アコム

アコムのおまとめローンを利用する時のポイントはなに?

アコムのおまとめローンを利用する時のポイント

消費者金融のカードローン商品に「おまとめローン」を扱っていますが、アコムには「まとめローン」という金融商品はありません。その代わり「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」があるので、複数社からの借り入れをアコムでまとめたい時に利用できます。

アコムの「貸金業法に基づく借り換えローン(おまとめローン)」について紹介しますので、借り換えを検討している方は参考にして下さい。

貸金業法に基づく借り換え専用ローンとは


→ アコムおまとめローン申込はこちら

※通常カードローンの申込ページに移動します。

貸金業法に基づく借り換えローンとは、総量規制の例外にあたる「顧客に一方的有利となる借換え」に該当する商品で、消費者金融が融資をする時は、総量規制の制限で「融資限度額は年収の3分の1以内」問制限があります。

しかし、「顧客に一方的有利となる借り換え」=「おまとめローン」については、審査で返済が出来ると判断した場合は、年収の3分の1を超えても融資してもよいという事になっています。

ですから、借り入残高の合計が、年収の3分の1を超えていても借り換えする事によって、融資が受けられるというのが「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」です。

「借り換え」にはメリット・デメリットがある。

一般的に「顧客に一方的有利となる借換え」はおまとめローンと呼ばれているので、これ以降は「おまとめローン」とします。

「おまとめローン」でまとめると、多くのメリットが生まれますが、デメリットが発生することがあります。

おまとめローンのメリット

おまとめローンはいくつかある借金を借り換えることです。借り換え先がアコム1社になるというだけで、基本的にはローンの借り換えになります。

おまとめローンでまとめられると

複数ある返済日を1日にまとめる事で仕事に集中できるようになる。

複数社から借り入れをしている場合は、返済日が複数ある事になります。そのため、毎月の返済に追われ、仕事が手につかないという状況になっている人も少なくありません。

「おまとめローン」で1社にまとめると、返済日も1日になるので、返済に追われるという事がなくなります。実際「おまとめローン」のメリットとして「返済日が1日になったため、精神的なストレスがなくなった」と感じている人が多いようです。

まとめる事で1社の借入が多くなり金利を下げられる

「おまとめローン」の主な目的は、利息を含めた総返済額を少なくするという事が目的です。複数社から借りている場合の上限金利はそれぞれが18.0%で借りていると思いますが、一本化する事によって、金利を下げられる場合があります。

ちなみに、アコムの金利は

契約極度額 適用金利
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

となっているので、1社にまとめた借り入れ金額が100万円以上になると金利は低くても15.0%になるので、利息を含めた総返済額を少なくなります。

新たな返済計画が立てられるので、無理のない返済計画に立て直すことが出来る。

と言うようなメリットが生まれます。

「おまとめローン」に借り換える時は、新たな借り入れになるので、毎月返済額が積み重なっている状況から、一つにまとめるので新たな返済計画が立てられるので、これまでと違って無理のない返済計画を立てる事が可能になります。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンが契約できると、現在の借入金額はアコムから現在借入れしているキャッシング会社に直接一括返済されます。おまとめローンで返済が完了すると、あとはアコムへ返済するだけになります。

マネー案内人
マネー案内人
「おまとめローン」は完済が終わるまでは新たな借入ができないという条件が付くので、完済するまで、新たな借り入れが出来なくなります。

ですから、2度とカードローンは利用しないという方なら問題ありませんが、「返済期間が長いのでその間にまた借入が必要になるかもしれない」という方は「おまとめローン」はおすすめできません。その場合は、銀行カードローンで借り換えた方がよいかもしれません。

「おまとめローン」としての商品を用意している銀行は少ないですが、一般のカードローンでも金利が低いので、通常のカードローンをおまとめローンとして利用できますし、返済を続け、限度額に余裕ができれば、その範囲内で借り入れが出来るようになります。

「おまとめローン」で新たな返済計画が立てられるというメリットは、デメリットになる事があります。当然複数社の借入をアコムでまとめるので、新たな返済計画が立てられます。

注意しなければならないのが、返済額を少なくし過ぎると返済期間が長くなってしまいます。返済期間が長くなると、結果的に金利を含めた総返済が現在の総返済額より多くなってしまう可能性があります。

