ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

サ高住とケアハウスとの違いについてのイラスト軽費老人ホームは、地方自治体から補助金を受けて運営されており、比較的安価に利用することができる老人向け居住施設です。身の回りの世話を自分でできるものの、身寄りがない(家族との同居が難しい場合も含む)60歳以上の高齢者を対象とします。 この軽費老人ホームは、入居者の体調やかかる金額により、A型、B型、C型の3種類に分けられており、このうちC型は、ケアハウスとも呼ばれる新しいタイプの軽費老人ホームです。
ケアハウスは、1990年に新設された軽費老人ホームで、A型、B型とは異なり所得制限を受けずに入居することができるというメリットがあります。介護保険上は居宅とされ、必要に応じて訪問介護やデイサービスを利用することも可能です。 こういった利便性もあり、現在軽費老人ホームの主流となっているのがこのケアハウスです。では、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)とケアハウスの違いについて、以下で見てみましょう。

サ高住とケアハウスとの違い

入居時費用

・サービス付き高齢者向け住宅
一般型は敷金のみで入居一時金がかからない施設が多い。特定施設の場合、入居一時金がかかるケースもある。
・ケアハウス
一般型の場合は30万程度の保証金や敷金、介護型は数十万〜数百万程度の入居一時金が必要となる。

介護サービス

・サービス付き高齢者向け住宅
一般型の場合、外部の事業所と個別に契約して介護サービスを受ける。特定施設の場合「特定施設入居者生活介護」により介護サービスが受けられる。
・ケアハウス
一般的に介護が必要の無い方向けの施設だが、必要な場合サ高住同様、外部サービスと契約して介護サービスを受けることができる。介護型の場合は「特定施設入居者生活介護」により介護サービスを受けられる。

入所難易度

・サービス付き高齢者向け住宅
施設数が多いため、比較的簡単に入居できる。施設には様々な特徴があり、自分にあった施設が選択できる。
・ケアハウス
介護型の場合、まだ施設数が少なく、比較的安価で介護サービスを受けることができるため、入居希望者が多く、待機しないといけない可能性がある。

居住面積の基準

・サービス付き高齢者向け住宅
居室は25㎡以上(共同スペース有の場合18㎡以上)
・ケアハウス
居室は21.6㎡以上(共同スペース有の場合15.63㎡以上) 例外として、都市型の場合、7.43㎡以上(収納設備は除く)

入居条件

・サービス付き高齢者向け住宅
60歳以上の者、また介護保険法に規定する要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の者。 ・ケアハウス
家族との同居が困難であり、高齢のため独立して生活ができない60歳以上の者。
最近では、サ高住、ケアハウス共に介護に対応できる介護型も登場しています。それぞれの特徴を正しく把握した上での施設選びをお勧めします。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop