費者金融ではなく違法業者と思って間違いありません。

いくら急いでいるからといって、宣伝文句に騙されて手を出す前に、正規の貸金業者なのかを確認する必要があります。正規の消費者金融であれば、都道府県へ登録を済ませています。登録申請を済ませている業者かどうかは金融庁の「登録貸金業者情報検索」ページで調べることが出来ます。

検索方法は、登録番号や所在地、商号・名称、代表者名、電話番号の入力画面があります。検索する時は入力欄すべてに記入する必要はありません。いずれかの1項目の入力だけで検索することが出来ます。

例えば広告に記載されている「登録番号」や「商号」などを入力して、検索開始ボタンを押すと該当する業者名が表示されます。もし、登録番号と違う業者名が出てきたり、業者名が出てこなかったりした場合は「ヤミ金」と思って間違いありません。

ヤミ金は中小消費者金融に紛れ込んでいるので、知らず知らずのうちに騙されている事もあります.名前も聞いたことがない業者の利用を考える時は、インターネットのクチコミや金融庁の「登録貸金業者情報検索」で正規の業者なのか、確認する事が重要です。

在籍確認なしで即日どうしてもお金を借りたいなら?

在籍確認は、申込者が申込フォームに記入した勤務先にちゃんと勤めて毎月の給料をもらっているかの確認する作業です。

カードローン会社からすれば、返済能力を確認するための重要な審査となるため、在籍確認が省略されることはありません。

在籍確認の方法は、担当者が申込者の勤め先へ電話を入れて確認する方法が一般的ですが「どうしても会社へ電話してもらいたくない」という人には、書類提出などの方法で行ってくれる場合もあります。

クチコミでは「プロミスやアコムなどは書類審査だけで終わった」といううわさがありますが、正式に「書類提出の提出で在籍確認の代わりになる」とは書かれていないので、実際のところは申し込みをしてみなければわかりません。

ただ、SMBCモビットの場合は正式に「会社への電話連絡は代替え書類で可能」としています。「会社への連絡なし」にするにはいくつかの条件を満たす必要があります。

SMBCモビットには「カード申込」と「WEB完結申込」から申し込みをしますが、会社への連絡なしになるのはWEB完結申込になります。

「WEB完結申込」の申込条件は

  1. 三井住友銀行または三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座を持っている人
  2. 社会保険証または組合保険証の交付を受けている人(国民健康保険は不可)

が条件になります。

 

必要書類も条件があり、

  1. 本人確認書類として運転免許証またはパスポートなどいずれかの写し
  2. 収入証明書類として、所得証明書や源泉徴収票、税額通知書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書のいずれか1つの写し
  3. 勤務先を確認する書類として、社会保険証またはっ組合保険証と直近1か月分の給与明細書の写しが必要です。

これらがすべての条件を満たせば電話連絡なしで完結します。

銀行で即日お金を借りることはできる?

結論から言うと2018年1月から銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

銀行カードローンの審査は、申込者が銀行へ申込をし、審査は保証協会が行い、申込書の記入内容のチェックと信用情報機関の個人情報に基づいて審査が行われ、審査に合格すれば融資OKと言う流れでした。

しかし、2018年1月から、この流れに加えて、預金保険機構を間に挟み、警察庁の専用回線でつなぎ、利用者が反社会的勢力に属していないかの確認をする工程が増えました。

このデータを照合するのに、早くて1日、長くて1週間以上必要で、その確認が完了して履歴に問題がなければ融資が行われるので、これまでのように申し込みをしたその日にお金が借りられる即日融資が出来なくなり、即日融資が可能なのは消費者金融だけになります。

即日お金借りるのに審査無しで借りる方法は存在する?

基本的にカードローンでお金を借りる場合は「審査なし」で借りる方法はありません。

ただ、「誰でも」というわけではありませんが、カードローン以外で即日融資が可能な借入方法はあります。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能が利用できます。

キャッシング機能については、申し込みをしなければ利用できませんが、キャッシング枠の申し込みをして、現在クレジットカードを持っている人はすでにキャッシング枠の審査も終わっているので、新たな審査を受けなくてもお金が借りられます。

生命保険の「契約者貸付制度」でお金を借りる事も可能

お金が借りられるのは、積立型の生命保険になりますが、個人年金保険や学資保険、終身保険、積立型の生命保険なら解約払戻金を担保にしてお金を借りる事が出来ます。

生命保険でお金を借りた時の金利は、わずか数%という低い金利で借りられる事や、カードローンのように返済期限が決められているわけではないので、自分の都合に合わせて返済が出来ます。

土日祝日でも即日お金を借りることはできる?

土日や祝日にお金が必要になることが有りますが、手持ちのお金では足らないという時は、一時的にキャッシングで借りる事をおすすめします。

キャッシングで土曜日に借りて月曜日に返済すれば、借入金額で違ってきますが、ATMの利用手数料より安い利息で借りられます。

休日にお金を借りるには

すでにキャッシングの契約を済ませている人なら、土日や祝日でも、限度額の範囲内でカードを使って提携ATMからお金が引き出せるので心配ありません。

また、ネット銀行と提携しているキャッシング会社の場合も、申し込みみをすればいつでも口座へ振込をしてもらえるので、土日祝日でも安心です。

「土日や祝日にお金を借りたいけれど契約はまだ」という方も、大手消費者金融や銀行カードローンの即日融資で借りる事が出来ます。

確実に借りたいのなら無人契約機で

大手消費者金融や、一部の銀行は全国的に無人契約機を設置しています。

ほとんどの無人契約機は365日午前9時からおおよそ午後10時まで営業しているので、無人契約機から申し込みすれば土曜日や日曜日、祝日であっても即日融資でお金が借りられます。

