バンクイック

マイカードプラスとバンクイックの違いを比較してみた!

マイカードプラスとバンクイックの違いを徹底比較

マイカードプラスとバンクイックは、どちらも三菱UFJ銀行の商品で、どちらもお金を借りることができます。でも、それぞれの特徴を知らなかったら、自分に合っているのはどっちなのか選びかねますよね。

このページでは、マイカードプラスとバンクイックの違いを分かりやすく比較します。また、バンクイックとマイカードプラスは併用できるのかどうか、どちらを利用したらお得なのかについても紹介していきます!

バンクイックとマイカードプラスの違いを比較

バンクイックとマイカードプラスの違いは

バンクイックとマイカードプラスの特徴を知るには、それぞれの商品ページをじっくり読むのが一番ですが、できれば楽な方法で知りたいですよね!

そんな時は表にして比較すると分かりやすいですよ。

バンクイック マイカードプラス
申込条件 20歳~65歳未満 20歳~65歳未満
原則安定した収入がある 原則安定した収入がある
三菱UFJ銀行の口座がある
インターネット申込
審査結果の連絡方法 電話・メール 郵便
融資までの時間 2~3日 2週間程度
金利 1.8%~14.60% 14.60%
利用限度額 10万円~500万円 新規申込時30万円
ATM手数料 無料 有料(最大216円)
カード発行 あり なし(キャッシュカードに付帯)
最小返済額 1,000円 10,000円
自動立替機能 なし あり
専業主婦の申込

ざっと比べてみると、このようになります。

双方を比較してみて、違いがあるところを色付けしてみました。こうして見てみると、バンクイックとマイカードプラスには違いがたくさんあることが分かります。

申込をする人によって、カードローンに求める条件は様々なので、まずは自分が何を一番重視するかをはっきりさせましょう。

バンクイックに向いているのはこんな人

バンクイックの特徴は、何といっても審査回答&融資までのスピードの速さです。

テレビ窓口で申込をすればその場でローンカードを受け取ることができ、カードを受け取ってから最短翌営業日には融資を受けられる、というスピード対応をしてくれます。融資スピードが消費者金融カードローンに引けを取らないのは注目に値しますね。

また、融資限度額が最大500万円なので、大きな買い物をしたい時など、たくさん借りたい人にも向いています。

さらに、借入や返済をする時にATMを利用できますが、ATM手数料は時間外も含めていつでも無料なんです!手数料のことを考えなくていいのは、繰り返し借入したい人にとって大助かりですよね!

これらのことを考えると、バンクイックは以下のような人に向いているといえます。

  • 今すぐに融資を受けたい
  • まとまったお金を借りたい
  • 繰り返し借入をする予定がある

マイカードプラスに向いているのはこんな人

マイカードプラスとは、公共料金等の引き落とし時に残高が不足する場合、自動的に立て替えてくれるカードローンです。もちろん、ATMやインターネットバンキングで借入もできますが、利用限度額は30万円となっています。

なので、このカードローンはどちらかというと「もしもの時の急な出費に備えておきたい」という人に向いています。

電話やメールで審査結果の連絡があるバンクイックとは違い、マイカードプラスは郵便で審査結果が届くので、融資を受けるまでに2週間程度かかることが多いようです。

これらのことを考えると、マイカードプラスは以下のような人に向いているといえます。

  • 三菱UFJ銀行で各種支払いをしている
  • 融資を急いでいない
  • いざという時のためにカードローンを作りたい

バンクイックとマイカードプラスは併用可?

バンクイックとマイカードプラスが併用できる場合

マイカードプラスを先に契約している場合は、バンクイックと併用できます。

三菱UFJ銀行公式サイトから、マイカードプラスのページを確認してみると、次のような一文があります。

・30万円超の利用限度額をご希望のお客さま

最高500万円までご利用可能なカードローン「バンクイック」をご用意しています。

限度額をアップしたい人に、銀行が積極的にバンクイックの利用を勧めていることからして、マイカードプラスを先に契約している場合は、バンクイックを同時借入することが可能であることが分かりますね。

