カードローン

カードローンはいくらまで借りられる?限度額が少ない時の対処法

「カードローンを利用したいけれど、いくらまで借りられるのだろう?」と気になるところです。大手銀行などでは最大限度額1,200万円というカードローンもあり、大手消費者金融も融資限度額800万円という高額融資が可能になっています。

しかし、これは最大限度額であり、誰でもこの金額まで借りる事はほとんどありません。

そこで、カードローンの申し込みをした時、実際のところいくらまで借りられるのかを調べてみたので、カードローンを利用したい方は参考にして下さい。

カードローンの限度額とは

カードローンの限度額とは、そのカードローンが融資できる最大の貸付金額で、有名な銀行や消費者金融の限度額は以下のようになっています。

代表的なカードローンの融資限度額は以下のようになっています。

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
銀行カードローン 金利(実質年利) 融資限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 500万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円
住信SBIネット銀行

MRカードローン

8.99%~14.79% 1,200万円
ジャパンネット銀行 2.5%~18.0% 1,000万円
融資限度額は低いところでも融資限度額は最大500万円以上となっていて、住信SBIネット銀行やジャパンネット銀行などのネット銀行の融資限度額は1,000万円以上となっていますが、申し込みをすれば誰でもこの融資限度額が適用されるわけではありません。

実際に借りられるのは借入限度額

マネー案内人
マネー案内人
カードローンの限度額に「借入限度額」があります。「借入限度額」は実際に借りる事の出来る限度額で、審査によって借入限度額が決まります。

初めてカードローンを契約する際の借入限度額は30~50万円と言われており、アルバイトやパートの方は、10~20万円になる事も少なくありません。

借入限度額は何で決まる?

カードローンで借入できる金額は、以下の2つで決まります。

  1. 総量規制
  2. 審査で決まる

総量規制

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは、総量規制の対象になるのかならないのかで違ってきます。総量規制とは使用飛車金融や信販会社に適用される法律で、「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

たとえば、年収300万円という方の場合融資限度額は最大で100万円となります。

一方、銀行カードローンでは銀行法が適用されているため、この総量規制の対象にはなりません。

しかし、2017年に銀行カードローンの過剰融資が問題になり、法律で規制される事はありませんが、銀行の自主規制で、融資限度額を3分の1以内にする銀行が増えているので、融資限度額については、今後消費者金融も銀行も違いがなくなるようです。

審査で決まる

二つ目は、カードローン会社による借入審査です。カードローンで設定されている最大融資限度額(500~1,200万円)まで、申し込みをすれば誰でも借りられるわけではありません。申込者が借入できる金額は、最終的には審査によって決まります。

審査で重要になるのは、勤務形態や勤続年数で、それ以外に他社の借入状況や、過去の利用履歴なども審査では重視され、属性が高いと判断されると希望通りの借入限度額になりますし、属性が低いと借入限度額が減額にされたり、最悪融資を断られたりする事もあります。

借入限度額は増やせるの?

初回契約時の借入限度額は低めの設定になります。この限度額で借りていると、すぐに借り入れ限度額に達してしまい「もう少し借りられないのかな?」と思うようになりますが、借入限度額の増額は不可能ではありません。

借入限度額を増やす方法として、増額申請が可能で、増額申請を重ねる事で借入限度額を増やせます。

増額申請の前にやっておく事

マネー案内人
マネー案内人
増額申請を受け付けて貰う為には、ある程度の条件をクリアしておかなければ、増額申請をしても審査に通る可能性が低くなります。

しかし、条件さえクリアすれば、それほど厳しい事ではありませんし、意外と簡単に増額してもらう事が出来るようになります。

一般的に増額案内は、会員サービスや登録したメールアドレス、自動契約機(ローン契約機)の画面でも確認できるので、まずは案内が来ているかどうかを確かめましょう。

増額案内があった時がチャンス

最も手軽に増額する方法は、カードローン会社が優良顧客と認めた人に増額の案内を出しているので、それが届いてから申請するのが最も簡単です。

ちなみに優良顧客と認められるのは

  1. 契約してから半年以上、継続的に借入や返済を続けている方。
  2. 返済期日を守り、遅延や延滞を起こした事がない方。
  3. 繰り上げ返済などを利用して、早期返済に努めている方。
  4. 他社で新たな借入をしていない方。

という方は優良顧客として扱われ、増額の案内があります。

案内が届いた時に増額申請をする方法として会員サービスから申し込む方法があります。限度額増額の案内が届いていれば、会員サービスにログインし、増額メニューより限度額の増額ができます。

また自動契約機などで「増額しませんか?」という案内が来ている場合は、続けて手続きをするだけで増額申請が可能です。

増額は期待通りの金額にならない事もある

次に増額してもらえる金額はいくらなのかが気になるところです。増額が可能でも、いきなり年収の3分の1近くまで増やす事にはなりません。

一般的に一回の増額申請で、増額できるのは10万円程度と言われているので、増額申請を重ねる事で、借入限度額を上限一杯まで増やせるようになります。

ですから、増額可能の案内が来た場合でも、希望する金額通りに増額できるとは限らないと理解しておきましょう。

増額案内を待たずに申請する

増額の案内が来ないからといって、増額申請ができないということではありません。案内が届いていない時は、まず担当部署に電話をかけて、増額申請が出来る角化を相談してみるのが1番確実です。

自分から申請をする場合は、増額審査を受けなければなりませんが、その時も同じように優良顧客として認めてもらう必要があります。

半年以上の利用実績が有る方

増額の審査で重要視されるのは、契約してから今までの取引状況です。契約してからの時間的な経過だけでなく、継続的に利用しているという事が重要になります。レイクとの取引が、最低でも半年以上、継続して利用していることが条件の一つになります。

また、利用中に延滞などを起こしていれば審査に通る事が難しくなりますので、将来的に増額を考えている場合は、延滞や遅延を起こさないように利用を続ける事が重要です。

他社借入があると影響する

「レイクALSA」は定期的に契約者の個人情報や借入れ状況などをチェックしています。

レイクALSAの限度額を増額するポイントは?審査や申し込み方法まとめレイクの限度額増額!審査や申し込み方法まとめ レイクALSAで始めて契約をした時の限度額は低めに設定されていますが、利用限...

個人情報で他社の借入れ状況や返済状況なども常に確認しているので、遅延を起こしていたり、延滞があったりすると審査に通るのが厳しくなりますし、他社での借入れが増えている場合は、「返済が続けられないのではないか」と判断され、増額できなくなります。

他社借入はキャッシングの借入だけでなく、クレジットカードの返済状況や、携帯電料金の返済状況も含まれるので、これらの返済も注意する必要があります。

その他、「返済期日を守り、遅延や延滞を起こした事がない」とか「繰り上げ返済などを利用して、早期返済に努めている」という事も審査で重要になるポイントです。

まとめ

銀行カードローンの限度額は、以前なら年収の2分の1程度までなら簡単に借入が出来たと言われています。

銀行カードローンへ申し込みが増えた事で多重債務になり、自己破産をする人が増えるという、以前の消費者金融と同じ過剰融資が問題になっています。「貸すから借りる」ではなく、カードローンの利用にあたって借りる側にも責任はあります。

カードローンで借りる時は「返せないお金は借りない」という強い意志が必要ですし、返済シミュレーションなどを利用して、確実に返済が続けられる範囲内の借り入れにしておくことが重要です。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較