アコム

アコムの返済が出来なくなった、取り立てを防ぐにはどうすればよい?

アコムの返済が出来なくなった…取り立てを防ぐには?

アコムでカードローンを利用している時、返済期日に返済が出来ない時はどうすればよいのでしょうか?

うっかりして返済日を忘れていた時は、すぐに返済すれば何の問題もありませんが、「今月はどうしても支払いが出来ない」という時もあります。

そんな時はどうすればよいのか、返済が出来なくなった時の対処法、アコムからの取り立てがあった時はどうすればよいのかなどについて紹介します。

返済期日に間に合わないとわかった時に対処する方法

「今月は思った以上に出費が多くて、アコムの返済が出来ない」という場合、アコムでは2通りの対処法が用意されています。

どちらの方法を選ぶにしても、まずはこちらからアコムへ電話を入れて、支払いを延期してもらうか支払額の減額をしてもらうか、どちらかでお願いしてみましょう。

支払いを延期してもらう場合、アコムでは最大30日まで延期してもらう事が出来るので、遅れた理由や次回の返済日を約束し、その日に返済が終わればそれ以降はアコムから連絡が入る事はありません。

支払い額の減額は、誰でも応じてもらえるというものではないので、理由によっては利息だけの返済で済ませてもらう事が可能です。注意しなければならないのは、どちらの場合でも延滞扱いになるので、遅延損害金を上乗せして返済する事になります。

延期や減額をお願いする方法

支払いの延期や減額をお願いする方法は、

  1. こちらから電話を入れる方法
  2. インターネットからお願いする方法

があります。

電話でお願いする方法は、アコムの総合カードローンデスク(0120-629-215)へ電話を掛けて担当オペレーターに相談する方法と、アコムプッシュホンサービス24(音声自動応答)(0120-134-567)でお願いする方法があります。

アコムプッシュホン24サービスは24時間何時でも可能ですが、総合カードローンデスクは受付時間が平日の9:00~18:00までなので、その間に相談する必要があります。インターネットからお願いする方法は、会員サービスへログインし「お知らせ一覧」から「お支払い期日について」を選び、返済日を設定します。

事前連絡なしで延滞した時はどうなる?

事前連絡で相談して、約束した日にお金を返済すれば、何の問題もありません。

気を付けなければならないのは、返済遅れがあるのに何の連絡もしない時は、どんどんとエスカレートし、最悪差し押さえとなる事もあります。

最初はメールで督促される

何の連絡もせずに返済日が過ぎてしまうと、まずはメールで「返済期日が過ぎているので返済をお願いします」というような督促メールが送られてきます。

メールが届いてすぐに返済すれば、それ以降の督促はありませんし、返済が遅れるようであればアコムのフリーコールまたは、アコムプッシュホンサービス24に電話を入れて返済日を約束するか、会員サービスから返済日を設定し、その日に返済が完了すれば、それ以降の督促はありません。

メールの督促を無視すると携帯に電話が入る

メールの督促を無視すると、3日~1週間の間に、担当者から携帯(指定した連絡先)に電話がかかってきます。アコムからの電話は、ACサービスセンターからの電話で、アコムの名前を名乗らず担当者の個人名でかかってきます。

電話の相手が利用者であるとわかった時、はじめて「アコムの〇〇ですが、・・」というようにアコムの名前を出します。このように、アコムが利用者に電話をかける際は、「周囲からアコムの電話である」と周囲にわからないように気遣いがなされています。

ちなみに取り立てだからといって、テレビドラマや映画のように、厳しい口調で責められたり、怒鳴られたりすることは絶対にないので、心配することはありません。この段階でも、電話に出て返済日などを約束すれば、取り立ては止まります。

指定の連絡先に連絡が取れない時

希望連絡先が携帯電話にしていて、携帯にかかってきた電話に出なかった時は、自宅に電話がかかってきます。この段階の電話も本人以外にはアコムとなる事はなく、本人と確認するまでは個人名の電話になります。

