お金を借りる方法

カードローンとキャッシング、お金を借りる時はどちらがおすすめ?

カードローンとキャッシング、お金を借りる時はどちらがおすすめ?

手軽にお金を借りたい時「カードローンでお金を借りる」とか「キャッシングでお金を借りる」という言い方をします。どちらもお金を借りる方法ですが、全く同じというものではありません。

カードローンとキャッシングの違い、それぞれの特徴などを紹介しますので、お金を借りたい時の参考にして下さい。

カードローンとキャッシングの違い

簡単に言うと、キャッシングはクレジットカードに付帯しているキャッシング枠を使ってお金を借りる事です。

カードローンは消費者金融や銀行が発行するローンカードを使ってお金を借りたり返済したりする方法の事です。

カードローンとは、手軽にお金を借りる一つの方法

カードローンは、消費者金融や銀行が発行するローンカードを使って、ATMやCDからお金を引き出す方法や、最近では口座振り込みで借りる事が出来るようになっています。

カードローンは審査結果によって借入限度額が決まり、その範囲内で原則何度でも借りられます。借入限度額は十数万円から数百万円までの融資が可能ですが、限度額は本人の年収によって決まります。

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠の違いは?

キャッシングとカードローンの大きな違いは、返済方法と金利です。

キャッシングの返済方法とカードローンの返済方法は、

  • 一括返済
  • 繰り上げ返済
  • 分割払い(借入残高スライドリボルビング方式)

が可能です。

クレジットカードの返済を翌月「一括払い」で返済する事が多いですが、カードローンは借入残高によって毎月返済額が決まる借入残高リボルビング方式が一般的です。

一括払いは借りたお金を一度に支払うので、返済期間が短くなるので利息が少なくなります。一方「借入残高スライドリボルビング方式」は借りたお金の残高によって毎月の返済額が決まるという方式です。

毎月返済額は少ない設定になっているので、無理のない返済がつづけられますが、毎月返済額だけを支払っていると返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が増えるというデメリットがあります。

返済方法はいつでも変えられるので、自分の環境に合わせた返済方法を選ぶ事がポイントです。

消費者金融と銀行カードローンの違い

消費者金融と銀行カードローンは適応される法律が違います。消費者金融は貸金業法が適用されるので総量規制の対象になりますが、銀行は銀行法で事業を行っているので、総量規制の対象外になります。

総量規制は消費者金融や信販会社が対象になり「融資をする時は年収の3分の1以内」という制限を受けます。

銀行カードローンは総量規制の対象外なので、銀行の審査に通れば年収に関係なく融資をしていましたが、2017年以降は銀行の自主規制によりこちらも「融資限度額は年収の3分の1以内」と制限されるようになっています。

カードローンの審査に通りやすいのは消費者金融

借入をする事を考えた時、一番気になるのが「審査に通るかどうか」でしょう。

一般的に消費者金融に比べて銀行カードローンの方が審査は厳しいと言われています。

銀行カードローンの審査

銀行のメリットは金利が低い事がひとつのメリットになっていますが、低い金利でお金を貸すので、それだけ審査は厳しくなり時間もかかります。

また、銀行の場合は「保証会社の保証が受けられる方」というのが貸付条件になるので、保証会社の審査と、銀行の審査を受けなければなりません。

銀行カードローンの申込は、安定した収入があればアルバイトやパートでも可能としていますが、実際は正規雇用の社員の方が審査に通る可能性は高いと言われています。

消費者金融の審査

大手消費者金融は、カードローンの申込をした時、どれくらいの人が審査を通過したかがわかる「審査通過率」を公表しています。このデータによると、大手消費者金融の審査通過率は40%代のところがほとんどで、申し込みをした人の4~5人が審査を通過している事になります。

銀行カードローンに関しては20%代と言われているので、申し込みをした人の2~3人は審査を通過したという結果になり、審査通過率を見ても消費者金融の審査は通りやすいという事になります。

マネー案内人
マネー案内人
消費者金融の金利は18.0%、銀行金利の平均が14.5%と高めの設定になっています。金利が高いという事は、それだけリスクも少ないので、銀行と比べて審査が緩いといえます。

カードローンの審査は申込書に記入した内容と、信用情報機関の個人情報に基づいて審査が行われます。銀行カードローンの場合は、個人情報に事故履歴があると、まず審査に通る事はありませんし、すでに他社からの借り入れがあると、さらに厳しくなります。

消費者金融の審査は、大手消費者金融でも他社借り入れが3社以内であれば審査に通る可能性があります。さらに中小消費者金融では、過去に金融事故を起こした人にでも融資をしているところが多く、銀行と比べて消費者金融の審査は緩いと言えます。

金利を優先するのなら銀行カードローン

お金を借りる時は金利が気になるものですが、金利を優先して考えるのであれば、銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローン 金利(実質年利) 融資限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円
住信SBIネット銀行カードローンスタンダードコース 14.80% 1,200万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円

大手銀行やネット銀行の住信SBIネット銀行の上限金利は14.0%台で借りる事が出来ます。

一方大手消費者金融は

消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 2.4.5%~18.0% 500万円

プロミスの上限金利17.8%が最も低く、その他の上限金利は18.0%となっているので、銀行の金利と比較すれば一目瞭然で、借り入れする時に金利を優先したい人は銀行カードローンがおすすめです。