ただし、カードローンを2枚持つということは、毎月の返済額が増えるということなので、十分に計画を立ててから申込むようにしましょう。

バンクイックとマイカードプラスを併用できない場合

すでにバンクイックを契約済の人は、マイカードプラスに申込できません。なぜならマイカードプラスの商品説明書に、次のような一文があるからです。

※すでに当行でマイカードや他のカードローン(バンクイック、カードローン(即日型)を除く)をご利用のお客さまはお申し込みいただけません。

なので、バンクイックを先に契約してしまった人は、残念ながらマイカードプラスとの併用はあきらめるしかないようです。

マイカードプラスで増額か、バンクイック併用か

マイカードプラスは、増額の受付をしていた時期もあったようですが、平成29年9月10日以降は受付を停止しています。

マイカードプラスをすでに増額済の方は、現在の利用限度額で引き続き利用できますが、もし利用限度額の減額を行ったら、再度の増額はできません。

ということで、マイカードプラスの限度額が足りなくなったら、バンクイックと併用するのがベストなようですね。

バンクイックで借りるためには審査を受ける必要がありますが、すでに三菱UFJ銀行との取引があるので、これまで返済遅れや延滞などの事故を起こしていない限り、審査を有利に進めることができるのではないでしょうか。

バンクイックとマイカードプラス、お得なのは?

金利で比較すると、お得なのは?

カードローンに申込むにあたって、まず金利に注目する人が少なくないと思います。

バンクイックとマイカードプラスを金利で比較すると、お得なのはどちらでしょうか?

  • バンクイック金利……年1.8%~14.6%
  • マイカードプラス金利……年14.6%

このように、バンクイックとマイカードプラスの最高金利は同じです。なので、30万円以下の少額借入をする場合には差がありません。そもそもマイカードプラスでは30万円しか借入できないので、すでにマイカードプラスを利用している人は安心してください、決して損をしていませんよ。

バンクイックは、融資額が大きいほど金利が下がる仕組みになっているため、まとまった金額を借りる人にとっては、バンクイックの利用がお得です。

効率的に返済できるのは?

お金を借りる時、返済効率を考えるのも大切なことです。

バンクイックとマイカードプラスの返済額を比較すると、効率的に返済できるのはどちらでしょうか?

  1. バンクイック最小返済額……1,000円毎月の返済額は、最小返済額以上であれば自由に決められる
  2. マイカードプラス返済額……10,000円借入残高に応じた一定額を返済(残高スライド方式)

このように、バンクイックの方が、毎月必ず払わなければいけない金額が低く設定されています。

いつも金欠の人にとって、毎月の返済額が少ないのは助かるかもしれませんが、実は最小返済額で返済を続けると借金が全然減りません。返済額のうち、利息の割合が大きくなってしまうからです。

その点、マイカードプラスは毎月1万円返済するので、効率的に元金を減らすことができます。

ただしお金に余裕がある人の場合は、また話が変わってきます。もしバンクイックで毎月1万円以上支払う余裕があるなら、バンクイックの方が効率的といえます。なぜなら、マイカードプラスは毎月の返済額の上限も1万円だからです。

このように、どちらが効率的に返済できるかは借入する人の返済能力によって異なるため、自分にはどちらが合っているのかを見極めることが大切です。

専業主婦に向いているのは?

マイカードプラスもバンクイックも、配偶者に安定した収入があることを条件に、専業主婦でも申込可能です。

口コミを見てみると、専業主婦がバンクイックに申込んだ場合、利用限度額は10万円~30万円程度しか借入できないのが現状のようです。マイカードプラスも利用限度額は30万円までとなっているので、どちらで借りても大きな差はないといえるでしょう。

金利と利用限度額に差がないなら、サービスの充実性で選びたいと思うかもしれません。「ATM手数料無料」というサービスにメリットを感じるならバンクイック、「自動立替機能」にメリットを感じるならマイカードプラス、というように選ぶこともできますね。

まとめ

バンクイックとマイカードプラスの特徴を比較してみると、カードの特徴にいくつも違いがあることが分かりました。

総合的に判断すると、三菱UFJ銀行の口座で公共料金等の支払いをしている人は、自動立替機能付きのマイカードプラスの利用が便利です。

ただし、マイカードプラスは申込から融資までに2週間程度かかるため、融資を急いでいない人に向いているカードローンといえます。

バンクイックは最短即日で審査回答があり、カードを受け取ってから数日で融資を受けられるので、急いで借りたい人に向いています。

すでにマイカードプラスを利用中で、利用限度額を増額したい場合には、バンクイックとの併用も可能ですよ。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...