バンクイック

バンクイック利用中の退職は連絡すべき?年金でも借入できる?

バンクイックは年金でも借入できる?利用中の退職は連絡した方がいいの?

バンクイックの利用中に退職をした場合、連絡したほうが良いのか迷いますよね。中には、連絡したら利用条件が悪くなるのを心配して、連絡しないことにする人もいるかもしれません。

でも、自分で申告しなくても退職がバレてしまう場合もあります。

バンクイック利用中に退職した場合、どのように対処するのがベストなのか、年金のみでバンクイックを利用できるのかについて説明していきます。

バンクイックは退職したら連絡すべき?

バンクイックは転職時に連絡すべき?

バンクイックを借入後に転職したら、報告が必要か?という質問の答えは「必要」となっています。新規借入の際の審査では、その時の収入に応じて利用限度額が決まっています。

転職したことによって新規借入時よりも年収が下がる可能性があり、それに伴い利用限度額を調整する必要があるため、転職時の報告が必要ということです。なので、基本的には転職したらバンクイックに、こちらから連絡しなければいけません。

連絡する情報として、新しい勤務先と雇用条件の詳細が必要です。また、社会保険証の提出が求められる場合もあります。

転職した件について報告すると、新しい職場への在籍確認があります。もし転職してすぐに在籍確認があるのは困る、という場合は少し期間を空けてから連絡しても良いかもしれませんね。

バンクイックは退職時に連絡すべき?

バンクイック利用中に退職した場合、連絡するタイミングはとても重要です。もちろん、規則としてはすぐに連絡したほうが良いのですが、退職してから新たな職につくまで無収入の状態になることを考えると、すぐに連絡しない方が得策な時もあります。

退職したら収入がなくなるので、バンクイックでの借入がこれまで以上に必要になりますよね。でも、バンクイックに退職を連絡したことによって審査が見直されると、カードの利用限度額が下がったり、無収入だと返済専用のカードになることさえあります。

なので、就職活動中は退職の連絡を控えておいて、新しい仕事が見つかってから転職の連絡をするのが一番良いかもしれません。ただし、退職して無職の状態の時にも、返済だけは毎月しっかりするようにしましょう。

延滞をきっかけに退職がバレたら、追加借入ができなくなります。最小返済額だけの返済でもいいので、遅れずに返済を続けることが大切です。

バンクイックに退職がバレることがある?

自分で申告しなくても、バンクイックに退職がバレてしまうことがあります。それは、増額審査の時です。

実際にあった話ですが、バンクイックから増額案内の電話があったので、誘われるままに増額申請をしたところ、前の職場に在籍確認の電話が入ってしまい退職がバレた、ということがあります。

このように思わぬ仕方で退職がバレてしまうこともあるので、退職後の増額案内の電話には十分注意しましょう。

また、新規借入から長期間経つと、勤務先の変更がないかを確認するための在籍確認が行われることがあります。この場合は、事前に本人に通達があるようなので、もし電話がかかってきたら正直に退職した旨を伝えた方がいいですね。

バンクイックは定年退職後も継続利用できる?

バンクイックに定年退職はバレる?

バンクイックは申込時に年齢を記入するので、60歳になった時点で退職がバレるのでは?と心配している人がいるかもしれませんね。実際には、年齢が理由で定年退職がバレることはないようです。

定年退職する年齢は人それぞれなので、60歳になったから退職したはず、と決めつけることはできません。60歳を過ぎても現役で働いている人はたくさんいるので、バンクイックも年齢だけで退職の有無を判断することはないようです。

ただし、バンクイックの更新時期には注意が必要です。バンクイックの借入期間は原則1年間で、これを超える場合はバンクイックが再審査したうえで自動更新することになっています。

更新時期が定年と重なった場合、収入証明書の提出を求められるなど、バンクイック側も何らかのアクションを取ってくるかもしれません。

これらのことを考えると、退職後のバンクイックの利用は、一時的にはバレずに利用できても、長期的に隠すのは難しいのが現状です。

バンクイックは定年退職後も継続利用できる?

バンクイックの年齢制限は、20歳以上65歳未満となっています。なので、定年退職後も65歳まではバンクイックを継続利用できると考えることができます。

定年退職した後すぐに年金がもらえる場合や、少しだけ働くなど収入源があるなら、継続利用は十分可能です。もちろん、フルで働いていた時ほど年収がないので、利用限度額が大きく下がってしまうことは予期しておきましょう。

バンクイックは退職金で完済がベスト?

もし退職金がもらえるなら、退職金でバンクイックを完済してしまうのがベストです。バンクイックは日割りで利息が取られるので、借入期間が長ければ長いほど利息負担が大きくなります。

退職金で完済してしまえば、本来支払うはずだった利息を支払わなくてよくなるので、結果的に負担を減らすことができるのです。

もしもの時のためにカードローンは手元に置いておきたい、という人は完済後も解約せずにおけば、必要な時にまた使うことができますよ。

バンクイックは年金で新規借入できる?

バンクイックは年金のみでも新規借入できる?

バンクイックは年金受給者でも新規借入が可能です。バンクイックの申込条件は、「満20歳以上65歳未満で国内に居住しており、安定した収入がある」というものです。

バンクイックは年金も安定した収入として考えてくれるので、年金受給者でも新規申し込みができます。

また、「年齢60歳~64歳、既婚、借入状況0万円」で借入診断してみると、「バンクイックお申込可能と考えられます」という診断結果が出てくることからしても、年金受給者の借入は現実的なようですね!

厚生年金か国民年金かなど、年金の種類によって、また加入期間の長さによって借入できる金額が異なるため、どれくらい借入できるかについては明言できません。

とはいえ、収入が年金のみでもカードローンを申込できるのは、銀行ならではのサービスですね!

年金受給者が審査に通るコツは

バンクイックの審査を有利に進めるコツは、あらかじめ銀行との取引をすることです。

たとえば、年金受取口座を三菱UFJ銀行に指定することができます。そうすることで、「ここに年金があるので、きちんと返済できますよ」というアピールができるのです。

まだ口座がないなら口座を開設し、年金受け取り口座に指定し、さらにバンクイックの返済方法として「口座引き落とし」を選択することで、審査を有利に進めることができます。

これまで給料を三菱UFJ銀行で受け取っていたなど、過去に取引がある人も「優良顧客」として審査に通りやすいかもしれませんね。

バンクイックを年金で借りる時の注意点

バンクイックを年金で借りる時は、とにかく借りすぎないように注意しましょう。バンクイックは消費者金融より金利が低いとはいえ、利息負担は決して少なくありません。

年金生活をしている時は、年金以外の収入を望めないことが多いので、年金の何割かが借金返済に消えていくと生活が苦しくなっていまいます。やむを得ずバンクイックでお金を借りることにしたら、本当に必要な金額だけを借入、できるだけ早く完済するようにしましょう。

まとめ

バンクイックを借入してから退職した場合、こちらからその事実を報告する義務があります。でも実際問題、報告したことによって利用限度額が下がったら生活できないという人もいますよね。

なので、無職の間は退職の連絡を控えておいて、新しい仕事が見つかってから転職の連絡をするのが一番良いかもしれません。

こちらから連絡をしなくても、たとえば増額申請の際の在籍確認によって退職の事実がバレてしまうこともあります。また、延滞したことによって退職がバレると、カードが利用停止になってしまいます。

これらのリスクを考慮したうえで、転職や退職の報告をするタイミングを計りましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較