学生ローン

バイクの購入に学生ローンを利用することは可能?

学生ローンでバイクを購入することはできるの?

免許を取って、バイクを買いたいと思って免許証は取得できたものの、なかなか思うように貯金が出来ず、バイクが買えないという学生もいます。バイクは自動車と比べて、維持費などが少なくて済むというメリットがあります。

「バイクを買いたいけれど、お金が用意できない」という学生のために、おすすめのバイクローンを紹介します。

学生でもバイクローンは組める?

学生時代は夢も大きく「バイクで日本一周をしてみたい」という大きな夢もあれば、「アルバイトへ行くのにバイクがあれば便利」という要の日常的な目的で、バイクを持ちたいという学生も少なく在りません。

バイク購入はオートローンがおすすめ

しかし「バイクは欲しいけれど、なかなかお金が貯まらない」という学生は、オートローン(バイクローン)おすすめします。オートローンを利用すればHONDAやヤマハ、カワサキなど人気のバイクでも費用を気にする事無く購入することが出来ます。

オートローンは銀行や信販会社、JAなどが取り扱っている目的ローンの事で、利用目的は車の購入やバイクの購入など自動車に関する事ならローンが組めます。

オートローンの申し込み条件

オートローンは他のローンと同じで、満年齢20歳以上で安定した収入があれば申し込みができます。ただし、審査通らなければ融資を受ける事が出来ないので、申し込みをしたからと言って誰でも借りられるわけではありません。

安定した収入が重要

ローンの基本条件として「安定した収入がある事」が条件あるので、無職の学生は申し込みが出来ませんが、アルバイトなどをして、定期的な収入があれば申し込む事は可能です。

この条件は消費者金融でも銀行でもすべて同じですが、それぞれで審査基準が違います。一般的に言われているのは「銀行の審査は厳しい」と言われているので、アルバイトの学生の場合、審査を通す事は厳しいかもしれません。

たとえば、年収に関しては一定の年収以上でなければ買審査に通らない場合もあり、三井住友銀行の「マイカーローン」や三菱UFJ銀行の「ネットDEマイカーローン」の場合は、年収200万円以上という条件なので、アルバイトの学生が融資を受けるのは難しいでしょう。

一方、JAや地方銀行のマイカーローンの場合は、年収制限がないところもあるので、そちらへ申し込みをする方が審査に通りやすいと言えるでしょう。

「今現在アルバイトなどをしていないけれどバイクがほしい」という学生さんは、まずアルバイトをして「継続した収入」を得る必要があります。

頭金を用意出来ればローンが組みやすい

バイクローンを申し込んだ時、一番気になるのが「審査にとおるか」という事です。バイクローンは多額の借り入れになるので、基本的に審査は厳しくなります。

そこでローン審査を通すためのポイントとして「頭金を用意する」という事です。つまり、全額ローンを希望するより、頭金を用意する方が審査に通る可能性が高くなります。可能であれば親などから、一時的に借りて頭金にするのもひとつの方法です。

借りやすさで選ぶなら消費者金融

マイカー購入のためのローンは銀行やJAなどで借りると、かなりの低金利で利用できます。しかし、審査を通すという面からみれば、消費者金融の審査が通りやすいので、金利を気にしないのであれば、消費者金融や学生ローンがおすすめです。

ただし、消費者金融や学生ローンは総量規制の対象になるので、あまり多くのお金は借りられません。

総量規制とは

総量規制とは、貸金業法の法律で消費者金融やクレジット会社に適用される法律で「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

ですから、販売価格が30万のバイクの購入費用を借りる時の年収は90万円以上必要になるので、アルバイト料が少なければ借入限度額も少なくなります。

少しでも金利を抑えるのなら学生ローン

学生ローンは、学生専用のローンで、大学生や短大生、専門学校生を対象にしています。学生ローンも消費者金融ですが、学生を対象としたローンなので、大手消費者金融で借りるよりも、低金利で借りる事が出来ます。

大手消費者金融の金利は「プロミス」の17.8%と最も低いのですが、学生ローンにはそれ以下の金利で利用できる業者があります。

学生ローン 金利(実質年利) 金資限度額
イーキャンパス 14.6%~16.5% 1万円~50万円
アミーゴ 14.40%~16.8% 3万円~50万円
キャンパス 14.40%~16.8% 1万円~50万円
カレッジ 15.0%~17.0% 1万円~50万円
フレッド田 15.0%~17.0% 1万円~50万円

大手消費者金融と比べると、融資限度額は低いですが、いくら借りられるかは年収で決まるので、融資限度額がいくら多くてもあまり関係ありません。

消費者金融へ申し込む時は満年齢20歳以上という制限がありますが、学生ローンの場合は学生でも18歳以上であれば申し込みが可能なところもあります。

また、学生ローンは学生証だけあれば手軽に申し込みが出来るので、面倒な手続きは不要です。

まとめ

消費者金融や学生ローンなら審査に通る可能性は高いですが、やはり気になるのは金利です。金利を低く借りる一つの方法は、親に頼んでカーローン(バイクローン)を組んでもらうと、安い金利で借りる事が出来ます。

名義は親の名義になりますが、支払はアルバイト代で返済すれば、自分が借りたのと同じ事になります。

マネー案内人
マネー案内人
親に頼んで借りてもらえれば、借り入れ限度額も多くなりますし、返済利息を少なく出来るというおすすめの方法です。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較