介護療養型医療施設
サ高住と介護療養型医療施設の違いについてのイラスト介護療養型医療施設は、医療に特化した高齢者向け施設です。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)との違いをポイントごとに確認してみましょう。

医療

介護療養型医療施設では、医療面において非常に手厚いサービスを受けることができます。胃ろうや経鼻栄養のために他の施設への入所が出来なかった方でも、介護療養型医療施設であれば入所が可能です。サ高住は要介護・要支援レベルの低い方向けの施設であり、医療サービスを利用する場合は外部の医療サービスを利用するのが主となるので、医療体制の充実度は施設により異なります。

生活

介護療養型医療施設は、あくまで医療に重きを置いたサービスを提供しているため、日常生活の補助やレクリエーションといったイベントはあまり実施されません。老後の生活を楽しみたい方が入所するよりは、医療的な補助が必要でありながら入院するほどではない方に適した施設です。一方サ高住では、各施設にもよりますが、レクリエーション施設が併設されていたり、毎日レクリエーションタイムを確保していたりするところがあります。

居室

介護療養型医療施設は、多床室がメインです。個室がある場合、利用料はその分高額になります。この点が個室のみのサ高住とは大きく異なるポイントです。

退去

サ高住では、高齢者住まい法により自宅とされているため、重症化に伴い退去を求められたり、部屋を変えられたりすることはありません。一方、介護療養型医療施設は医療施設のため、症状が改善した場合に退去を求められることがあります。

将来

現在、介護療養型医療施設は、介護が必要のない方が多数入所しているなどとして、一度は廃止が決定されています。しかし、現状受け皿が見つからず、そのまま運営されている実状があります。サ高住は介護業界の「施設から住宅へ」という傾向に伴い、数自体は年々増加中です。ただ施設化しているところも少なくはなく、今後の実態調整が求められています。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop