アコム

アコムへ申込をしたけれど本審査でおちた、審査を通すには何が必要?

アコムへ申込をしたけれど本審査落ち!審査を通すにはどうすればいい?

カードローンの申し込みをすると、ほとんどが仮審査と本審査を受けなければなりませんが、アコムから融資を受けるためにも、仮審査に通過後、本審査にも通過する必要があります

仮審査、本審査とはどういった審査なのか、どのようにしたらアコムの審査を通過できるのかを紹介したいと思います。

仮審査・本審査とは

仮審査とは

アコムへ申し込みをする時、最初に申込書に記入し、インターネット申し込みの場合はそのまま送信します。

送信が完了すると仮審査が行われ、消費者金融会社によって自動与信システムの内容が違いますが、アコムを含め多くの消費者金融業者は、過去の膨大な顧客データを元に属性を点数化(属性スコアリング)します。

この属性スコアリングの合計点数が高ければ高いほど信用度も高いと判断するので、点数が高ければ利用限度額は高くなりますし、合計点数が低ければ融資を断る事もあります。

ちなみに、属性スコアリングシステムで点数化される項目は、申込者の「年収」や「勤続年数」「他社借入件数」など申込書に記入したすべてと、信用情報機関の個人情報にも点数が付けられ、これらの点数が基準値以上なら仮審査を通過することが出来ます。

ですから仮審査は、安定した収入があり、過去に長期延滞や自己破産などの金融事故がなければ仮審査は問題なく通過できると考えてよいでしょう

本審査とは

スコアリングシステムによる仮審査に通過した場合のみ本審査を受けることが出来ます。本審査では、申込時に申請された内容と、本人確認書類などの必要書類と違いがないかアコムお担当者の手によってチェックされます。

申込内容に間違いや記入漏れがなければ本審査通過となりますが、最終段階で申告した勤務先で本当に働いているか確認する「在籍確認」が行われます。

在籍確認が終了すれば、本審査は完了となり続いて契約に進みます。

仮審査を通過しても本審査で落ちる事もある

アコムの口コミなどを見ても「仮審査に通ったけれど、本審査で落とされた」という書き込みもあるように、仮審査に通ったからと言って、本審査に通る事を保証されたものではありません。

仮審査に通ったのに、本審査で落ちてしまう人にはいくつかの理由があります。

申込書の記入内容に不備があった

マネー案内人
マネー案内人
審査に通らない理由で最も多いのが、申込書の記入ミスや記入漏れ、虚偽の記載など、記入内容に不備があったからと言われています。

申し込みをした後の仮審査で、勤務先や年収などの個人情報や他社借り入れ件数や他社借り入れ金額などを記入しますが、「アコムの審査にどうしても通りたい」という思いで年収や勤続年数など実際よりも大きく申告したりする人がいます。

申込書を提出する時は、記入漏れがないか、記入した内容に間違いがないかを再確認してから提出する事が重要です。

在籍確認が出来なかった

本審査でもっとも重要になるのが在籍確認です。審査で最も重要になるのは「申込者がちゃんと働いていて、返済に充当できる収入を得ているかどうか」を確認する事で、在籍確認は、勤務先へ本人が勤めている事を確認のための電話連絡を入れます。

中には、現在離職中なので前に勤務していた会社へ勤めている事にして申し込みをする人もいますが、ウソの勤務先を申告したり、実際に住んでいない住所で申告したりした場合は、在籍確認の審査で必ずばれます。

在籍確認ができない場合には、仮審査を通過して本審査で他の条件をすべてクリアできても本審査で通る事はありません。反対に在籍確認は、審査全体の最終段階になるので、在籍確認がクリア出来れば審査で落ちる事はまずありません。

属性スコアが低すぎる

仮審査をギリギリで通過して本審査を受ける場合は、本審査に落ちる可能性があります。仮審査の基準がギリギリかどうかは知らされることはないので具体的な事はわかりませんが、ある程度予測することはできます。

たとえば、「他社借入件数が複数件ある人」や「自営業者や個人事業主のような収入が安定しない人」は、本審査が終わるまでは気を抜けません。なぜなら、アコムは「とりあえず仮審査に通過させた」という可能性もあるからです。

アコムが仮審査に通過させても、「安定した収入があるか」または「返済能力に問題がないか」などの不安要素がある場合は、直近の給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書類の提出で確認しますが、収入証明書を提出してもらっても返済能力に不安がある時は、残念ながら本審査で落ちてしまう事もあります。

仮審査や本審査をクリアするには

アコムの審査は申込者の属性スコアリング(点数化)によって借り入れ審査の基準としています。

属性スコアリングの基準となるのは申込者の属性で、申込書に記入したすべての項目から点数をつけ、その合計点で属性を審査します。

勤務先や職業形態が影響する

マネー案内人
マネー案内人
属性スコアリングでは、申込者の年収が高いに越したことはありませんが、それ以上に属性スコアが高くなる要素は、勤め先や職業携帯、勤続年数になります。

一般的に公務員や大手企業の社員はこのスコアが高くなり、収入が不安定な自営業者や個人事業主、収入が比較的少ないパートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の方はスコアが低くなってしまうと言われています。

アコムは、安定した収入があれば申し込みが可能なので心配する必要はありません。ただ、総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けるので、年収が少なければ、それだけ融資限度額は低くなります。

勤続年数が長いほど有利

現在勤務している勤務先での勤続年数もアコムの借入審査の判断材料になります。勤続年数が長ければ長いほど、これからも返済が続けられると判断されて審査は有利になります。

反対に、勤続年数が半年以下だと「いつまた仕事を辞めるかもしれない」という不安から「いつ返済できなくなるかわからない」と判断され審査にマイナスになります。ただ、勤続年数が1年未満という理由だけで審査に落ちてしまう事は少ないですが、借り入れ希望額を抑えられるという事があります。

個人情報の信用度

信用情報とは、信用情報機関の個人情報の事で、ローンやクレジットカードを利用している場合、信用情報機関で管理されています。

アコムへ申し込みすると、アコムは自社が加盟している信用情報機関の個人情報を照会し、他社借り入れ状況や返済などで自己履歴がないかを確認します審査では他社借り入れ件数や借り入れ金額のチェックを行いますが、どちらも少ないもしくはない方が審査には有利になります。

しかし、利用履歴があったとしても延滞などを起こさず返済を続けていれば初めてカードローンを利用するという人より信用度は高くなります。

次にチェックするのは、利用状況に金融事故(移動情報)がないかを確認します。金融事故とはローンやクレジットカードの返済において、延滞を起こした場合や債務整理をした時は事故情報(移動情報)として記録されます。

事故情報が記載されていると5年~長くて10年間は新たな借り入れが出来ないので注意が必要です。

まとめ

アコムの仮審査・本審査について説明してきましたが、審査基準は公表されていないので、具体的な事はわかりません。

ただ、審査に通らなかった人の多くは、申込書に嘘の記載をしたためにばれた、とか信用情報に自己履歴がある、借入件数や金額が多いというような事が原因となっているようです。

「アコムを利用したいけれど審査に通るか心配」という方もいますが、普通に働いて給料をもらっていれば、まず審査に落ちる事はないので、審査落ちを心配する必要はありません。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較