せっかく返済金額を下げるつもりで「おまとめローン」を利用したのに、何のためにまとめたのか解らなくなってしまいます。

そうならないためには、「返済シミュレーション」を利用して、毎月返済額や返済回数から自分が「これなら大丈夫」というように納得できるまで、何度でもシミュレートしてみる事をおすすめします。

アコムのおまとめローン審査を通すためにやっておく事

アコムへ「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」を申し込むと当然審査があります。審査を通しやすくするためにチェックしておくことがあります。

安定した収入がある

アコムでまとめる時は、返済できるだけの収入がある事が重要になります。返済できるだけの安定した収入がなければ、当然ですが返済が続けられません。

パートやアルバイトの人でも、安定した収入があれば問題ありませんが、やはり収入が少ないだけに不利になる可能性があります。

アコムの借り入れで遅延や延滞を起こしていない

アコムで「おまとめローン」を新たに申し込むのですから、それまでに延滞を起こしたことがあるという場合はアコムに記録が残っているので「おまとめローン」が組めなくなる可能性があります。

「おまとめローン」を利用する時は、アコムに限らず、他社借り入れやクレジットカードの返済などで延滞や遅延を起こしていないことが重要になります。

他社借り入れ件数が多い

一般的に「おまとめローン」で借り換える場合、4件以上の借り入れ件数は厳しくなると言われているので、まずは借り入れ件数を減らす事が最も重要です。

そのためには、借り入れ限度額に余裕があるところへ電話を入れて、「借り入れ件数を減らしたい」と申し出る方法もありますし、借り入残高が少ないところを完済して借り入れ件数を減らすという方法もあります。

「おまとめローン」でまとめたい時は、借り入れ件数を3件以内にまとめる必要があります。

「おまとめメローン」の申し込み方法

アコムのおまとめローンの基本スペックは

利用限度額 1~300万円
実質年率 7.7~18.0%
遅延損害金 20.0%(実質年率)
返済期間 最長13年7ヶ月
返済回数 1~162回
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
使用用途 貸金業者債務の借換え(銀行やクレジットカードのショッピングは含まれません。)
担保・保証人 不要

アコムおまとめローンの申込はこちら
※通常カードローンの申込ページに移動します。

となっていて、通常のカードローンと比べて、利用限度額が少なくなっているだけです。

おまとめローンの審査は時間がかかるのが一般的ですが、アコムのおまとめローンは申し込みから融資までの時間が短時間で終わるので、今すぐまとめたいという方におすすめです。

通常のカードローンの申し込み方法は、パソコンやスマホを使ってインターネットから申し込む方法や電話での申し込み、店頭窓口・自動契約機からの申し込み方法から選べますが、「おまとめローン」の申し込み方法は、最初にフリーコールで問い合わせをする必要があります。

問い合わせの結果「おまとめローン」が可能となった場合、担当者から事前手続きの方法や必要書類の案内があるので、必要書類を用意して店頭窓口または自動契約機から申し込む事になります。

店頭窓口と自動契約機の営業時間は

店舗・自動契約機 営業時間
アコム店頭窓口 平日9:30~18:00(一部店舗は19時まで)
自動契約機 年中無休8:00~22:00(年末年始は除く)

となっているので、申し込みはこの時間内に済ませる必要があります。

店頭窓口や自動契約機への来店が難しいという場合は、郵送でも申し込みが可能です。

申し込みに必要な書類

アコムとの取引が初めて「おまとめローン」を申し込む時の必要書類は、本人確認書類と借り入れ希望額が50万円を超える場合と、他社の借り入残高と借り入れ希望額が100万円を超える場合は収入証明書類が必要になります。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転免許証の交付を受けていない場合は個人番号カードなど顔写真が付いている書類
  • 顔写真が付いてない書類の場合、健康保険証の他別途住民票や公共料金の領収証、納税証明書など併せて2点を用意する必要があります。

ちなみに書類に記載されている住所が現住所と異なる場合は、

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」・・・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話を除く)、NHKなど
  • 納税証明書

※確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります。

  • 外国籍方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)があわせて必要です。

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税類通知書・所得(課税)証明書
  • 給与明細書

※直近に発行されているものいずれか1点が必要です。

アコムおまとめローンの疑問を解決!

アコムおまとめローンの審査は厳しい?

2017年からの過剰貸付による自己破産者増加に伴い、銀行カードローンでのおまとめローンは現在かなり厳しい状態です。三菱UFJ銀行、三井住友銀行などのメガバンク系は、ほぼ不可能と思った方が良いでしょう。

おまとめを目的とするなら大手消費者金融となりますが、アコムのおまとめローン審査は厳しいのか、気になるところです。

結論から先にお伝えしますと、アコムに限らず「おまとめローン」は新規申込より厳しい傾向です。複数借入をひとつにまとめて一本にまとめるのですから、高額になります。審査が厳しくなるのは、当然のことですね。

とはいえ、消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンよりは通りやすく、対応も柔軟です。

銀行カードローンのおまとめローンは金利が安く魅了的ですが、昨今の自主規制を考えると審査に自信がある人以外は、消費者金融を選択するのがおすすめです。

おまとめローンや借り換えローンのあるアイフル、プロミスと言った消費者金融がベストな選択方法になるのではないでしょうか。

おまとめローン(借り換えローン)のある大手消費者金融

商品名 金利 金資限度額
プロミス おまとめローン 6.3%~17.8% 300万円まで
アイフル おまとめMAX 12.0%~15.0% 500万円まで
かりかえMAX 12.0%~17.5% 500万円まで

アコムのおまとめローンで審査落ちすることってあるの?

アコム側の条件にを満たしていないと判断すれば、審査に落ちます。審査基準は非公開ですので落ちた原因はわかりませんが、しかし審査落ちしやすい人には特徴があります。

おそらく以下のどれかに該当していたために審査に通らなかったと推測できます。

特に安定した収入は重要です。パートやアルバイトの人でも継続して安定している収入があれば審査に通る可能性があります。ここで気になるのが「安定した収入」ではないでしょうか。

安定した収入とは

安定した収入の定義は、非常に曖昧です。

月100万円収入があっても翌月10万円に収入が落ちるのなら安定しているとは言えません。また、生活スタイルによっても10万円でもOKな家庭があるかと思えば、50万円でも足りない家庭もあります。

そう考えますと、安定した収入とは毎月の定額収入であり職業・職種によっても変わってくるとも言えます。

パートやアルバイトの人でも数年以上そこで働き毎月一定の金額をお給料として受け取っているのなら、「安定した収入」となります。反対に、投資、ギャンブルでの収入は「不安定」と見なされアコムの審査には通りません。

アコムのおまとめローンは即日で借り入れOK?

アコムのおまとめローンの借入の流れを簡単に説明すると、まず専用のフリーダイヤルに問い合わせをします。その時に必要書類の案内を受けるので、その後店頭もしくは自動契約機に行き手続を行います。

その際、問題なければすぐにその場で契約できますので、即日融資もOKです。こちらで記載している、「申し込みに必要な書類」を確認しておきましょう。


→ アコムおまとめローン【即日融資】申込はこちら

※通常カードローンの申込ページに移動します。

アコムおまとめローンでも在籍確認があるの?

マネー案内人
マネー案内人
通常のカードローンと同様に、在籍確認はあります。しかしアコムの場合、個々にもよりますが、代替書類で職場への連絡はしないこともあるようです。

勤務先を証明できる「会社名入り」の書類で代替できるかもしれませんので、担当者に相談されると良いでしょう。

アコムのおまとめローンはショッピングリボにも対応しているの?

ついついやってしまいがちなのが、クレジットカードのリボ払いです。毎月の支払額を設定しているため、それ以上の金額を払う必要もありません。

便利なので複数のクレカでリボ払いしている人も、多いのではないでしょうか。でも実はこれは、かなりヤバい状態ですよ!

毎月の支払額に利息も入っていますので、毎月の支払額が低いといつまで経っても元金が減りません。ずーっと利息だけ払っているようなものです。

これで自己破産する人も多いので、おまとめローンで一本化したいと思ってしまいますが、アコムのおまとめローンでは一本化できるのでしょうか。

残念ながらアコムのおまとめは、ショッピング枠リボには対応していません。と言いますか、アコムに限らず基本、おまとめローンはショッピング枠の一本化はできないのです。

ただし、例外もあります。アイフルのおまとめローンなら可能です。クレジットカードのリボ払いをまとめたい場合は、アイフルのみの選択肢になります。

アコムのおまとめローン「契約違反」とは?

たとえば、SMBCモビットの借金をアコムのおまとめローンで完済。その後SMBCモビットの利用限度額に余裕が出たので、再度SMBCモビットで借りたいけど可能なのか?これって契約違反になってしまうの?

