バンクイック

バンクイックは1000円単位で借入できる?

バンクイックは1000円単位で借入できるのかを検証

余計に借りるとそれだけ利息がかかるので、できるだけ損せずに借りたい人もいると思います。バンクイックを1000円単位で借りるには、どうすれば良いのでしょうか?1000円単位で借入できない場合はあるのでしょうか?

バンクイックの1000円未満の金額を返済する方法についても同時に紹介していきます。

バンクイックは1000円単位で借入できる?

バンクイックを1000円単位で借りるには

バンクイックは、ATMを使って借入すれば、1000円単位で引き出しできます。しかもATMでの借入なら、時間外手数料も含めて利用手数料が無料なので、余計なお金をかけずに借入できます。

たとえば13,000円だけ借りたいのに、借入単位が1万円だったら20,000円借りなければいけなくなります。その点、バンクイックのATM借入なら、必要な金額だけを借入ることができ便利ですね。

旅行先で急にお金が必要になって、近くに三菱UFJ銀行がないこともあるかもしれません。そんな時は、セブンイレブンやファミリーマートなどの提携コンビニATMで対応できるので安心です。

バンクイックの1000円未満の返済方法は

バンクイックはコンビニATMを使って1000円単位で借入できるのが魅力ですが、1000円未満の返済の時もコンビニATMを使えるのでしょうか?

残念ながら、コンビニATMは硬貨に対応していないため、1000円未満の返済はできません。返済額に1,000円未満の端数が含まれる場合は、三菱UFJ銀行ATMを利用できます。

ただし、硬貨の取り扱い時間が限られているので注意が必要です。

  • 三菱UFJ銀行ATM 硬貨取り扱い時間:平日8:45~18:00

振込だと1000円単位で借入できない?

バンクイックは借入方法によって、借入できる金額の単位が異なります。

  • ATMでの借り入れ⇒1千円単位
  • 振込での借り入れ⇒1万円単位

振込借入の場合は、1000円単位で借入できません。振込で借入すると、場合によっては振込手数料がかかることがあります。

なので、なるべく手数料や利息をかけずに借りたい人には、手数料無料で必要な金額だけ借入できるATMでの借入がおすすめです。

バンクイックで30万借りると利息はいくら?

バンクイックで30万借りると利息は?

お金を借りる前に、どれくらい利息がかかるのかを把握しておくのは良いことです。

利息の計算はとても簡単です。
利息の計算式⇒借入残高×金利÷365日×借入日数

利息の計算は、借入金額に応じてではなく、借入残高に応じて計算するということを覚えておきましょう。

たとえば、30万円を35日ごとに最小返済額で返済した場合の利息は以下の通りです。
※最小返済額は6,000円

借入残高 金利 1日分の利息 35日分の利息
1回目 300,000円 年14.6% 120円 4,200円
2回目 294,000円 年14.6% 117.6円 4,116円
3回目 288,000円 年14.6% 115.2円 4,032円
4回目 282,000円 年14.6% 112.8円 3,948円
5回目 276,000円 年14.6% 110.4円 3,864円

このように、借入残高が減るのに比例して、1回分の利息も減っていきます。

バンクイックで50万借りると利息は?

バンクイックは50万円までの借入に関しては収入証明書が不要なので、50万円を限度に借入する人は比較的多いかもしれません。

50万円を35日ごとに最小返済額で返済した場合の利息は以下の通りです。
※最小返済額は10,000円

借入残高 金利 1日分の利息 35日分の利息
1回目 500,000円 年14.6% 200円 7,000円
2回目 490,000円 年14.6% 196円 6,860円
3回目 480,000円 年14.6% 192円 6,720円
4回目 470,0000円 年14.6% 188円 6,580円
5回目 460,000円 年14.6% 184円 6,440円

思った以上に利息負担がかかる、と感じるかもしれません。

お金を借りる時には、審査に通るかどうか、どれだけ借入できるかに注意が向いてしまい、利息負担がどれくらいかについては、二の次になってしまいがちです。

お金の借りすぎを避けるため、自分で利息計算をしてみると良いかもしれませんね。

バンクイックの利息負担を減らすには?

