お金のコラム

クレジットカードの返済を滞納してしまった。裁判はある?期間は?そんな時どうする?

クレジットカードの返済を滞納!裁判はある?期間は?

社会人になった時、会社関係の銀行から勧められたりするので、クレジットカードは誰もが持っているカードです。

うまく使えば大変便利なクレジットカードですが、支払いの延滞を起こすと信用情報機関の個人情報に一定期間記載されたり、延滞利息を支払ったりしなければならなくなるので、返済遅れは最もやってはいけない事になっています。

クレジットカードの遅延と延滞の違い

遅延とは

クレジットカードの遅延とは、一般的に支払いの期限から30日未満の遅れの事を言います。

遅延の場合は支払日に口座から引き落としが出来なかった時は、クレジット会社から引き落としが出来なかったという連絡や、いつなら支払いが出来るかの確認の電話が入ったり督促状が送られてきたりしますが、その時約束した日に口座から引き落としが出来れば何の問題もありません。

延滞とは

一般的に支払日から2~3ヶ月以上返済が出来ない時に「延滞」となり、信用情報機関の個人情報に「延滞」があった事が5年~7年記載され、情報は共有されるので、新たにカードローンやクレジットカードを申込んでも審査に通らなくなります。

クレジットカードの支払いが出来ない時はどうする?

支払金額がいくらなのかを確認する

クレジットカードの利用分が払えない時、最初にする事は返済額がいくらになっているかを確認する事です。払えない額がいくらなのか、具体的にしる事が重要で、金額が解れば、そのお金をどうやって工面するのがよいのかが見えてきます。

もしかしたら払えないと思っていた金額でも確認したことで、意外と払える金額だったという事もあります。確認方法は、クレジットカードの会員サイトでチェックすることが出来るので、口座からの引き落とし金額がいくらで、何月何日に引き落とされる予定なのかを調べる事が出来ます。

一般的に口座の引き落としは、クレジットカードの利用から1~2か月後です。そのため、利用金額を忘れている事も多いので、必ず請求金額を確認するようにするのがポイントです。

返済方法を変更できないかを確認する

手持ちのお金で支払えない場合は、返済方法の変更が出来るかどうかを確認してみましょう。返済方法は一括払い、分割払い(リボ払い)が有るので、今月の支払いが厳しい時は、ボーナス一括払いに変更できないかを確認してみましょう。

クレジットカードの支払いを最初からボーナス一括払いにしていなくても、カードを利用した後で支払方法を変更できるケースがあります。もし変更できるようならボーナス一括払いに変更すれば、当面の支払いを伸ばす事が出来ます。

会社が不況になり、ボーナスなどの臨時収入が見込めなくなった人は、リボ払いにしておく必要があります。リボ払いは、利用金額に関係なく、毎月の支払金額をほぼ一定にする支払方法です。

月々の支払額はクレジットカード利用額(元金)に手数料が上乗せされて請求されるので、利息を支払うことになりますが、設定された毎月支払い額は低めの設定になっているので、一括返済が出来ない場合は、リボ払いに変えてもらいましょう。

ただ、クレジットカードのリボ払いは、月々の支払金額を低めに設定してしまうと、利息を含めた総返済額が増えてしまいますが、繰り上げ返済で返済回数を減らせれば利息は抑える事が出来ます。

リボ払いに設定していなかった場合でも、後からリボ払いに変更できるクレジットカードが多いので、会員サイトをチェックして、支払い方法を変更できる時は切り替えるのも、ピンチを乗り切るひとつの方法です。

クレジットカードの返済すが厳しいと判った時はまずカード会社に連絡する

一括払いやリボ払いに変更しても払えそうにない場合や変更できない時は、クレジットカード会社に連絡を入れる事が重要です。

クレジットカードの裏面に、カード会社の問い合わせ電話番号が記載されているので、そこにかけてみてください。担当者に理由を説明すれば具体的な解決策を教えてもらえたり、返済方法を一緒に考えてもらえたりするので、正直に話す事が大切です。

「電話を入れたら怒られそうなので電話したくない!」という不安感もありますが、こちらから正直に報告する事で、問題解決の方法を教えてもらえることもあります。カード会社に連絡を入れる時は見栄を張らずに、真摯に対応することが重要です。

返済方法を明確にしておくのがポイント

カード会社へ連絡を入れる時は、具体的にいつまでなら支払えるか、毎月いくらの返済なら続けられるかなど、具体的な数字を確認しておく必要があります。ただ単に「支払いが出来ないから何とかして下さい」と言っても応じてもらえる可能性は少ないです。

「一度に払う事は出来ないけれど、○○なら支払えるので考慮してください」とか「生活は厳しいですが○○円なら必ず返済が続けられるのでお願いします」など具体的な数字をあげて相談すれば、応じてもらえるはずです。

マネー案内人
マネー案内人
相談する時は、具体的にいつ支払えるのか見立てることで、最善の策が見えてきます。ぜひ計画を立ててから相談する事が大切です。

クレジットカードの滞納まとめ

繰り返しになりますが、クレジットカードもカードローンも同じで、支払いが滞りそうになった時は、一人で考えずに、まず信販会社へ最初に電話を入れ相談してみる事から始めましょう。

担当者は色々なケースを知っているので、自分の現在の状況を正直に話せば、最も適切は対処方法を教えてくれるはずです。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】