その疑問にお答えすると、おまとめローンを契約したときの条件にもよります。他社カードローンを解約という契約内容をしたのなら、契約違反です。

つまり、アコム側が他社からの借入を禁じているのなら「契約違反」と言うことですね。

ただそういっても、急な出費で必要になってしまうときもあるでしょう。止むを得ずお金を工面しないといけなくなったときは、中小消費者金融を検討してください。

少額ですが、借りられる可能性はあります。

おまとめローン返済中でも可能性ありの中小消費者金融

中小消費者金融 金利 融資限度額
中央リテール 10.95%~13.0% 最大500万円
ユーファイナンス 7.30%~15.0% 最大700万円
ライフティ 8.0%~20.0% 最大500万円
アロー 15.9%~19.9% 最大200万円
フクホー 7.3%~18.0% 最大200万円

中小消費者金融の最大のメリットは、独自の審査基準を設けていることです。審査に融通が利くため、過去のデーターのみに重点を置いているわけではありません。現状の状況が良ければ通る可能性は高いです。

このことからも中小消費者金融を視野に入れない理由は、見当たりません。

ただ、気をつけて欲しいのが、「ブラックでも貸します」「審査なしでOK」と言った甘い文言で客寄せしている貸金業者です。これらはヤミ金なのですが、紛らわしいことに中小消費者金融の名称にわざと似せている業者がありますので要注意です。

上でご紹介した中小消費者金融は、登録されている正規の消費者金融ですので、安心してご検討ください。

アコム おまとめローン シュミレーション

200万円を借入て、実質年率15.0%で5年で返済する場合

回数 返済額 元金 利息 残高
47,579 22,579 25,000 1,977,421
2 47,579 22,862 24,717 1,954,559
3 47,579 23,148 24,431 1,931,411
4 47,579 23,437 24,142 1,907,974
5 47,579 23,730 23,849 1,884,244
6 47,579 24,026 23,553 1,860,218
7 47,579 24,327 23,252 1,835,891
8 47,579 24,631 22,948 1,811,260
9 47,579 24,939 22,640 1,786,321
10 47,579 25,250 22,329 1,761,071
20 47,579 28,590 18,989 1,490,540
30 47,579 32,372 15,207 1,184,223
40 47,579 36,654 10,925 837,392
50 47,579 41,502 6,077 444,684
60 47,579 46,692 587 30
累計 2,854,770 2,000,000 854,770 0

アコムのおまとめローンを利用して200万円を借り、金利15.0%で5年完済すると、毎月47,579円のお支払いで総支払額が2,854,770円、総利息額は854,770円となります。

上限金利を適用した一例ですので、金利が低くなればもちろん総支払額も減ります。おまとめして総支払額が減るのであれば、現在の金利と比較しながら検討する価値はあります。

アコムおまとめローンのまとめ

アコムの「貸金業法に基づく借り換えローン(おまとめローン)」について見てきましたが、おまとめローン(借り換えローン)にはメリットもデメリットも存在します。

アコムの「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」は、借り換えの対象となる借り入れがノンバンク(消費者金融会社やクレジット会社)からの借り入れのみが対象で、銀行は含まれないなどの制約があります。

また、借り換えに成功したものの、利息負担が大きくなり、かえって借金の額を増やしてしまうという事だってあり得るでしょう。

マネー案内人
マネー案内人

おまとめローンや借り換えローンを検討する場合は、まず現在の借り入れ状況や返済状況を正確に把握することが重要になってきます。

状況次第で銀行カードローンに借り換える事がベストなのか、消費者金融のおまとめローンや借り換えローンを利用する方がよいのかなど、十分に時間をかけて比較・検討する必要があるでしょう。

おまとめローン審査に落ちてしまうと、場合によっては現在の利用限度額が下がるリスクもあります。しかしながら複数の借入をひとつにまとめるメリットはとても大きい、と言えます。

因みに100万円の借入で5年返済した時の、上限金利と下限金利を比較すると

金利 総金利額 総支払額
15.0% 1,427,378円 427,378円
7.7% 1,207,954円 207,954円

以上のようになり、その差額は219,424円です。おまとめする金額が大きくなればなるほど差が開きます。

  • アコムの通常のカードローンの実質年率は3.0%~18.0%
  • 借り換え専用ローンなら実質年率7.7%~18.0%

おまとめローンですから100万以上でおまとめする場合が多いと思いますが、100万円~300万円の金利は7.7%~15.0%。上限金利でも15.0%は、やはり魅力的でしょう。


→ アコムのおまとめローン申込はこちら

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...