アコム

アコムクレジットカードの審査落ち、審査を通すポイントはこの5つ

アコムクレジットカードの審査を通す5つのポイント!これで審査落ちなし

クレジットカードの審査基準は、審査も厳しかったりカードを受け取るまでに時間がかかったりますが、アコムのACマスターカードは、早ければ最短即日で利用できる事や、比較的審査が緩いという事で人気のあるクレジットカードです。

このように借りやすさで人気があるアコムACマスターカードですが、中にはなんらかの理由があって審査に通らなかったという人もいます。

ここでは、ACマスターカードを通すためのコツを紹介します。

アコムACマスターカードの申し込み条件

アコムACマスターカードは手数料が10.0%~14.6%、利用限度額は最大で300万円までという大型のクレジットカードです。

申し込み条件は、20歳以上で69歳までの安定した収入があれば誰でも申し込みが可能なので、正社員に限らず、パートやアルバイト、主婦でも利用できます。

アコムACマスターカードはれっきとしたクレジットカードなのでショッピング機能だけの利用も出来ますが、どちらかと言えばアコムが発行しているクレジットカードなので、ローンカードにショッピング機能が付いたカードとなっています。

カードの申し込み方法

アコムACマスターカードの申し込み方法は、カードローンの申し込み方法と同じで、

  • インターネットから申し込む方法
  • 店頭窓口・自動契約機から申し込む方法
  • 電話による申し込み
  • 郵送

の中から選ぶことが出来ますが、即日で作りたい場合は郵送以外を選らぶ必要があります。

カードローンにクレジット機能を付ける場合は、アコムを申し込みした時、担当者からカードローンの申し込み確認の電話が入ります。そ

の時「クレジットカードを利用したい」と伝えるだけで、自動契約機からカードを受け取る時は、クレジット機能が付いたローンカードを受け取ることが出来ます。

アコムACマスターカードの申込はこちら

アコムACマスターカードの審査基準

アコムACマスターカードは他のクレジットカードと比べて審査が通りやすい事で人気のあるカードですが、申し込みをしたからと言って誰でも審査が通るわけではありません。

審査で重要視されるのはまず申し込み条件をクリアしなくてはなりません。申込条件の中に「安定した収入がある」という事が条件となっています。これは当然と言えば当然のことで、収入がなければカードを使った時の返済が出来ません。

ですから、アコムの審査は、コンピューターを使ったスコアリング審査が行われます。

スコアリング審査とは、申込者の職業や勤続年数、他社の借り入れ履歴や返済実績など、申込書に記入した項目や信用情報機関の個人情報に基づいてすべてを点数化します。

この合計点数が、基準として定めている点数(合格基準)を超えていれば、審査を通過することが出来ますし、点数が足りなければ審査に落ちるという事になります。

審査落ちの原因はこの5つ

マネー案内人
マネー案内人
審査落ちした場合、その理由を教えてもらえる事はありません。ただ、審査落ち下人の口コミやインターネットの情報からある程度の理由がわかってきます。

審査落ちした理由の主な原因は5つあると言われています。

虚偽の申し込みをした

ACマスターカードの審査は、申込者が記入した申込書に基づいて行われます。申込内容について事実と異なる部分があった時は、審査の上でマイナスに作用しますし、内容によってはその場で審査落ちという事もあります。

単純な記入ミスや記入漏れなら再確認をするだけで済みますが、虚偽の内容を記入した場合はその限りではありません。「審査を通したいと思って虚偽の記載をしたことがばれた場合は、その場で審査落ちとなるので、申込書の記入は正直に書くことがポイントです。

収入が安定していない

返済を続けていくための収入に関する事は慎重に審査されます。年収額やその就業体系などはそれほど重要視されないので、パートやアルバイト、派遣社員の方でも審査を通過することは可能です。

ただ、重要なのは、年収額ではなく安定した収入があるという事が優先されるので、いくら年収が多くても月々の収入が安定していなかったり、出来高制などで収入のない月があったりするようなパターンは、審査において厳しくなるので継続した収入を得ることが出来るような定職(長期アルバイトでも可能)についている事がポイントです。

他社借り入れが多い

審査は申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報の内容に基づいて審査が行われます。信用情報機関の個人情報には、他社借り入れ状況や、返済状況などが記載されています。なかでも、他社借入が多い場合は審査に大きく影響します。

消費者金融や信販会社は、総量規制の制限から「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けるので、既にこの総量規制一杯まで他社からお金を借りているような人は、継続的な支払い能力が出来ないと判断されます。

総量規制の対象かどうかに限らず、年収に対して他社借り入れが多い場合も同様の判断がされるので、出来る事なら他社借り入れ件数や借り入れ限度額を減らしてから申し込む事がポイントです。

個人情報に事故履歴が記載されている

個人情報には他社返済などで延滞や遅延などがあった場合、クレヒスにその記録が記載されています。一般的に金融事故を起こしている人はブラックと呼ばれ、ACマスターカードの審査に通過することはありません。

ちなみに、ブラックリストに該当するのは、基本的に下記の項目に当てはまる方です。

  • 他社クレジットカード料金やカードローンの返済を61日以上滞納した。
  • 数年前に債務整理(自己破産や任意整理)をしたことがある。

という場合で、単純に「返済期日を忘れていたが、後日すぐに返済した」という場合は含まれません。

在籍確認が取れなかった

ACマスターカードの審査は、審査担当者が申込者の勤務先に電話連絡をする「在籍確認」が必ずあります。

在籍確認は申込者が記入した勤務先に勤めていて、毎月の給料をもらっているかを確認する作業です。

担当者が電話を掛けても会社に電話が繋がらないとか、申し込み者の在籍か確認できないという場合は審査落ちになるので、申込書の提出前に勤務先の電話番号の再確認をするとか「会社へ電話がかかっては困る」という場合は、事前にアコムの担当者と相談することがポイントになります。

まとめ

審査落ちの原因はこの5つだけでなく、ほかにも要因はあります。ただ、審査を通過できない場合は、原因がどこにあるのかを考える必要がありますし、その条件をクリアする必要があります。

また、ACマスターカードの審査に落ちたことは、信用情報機関の個人情報にも記録されているので、短い間隔で何度申し込みをしても審査に通る可能性は低いです。

ですから、落ちた原因は何かを調べたり、これと思う理由が分かった時はその原因をクリアしたりする期間も必要になるので、せめて6か月以上経過してから申し込む事をおすすめします

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...