基本的には本人が電話に出るまで何度でもかけてきますが、法律でも午後9時~午前8時以外なら3回までは電話を入れてもよいという事になっているので、本人が電話に出るまでは、何度でもかけてきます。このような状況になっても、アコムからの電話に出て返済日などを相談すれば、取り立ては止まります。

さらに連絡が取れなければ督促状が送られてくる

携帯や自宅へかかってきた電話を無視すると、最初に取り立ての電話があった翌週以降に、アコムから督促状が送られてきます。督促状は「ACサービスセンター」という名称で送られてきます。

督促状の内容は「支払期限が過ぎていますので、速やかに返済をお願いします」といった内容のもので、送られてくるのは月1回の場合もあれば2回の場合もあります。

督促状が送られてきても無視すると

これまでは、個人の携帯や、自宅へ督促状が送られてくるだけでしたが、さらに無視を続けると、勤務先へ電話が入るようになります。

もちろん、この段階でも本人以外にアコムと名乗る事はなく、電話の内容は基本的に携帯にかかってきた時と同じですが、電話応対などを見ていると周りの同僚や上司から不信に思われる心配があります。

延滞が3か月過ぎると個人情報に延滞があった事が記載される

最初の延滞から3か月経過すると信用情報機関に事故情報が記載される事になります。

事故情報が記載されると、新たにお金を借りたり、ローンを組んだりすることができなくなりますし、場合によっては、利用中のクレジットカードなどが利用停止になったりすることもあります。

信用情報機関の個人情報は全ての金融機関で共有されていますから、事故情報が記載されていると、どこの金融機関に行っても融資が受けられなくなります。

さらに4か月が経過すると

最初の返済期日から4か月経過すると、取り立てを行う部署が変わります。それに伴い、取り立ての方法が変化します。

いままではアコムと名乗ることはありませんでしたが、部署が変わると自宅は会社への電話は最初からはっきりアコムと名乗るようになります。ただし、要件は本人以外に話すことはありませんが、アコムから電話がかかってきたら多くの人は借金のことと気づいてしまいます。

また督促状の差出人もアコム名義に変わるので、家族に借金をしている事がばれてしまいます。

最後は裁判所から督促状が来るようになる

長期的に取り立てを無視し続けると、アコムは裁判所に訴えます。延滞期間がいつまでという決まりはありませんが、おおよそ1年近く延滞している場合が多いようです。

アコムが裁判所で手続きを行うと、裁判所から債務者の自宅に支払督促の書面が送られてきます。書面には借金の速やかな返済をすることと、裁判所への出廷日時が書かれています。

この督促を無視し、裁判所への出廷を拒否すると、アコム側の主張が全面的に認められることになり、「延滞金を支払わない場合は、給料を差し押さえる」といった内容の督促状が送られてきます。

さらにこの督促を無視すると、アコム側の要求が認められ、いよいよ給料の差し押さえの手続きに入ります。

差し押さえは回避できない?

マネー案内人
マネー案内人
裁判所からの差し押さえ命令は回避できないのでしょうか?それには差し押さえが決定するまでに手続きをとる必要があります。

裁判をすると手続きにも時間がかかりますし費用も掛かるので、アコムとしても裁判を起こしたいわけではありません。

ですから、自分からアコムに連絡を入れ、返済する意思があることを伝えれば、アコムも裁判所への訴えを取り下げてくれます。

そして、アコムと今後の支払いについて話し合いなりますが、どうしても一括返済が出来ないという場合は、こちらの希望を申し出てみましょう。アコムも貸したお金が返えってくればよいので、分割払いになる可能性もありますし、場合によっては利息を免除してもらえる事もあります。

まとめ

アコムの返済が出来ないという状況になった時は、後ろめたい気持ちもありますが、まずはアコムに連絡を入れて相談してみましょう。アコムも、相談すれば状況に応じて返済を待ってもらえたり、当面の間は利息の支払いだけで済ませてもらえたりする事もあります。

マネー案内人
マネー案内人

連絡を入れずに放置していると、精神面のストレスも溜まりますし、最悪差し押さえという事にもなります。

そうならないためにも、後ろめたい気持ちもありますが、返済が続けられなくなった時は、思い切って連絡を入れる事が重要です。

 

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較