お金を借りる方法

自動車ローンは保証人が必要?保証人がいない時の対処法を併せて説明

自動車ローンは保証人が必要?保証人がいない時はどうすればいい?

自動車を購入する場合、購入方法は大きく分けて、キャッシュで全て支払う銀行などの車のローンを組むかのどちらかになります。自動車ローンを組む時は、車が担保になるので基本的に保証人は不要ですし、担保を提供する事はありません。

しかし、場合によっては保証人をお願いされるケースがあります。「なんで?」と思う事がありますが、どのような場合に保証人が必要になるのでしょう?

そこで、保証人が必要になるのはどんな時かを調べてみましたので、自動車ローンを組む時の参考にして下さい。

自動車ローンは基本的に保証人が不要

基本的に自動車ローンを契約する時、保証人を求められる事はありません。

ただし、保証人を立てる代わりに「保証会社による保証を受ける」「車の所有権をディーラー又は信販会社で登録する」という手続きが行われます。

保証会社による保証を付ける

「保証会社による保証を付ける」というのは、申込者が一定期間、返済が出来ずに支払いを延滞した場合に、保証会社が未返済部分を代位弁済する事になります。保証会社が未返済部分を代位弁済した場合、申込者はその額を保証会社に返済していく事になります。

銀行などの金融機関の自動車ローンで採用しており、ローンの申し込み条件に「保証会社の保証を受ける事」と明記されている事が多いです。

車の所有権をディーラー又は信販会社で登録する

「車の所有権をディーラー又は信販会社で登録する」とは、文字通り自動車ローンが完済されるまでの間、車の名義を購入者ではなくディーラー又は信販会社で登録しておく方法です。この方法はディーラー系や信販系の自動車ローンでよく使われます。

車の所有権をディーラーや信販会社にしておくと、購入者がローンを返済出来なくなった場合でも車の引き上げが出来るので、引き上げた車を売却し、その売却額でローン未返済額を回収します。

ちなみに、車の売却価格が自動車ローンの残金を下回った場合は、その差額は購入者に請求されますし、反対に上回った場合は差額が返金されます。「保証会社の保証」より貸し倒れという面ではリスクが高いですが、車を売却する事で貸付額をほぼ回収出来るため、この方法も保証人を不要としています。

保証人が必要になるのはどんな時?

保証人を求められるケースとは、信用力が著しく低い人がローン審査を申し込んだ場合で、「保証会社の保証」や「所有権をディーラー又は信販会社で登録する」で契約しても、融資額の貸し倒れが発生してしまう可能性があります。

そのため、保証人が必要となる例として、一般的には以下の条件に該当すれば、保証人を求められます(審査をする信販会社等によって異なります)。

  • 未成年者もしくは高齢者
  • パートやアルバイト
  • 今の勤務先での勤続年数が1年未満の方
  • 収入が不安定な方
  • 他社の支払いを延滞したことがある方
  • カーローンでの借入額が大きい場合

このような条件に該当する方は、自動車ローンの申し込みにあたって保証人を求められる可能性が有ります。そのため、保証人を求められた場合を想定して、申込前に誰かに保証人を依頼しておいた方が良いかもしれません。

保証人は誰に頼めばよい?

保証人が必要になった時、誰に頼めばよいか悩むところですが、基本的に成人であれば誰でもなる事が出来ます。一般的には家族が保証人になることが多いですが、友達や会社の上司などでも問題ありません。

ただ、誰でもよいというわけではなく、契約者よりも収入が少ない方や、収入が不安定な方、信用情報機関の個人情報で金融事故の記録がある(カードローンの長期延滞やクレジットカードの未払い、自己破産の履歴がある、)方などは保証人になる事が出来ないので注意が必要です。

保証人が見つからない時の対処法

保証人を求められても、周りに保証人を頼める人がいない、という事も有ると思います。そんな時はディーラーの営業マンや担当者に、どうすれば保証人無しで自動車ローンが契約出来るのかを相談してみましょう。

担当者なら様々な経験を積んでいるので、対処法も知っているはずです。

一般的に保証人が頼めないという場合、

  • 頭金を用意するか、購入車輌のランクを下げる
  • 未成年の場合は、親の名義で契約してもらう
  • 勤続年数が足りない時は、1年以上待って収入が安定してから申し込む
  • 住宅ローン以外の借り入れがある時は、完済してから申し込む

などの方法があります。

ただし、上記の条件を満たしたからと言って、必ずしも保証人が不要となる訳では有りません。

信販会社や販売店等が判断するので、保証人が必要と言われたけど絶対に付けたくないという方は、保証人が不要でローンが組める自動車ローンを探すか、保証人不要でローンを組んでくれるディーラーを探すのも選択肢のひとつです。

まとめ

保証人になってもらうには、それなりの責任がついて回るので、出来るだけ人に迷惑を掛けないようにしたいと思うのは当然の考えです。そのためにも、できる限り保証人不要で車を購入する方法を考え、保証人なしで契約出来る状態にする事が重要です。

急いで契約したい時は、保証人が不要でローンが組める自動車ローンを探すか、保証人不要でローンを組んでくれるディーラーを探す必要があります。

また、車を新車に限定せずに、中古車を選ぶという方法もあります。中古車を購入する際のローンは、中古車販売店独自のローンもあるので、中古車を選択のひとつとして考えるのもひとつの方法です。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...