銀行カードローンは即日融資が出来なくなった

「急にお金が必要になったので、今日明日中にお金を借りたい」という時がありますが、これまで即日融資が可能だった銀行カードローンは、審査内容が変わったため即日融資が出来なくなっています。

銀行カードローンの審査は、銀行へ申込をすれば審査はまず保証会社が行います。

保証会社は、申込書のチェックや信用情報機関の個人情報を照会し、問題がなければ融資と言う流れになっていましたが、2018年以降はこの流れに加えて、銀行と預金保険機構をつなぎ、預金保険機構は警察庁と専用回線でつなぎ、利用者に問題がないかを調べる工程が増えます。

このデータを照合するのに、早ければ1日、長くて1週間以上必要になるので、銀行は即日融資が出来なくなりました。

ちなみに、三菱UFJ銀行のテレビ窓口では、申し込みをした日にカードが発行されますが、利用できるのは、この照会を終えてからになるので注意が必要です。

銀行カードローンは専業主婦におすすめ

2010年貸金業法の改正で、総量規制が完全施行となり、消費者金融や信販会社の融資限度額は、「年収の3分の1以内」と制限されるようになりました。

そのため、パートやアルバイトをして収入を得ている兼業主婦などの場合、これまで通り申込が可能ですが、無収入の専業主婦は消費者金融での借入は厳しくなりました。

消費者金融の配偶者貸付

専業主婦が消費者金融で融資を受けたい時は「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融のみになります。総量規制には規制の対象外になる「除外貸付」と「例外貸付」があります。

「配偶者貸付」は総量規制の影響を受けない貸付で、収入のない専業主婦でも融資が受けられる制度です。ただ、「配偶者貸付」は配偶者の同意が必要な事や、主婦の個人名で申込みは出来ないなど、条件が厳しくなります。

この制度を取り入れている消費者金融なら、専業主婦でも申込みは出来ますが、「配偶者貸付」は審査や調査に時間がかかり、採算が取れない事から大手消費者金融はこの制度を中止、もしくは廃止しています。

大手消費者金融は「本人に収入がある事」を貸付条件にしているので、現状は専業主婦が融資を受ける事が出来ません。

銀行カードローンなら専業主婦も可能

銀行カードローンは総量規制の影響を受けないので、審査に通れば無職の専業主婦でも融資を受けることが出来ますし、実際専業主婦専用の商品を用意している銀行もあります。

カードローン名 金利(実質年利) 融資限度額 毎月返済額
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 1,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.6%~ 30万円まで 10,000円~

これらの商品は、本人に収入がなくても融資が受けられますが、条件として配偶者(ご主人)に安定した収入がある事が条件になります。

ちなみにおすすめはイオン銀行カードローンで、低金利で利用できるうえに、返済は1,000円からとなっています。イオン銀行カードローンなら買い物ついでに借り入れや返済が出来ますし、毎月1,000円の返済なら家計を圧迫する心配もありません。

イオン銀行カードローンでお金を借りるには?イオン銀行カードローンでお金を借りるには? イオングループが設立した「イオン銀行のカードローンBIG」は、2017年3月に「イオン銀行...

即日融資が可能な消費者金融

審査方法が変わった事によって銀行の即日融資が出来なくなったため、即日融資は消費者金融のみで可能となりました。大手消費者金融はすべてが即日融資に対応していて、審査時間は30分というスピード審査が可能です。

大手消費者金融の申し込み方法はインターネット申し込みや自動契約機からの申し込み、電話での申し込みなど、多くの申し込み方法が用意されていますが、即日融資で借りる時は、インターネット申し込みか自動契約機を利用した申し込み方法になります。

インターネット申込をする場合、平日の午後2時までに契約を済ませていれば、その日のうちに指定口座へ振込をしてもらえます。

振込融資は銀行の営業時間内に限られますが、自動契約機は24時間365日稼働しているので、インターネットから申込を済ませ、仮審査を終えて自動契約機へ行けば、土日・祝日でも即日融資が可能です。

消費者金融 名称 営業時間
アコム 自動契約機(むじんくん) 8:00~22:00(土日・祝日も同じ)
プロミス 自動契約機 9:00~22:00一部21:00(土日・祝日も同じ)
アイフル 契約ルーム 8:00~22:00(土日・祝日も同じ)
SMBCモビット ローン申込機 8:00~21:00(土日・祝日も同じ)

この時間内に審査が終って契約が完了すれば、カードを発行してもらい、備え付けのATMや提携コンビニATMから、カードを使ってお金を引き出す事が出来るようになります。

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠は、すでにカードを持っていれば、改めて審査を受けなくてもお金を借りる事が出来ます。

ただ、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りると、「締切日から返済日までの利息を払わなければならない」というデメリットがあります。

マネー案内人
マネー案内人
カードローンの場合は日割り計算なので、完済すればそれ以上利息を支払う必要はありません。

クレジットカードによって年会費が必要ですが、カードローンは会費が不要ですし、使わなければ費用は発生しませんので、いざという時のために1枚作っておく事をおすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...