無人契約機から申し込みをすれば約1時間程度で審査が終わるので、契約が完了すれば、カードを受け取り提携ATMからお金を引き出せるようになります。

インターネット申し込みと無人契約機を併用する

インターネット申し込みは365日24時間いつでもどこからでも申し込みみが出来ます。休日前にパソコンや携帯、スマホを使ってインターネットから申し込みみを済ませ、仮審査まで終了させておきます。

仮審査を終えた後、休日に無人契約機へ出向き、無人契約機で本審査を受けて契約する方法なら時間を無駄にしなくても契約が出来ます。

ネット環境が整っていない方でも、電話で申し込みを済ませておき、無人契約機へ行き、本審査を受けるという方法もあるので心配ありません。

時間外手数料より安い金利で借りられる

月曜日に返す予定で土日に借りても、キャッシュカードの利用手数料より安い利息で借りられます。

コンビニATMの利用手数料は5万円の場合220円必要ですが、土曜日に5万円を借りて月曜日に返済すれば、金利はわずか50円で借りられます。

ATMの利用手数料が無料の消費者金融なら、キャッシングの金利のほうがはるかに安く借りられます。

提携ATMの利用手数料が無料という消費者金融や銀行カードローンが有るので、そちらを利用すれば無駄な経費を支払う必要がありません。

今すぐお金を借りるメリット・デメリット

即日簡単にお金を借りるメリット

即日融資の最大のメリットは当然ですが、申し込みから融資までの時間が短時間で簡単に終わるという事です。多くのキャッシング会社は、パソコンやスマホを使い、インターネットで申し込みをすれば、最短30分で審査回答が得られるところがほとんどです

その後、必要書類をメールやスマホアプリで送れば、審査手続きは完了し、契約が終われば、指定口座への振込みで融資を受けるまで、早ければ1時間程度で完了します。いったん契約が完了すれば、その後は限度額内で自由に借入ができますし、大手消費者金融なら即日振込が当たり前になっています。

また、キャッシングの即日融資は、用意する書類が少ない事です。お金を借りる希望額で違ってきますが、キャッシングでお金を借りる申し込みは、50万円以下の場合必要書類は免許証やパスポートだけあれば申し込みが出来るので、書類を揃えるというような時間は必要ありません。

銀行の金融商品なら保証人や担保設定が必要になりますがキャッシングは、担保や保証人が必要ありません。申し込みは、本人の信用度だけでお金が借りられるので、人に迷惑を掛ける事もありません。

即日お金を借りるのデメリット

即日融資はある程度のリスクを覚悟しなければならないので、少し高めの金利設定となっています。

たとえば銀行カードローンの平均金利が14%~15%なのに対して、消費者金融の金利は18%近くになります。数字だけ見ると大差ないように思えますが、借入額が増えれば支払う利息も多くなるので、金利は低いにこしたことはありません。

即日融資でお金を借りる時、短期でお金をを借りるつもりなら、多少の金利差は問題になりませんが、長期でお金を借りる場合は金利を優先して申し込み先を決める必要が有ります。

キャッシングの落とし穴と言えるのが、簡単にお金を借りられるので、ついついお金を借り過ぎてしまう事です。キャッシング審査が緩く、手軽に借り入れができるので、慣れてくると、まるで自分の預金を引き出すかのように借り入れをしてしまう人がいます。

気が付けば返済が出来ないくらいまで借金が膨らんでいたという事もあるので、借り入れ前には必ず返済計画を立て、お金を借り過ぎないように注意する事が重要です。

どこでお金を借りるのがベスト?

「即日融資」は消費者金融のお家芸のように言われていましたが、最近の銀行でも即日融資が可能なカードローンが増えているので、消費者金融、銀行カードローンで選ぶ事が出来ます。

「即日融資」といっても一般のカードローンと変わりはないので、

  • 金利が低い。
  • 専業主婦でも借りられる。
  • 安心感がある。

という事から考えると、銀行カードローンの「即日融資」が良さそうですが、銀行カードローンの過剰融資が問題視されておりますので、大手消費者金融から総量規制の範囲でお金を借りることをおすすめしております。

「銀行カードローンの中には、事前に口座を作っておく必要が有るカードローンが有りますが、「即日融資」を申し込む時は、口座の指定がないカードローンへ申し込む事がポイントです。

口座が必要なカードローンの場合、口座を作るだけで1週間~10日が必要になるので、今すぐお金が必要と言っても間に合いません。

たとえば、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローンなどは、どこの口座を使っても問題ありません。

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
三菱UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで 2,000円~

まとめ

今日明日中にお金を用意しなければならない時は、大手消費者金融の「即日融資」を申し込むのが最も確実です。

貸金業法の改正後、プロミスアコムなどの銀行グループの傘下に入った大手消費者金融や、銀行に吸収された大手消費者金融など、以前あったような悪いイメージはなく、現在の大手消費者金融なら安心して申し込みが出来ます。

銀行カードローンは金利が低い事がメリットですが「即日融資」が可能な銀行カードローンは限られていますし、リスクを避ける為に銀行カードローンの中でも金利は高めの設定になっています。

「即日融資」に関していえば、プロミスやアコムといった大手消費者金融でも銀行カードローンでもほとんど差が有りませんので、急ぎでお困りの方は活用してみることをおすすめしております。