バンクイックの利息負担を減らすための第一歩は、返済金額の内訳を把握することです。なぜなら、自分では借入を返済しているつもりでも、実は主に利息の支払いをしていることが多いからです。

バンクイックは、最小返済額以上であれば、自由に返済額を決めることができます。でも、毎月最小返済額しか返済しないと、元金が全然減りません。

たとえば、50万円借りた場合の最小返済額は1万円です。毎回最小返済額で返済すると仮定すると、そのうち元金返済分は以下の通りです。

借入残高 金利 1日分の利息 35日分の利息 元金返済分
1回目 500,000円 年14.6% 200円 7,000円 3,000円
2回目 490,000円 年14.6% 196円 6,860円 3,140円
3回目 480,000円 年14.6% 192円 6,720円 3,280円
4回目 470,0000円 年14.6% 188円 6,580円 3,420円
5回目 460,000円 年14.6% 184円 6,440円 3,560円

このように、返済した1万円のうち、半分以上が利息の支払いに充てられていることが分かります。このカラクリを理解すると、できるだけ出費を減らして毎回の返済額を増やしたいと思うかもしれませんね。

毎回の返済額を増すことで、効率的に元金(借金)を減らすことができます。

バンクイックで30万以上に増額するには

専業主婦でも30万以上に増額できる?

バンクイックの借入限度額は、申込者本人の収入に応じて決められます。専業主婦の場合本人に収入がないため、配偶者に安定した収入があることが借入条件になります。

バンクイックを利用した専業主婦の口コミを見てみると、専業主婦が借入できる金額は10万円~30万円というところです。なので、すでに限度額30万円の場合、増額することはかなり難しいでしょう。

ただし、申込時には専業主婦だったけど、現在は収入がある場合には増額できる可能性があります。勤続年数が一定期間確保でき、なおかつ収入が安定したタイミングで増額申請をしてみると良いかもしれません。

バンクイックはどれくらいで増額できる?

増額するということは返済額が増えるということなので、返済能力の有無が非常に重要になってきます。そのため、増額にあたって審査が行われます。

審査ではこれまでの返済状況が重点的に見られると予想されるため、新規借入してすぐのタイミングで増額することはおすすめできません。契約から少なくとも半年経っていて、なおかつ返済の遅れがない安定した返済履歴があれることが必要です。

また、契約してからあまり利用していないのに増額しようとすると、これも難しいようです。なので、使い過ぎに注意しつつ、継続的に借入していることも必要です。

増額できるかどうかには、それまでの借入履歴と返済履歴の両方が関わってくることを考えると、契約から1年程度期間を空けた方が確実かもしれませんね。

バンクイックは1回の増額でいくら増える?

バンクイックの限度額が1回の増額でいくら増えるかについては、その人の収入や返済履歴に大きく左右されるため、一概にはいえません。

ただ、利用者の経験によると、はじめに借りた金額が50万円以下の場合、増額申請すると1回につき10万円ずつ増えるようです。もちろん、収入が多くて初回借入金額が数百万円、という人が増額しようとするとまた話が違ってくると思います。

1回の増額でいくら増えるかは一概にはいえませんが、30万円から100万円というようにいきなり増えることはまずないでしょう。増額すればそれだけ返済負担が増えるので、増額申請を考えている人は慎重になることが大切です。

まとめ

バンクイックはATMを利用すれば1000円単位で借入できます。振込で借入する場合には、1万円単位でしか借入できないので気を付けましょう。

1000円未満の返済に関しては、コンビニATMでは硬貨の取り扱いがないため、三菱UFJ銀行ATMを利用する必要があります。

バンクイックは毎月の返済額を低く抑えられる利点がありますが、最小返済額での返済を続けるとなかなか借金が減りません。効率的に返済するため、生活が圧迫されない程度に、毎回できるだけ多めに返済するようにしましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...