特定施設とは?

介護サービスは一定の料金負担

サ高住の特定施設とは?についてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の中には、「特定施設」と呼ばれるものがあります。特定施設とは、介護保険サービスのうち、特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設のことです。生活の中で必要となる食事や入浴、排せつといった介護サービスを、一定の料金負担で受けることができます。足腰が不自由で寝たきりになってしまい、毎日のように介護が必要になった場合でも、自己負担額が定額という点は利用者にとって嬉しいポイントでしょう。
また、特定施設では施設内に介護スタッフが常駐しているので安心ですし、生活援助においても手厚いサービスを受けることができるというメリットがあります。このように数多くのメリットを持つ特定施設ですが、考えられるデメリットとしては、介護事業者など介護サービスを自分で選べないという点です。また、要介護度が高くない方にとっては、自分に不必要な介護費用も負担することになってしまうため、サービス内容に比べて料金が高くついてしまう可能性があります。

特定施設と一般型の違いについて

一般型のサ高住の場合は、施設内では安否確認と生活相談が受けられることになっていますが、他に必要な介護サービスは外部の訪問介護事業所などと契約を結んで介護保険サービスを利用します。最低限の介護のみで問題ないといった方は、特定施設ではなく一般型のサ高住を選ぶのが得策でしょう。 一般型のサ高住と特定施設では、初期費用も異なることを覚えておきましょう。一般型のサ高住では入居一時金を支払わないことが多いです。一方、特定施設においては、入居する際に入居一時金を支払い、入居後に月額費用と介護サービス費、生活費を支払うことになります。入居一時金の費用は施設によって様々です。費用や償却期間、償却率についても施設によって異なるので、最初に確認することが大事です。

特定施設と一般型の比較表

 
サ高住の特定施設と一般型の違いを比較して説明


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop