アコム

アコムのカードローン審査、クレヒスの何を見られる?

アコムのカードローン審査でクレヒスの何を見られるのか

カードローンの申し込みをすると、必ず審査があります。アコムも例外ではなく、カードローンの申し込みをすると審査があり、審査結果によって融資可能かどうかが決まります。

審査は、申込書に記入した名前や住所、勤務先などの個人情報と信用情報機関の個人情報に基づいて行われます。信用情報機関の個人情報ではクレジットヒストリー(クレヒスが大きく影響します。

アコムの審査はクレヒスの何をチェックしているのかを紹介しますので、アコムへ申し込を考えている人は参考にして下さい。

クレジットヒストリー(クレヒス)とは

クレジットヒストリーとは通称クレヒスと呼ばれているもので、国内の金融機関で融資やクレジットカードの発行をする際、審査を行う時に参照している個人情報のことなのです。

クレヒスは現在日本に3社ある信用情報機関(CIC、JICC、JBA・KAC)に登録されている情報のことを指していて、クレヒスは審査に大きく影響し、クレヒスの内容が悪ければ審査に通る可能性は少なくなります。

日本の信用情報機関は3機関が登録されています。株式会社シー・アイ・シー(CIC)は主にクレジット事業を行っている信販会社が登録しているので、クレジットカードの発行や携帯電話の分割払いなどを契約すると必ずCICに登録されます。

株式会社日本信用情報機構(JICC)は主に消費者金融が利用している信用情報機関ですが、そのほかクレジットカード会社、リース会社、保証会社、銀行なども加盟しています。

クレジットカードショッピング機能が適用される場合はCICに登録しますが、キャッシング機能のように貸金業法が適用される場合はJICCにも登録される場合が多いようです。

全国銀行個人信用情報センター(JBA)は、主に銀行や信用金庫、労働金庫など銀行系の企業が登録している信用情報機関です。住宅ローンやマイカーローンなどの金融商品を利用すると「JBA」に、必ず登録されることとなります。

審査はクレヒスを基にコンピューターで行われる

アコムの審査は、クレジットヒストリーを基にしてコンピューターによる審査、つまりスコアリング審査に利用されます。スコアリングは項目ごとに点数をつけ、合計点を出し、点数が審査に通る点数以上だと契約が可能になります。

マネー案内人
マネー案内人
クレヒスはクレジットカードの利用履歴だけではなく、カードローンの利用状況なども登録されており、それらの利用状況も審査の対象になります。

クレジットカードの利用料金を一括払いにしていればスコアリングの点数は高くなりますし、分割払いやリボ払いとなると点数的には多少悪くなる傾向にあります。

またクレジットカードやカードローンの返済状況が悪い場合もスコアを落とす原因となり、場合によっては返済の遅れが審査に落ちる原因になることもあります。

信用情報は共有されている

信用情報機関3社で情報が共有されていて、金融事故(移動情報)を起こした場合は再発を防ぐためにその情報を共有しています。

たとえばアコムへカードローンの申し込みを行うと、申し込み者は「申込情報」に記入して送信します。送信が完了するとアコムは「申込みに関する情報」を信用情報機関へ送ります。

共有する情報は「金融事故情報」のみなので、延滞や債務整理などの事故情報はすべて教習されますが、事故情報以外に問題がなければ、共有される事はありません。

アコムはJICCを重視する

アコムはCICとJICCに登録をしていますが、審査で紹介する時は主にJICCの情報を照会します。

理由はどちらも信用情報機関なのですが、CIC側では情報変更内容の登録は変更があってから1カ月以内に行えば良いとなっているからで、CICにデータを照会しても、1カ月前のデータになっている可能性があります。

それに対し、JICCは変更が反映されるまでの時間が早く、JICCでは登録内容に変更があった場合は1日以内に登録変更しなければならないという規約があるので、ほとんどの場合業者が変更登録を行ったのとほとんど同じタイミングで反映されます。

とくに信販会社は登録情報の変更があっても急ぐ必要はないので、カード利用料金の欄が「未払」になっていても、本当は「返済」になっていることがありますし、返済が出来ていても「未払」と記録が残っている事もあります。

ですから、アコムが信用情報機関の個人情報を照会する時は、JICCのデータをメインで行い、足りない部分をCICからデータ取得しています。

アコムが審査する上で必要な本人を特定する情報、例えば勤務先名や勤続年数などの他、他社借り入状況や返済状況、クレヒスなど、JICCに登録されている内容と相違がないかをチェックします

アコムの審査はクレヒスの何を見られる?

マネー案内人
マネー案内人
アコムの審査において必須の条件となるのが安定した収入がある事で、申込書に記入した勤務先に勤めていて、毎月安定した収入があるのかどうかが審査されます。

アコムは正社員だけでなくアルバイトやパートでも「安定した収入」がある方であれば問題なく利用でき、雇用形態は問われないので、どんな就業形態であっても、仕事をしている方であれば安定した収入があり返済能力があれば審査に落ちる心配はほとんどありません。

審査ではクレジットカードの利用や他社カードローンの借り入残高、スマホなどの支払い状況なども重要になります。信用情報機関の個人情報には、クレジットカードや他社借り入れ状況などが記載されているので、他社借り入れが多い場合は審査に通る可能性は少なくなります。

もちろん、ローンも借り入れもないということであれば心配する必要はありません。また、クレヒスも審査では重要になります。

事故情報が共有されるということは、例えばCICやJICCに残っている過去の返済遅延や、契約情報、これを審査で見られることになり、もし事故履歴などがあれば審査で不利に働きますが、反対に利用状況などで問題がなければ、審査で有利になります。

審査の際は、必ず信用情報機関の個人情報も確認されることになるので、そういった過去の履歴があれば審査で落ちる可能性が高くなるので、クレヒスがどういう状況になっているのかは大変重要になります。

まとめ

クレヒスはカードローンの審査で有利に働くこともあれば、不利に働くこともあるということはわかっていただけたと思います。

一度事故情報が記載されると、場合によっては5年~10年は新にクレジットカードやカードローンの申し込みをしても審査を通過することが出来なくなります。

そうならないためには、日ごろからクレヒスやキャッシング履歴に傷が付かないようにしておく事が重要になります。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...