外部サービスの利用について

サ高住では自ら事業者を選択

サ高住での外部サービスの利用についてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の中でも、特定施設の認定を受けている施設では、生活上の介護を受けることが可能です。
これには、一定の決められた料金内で各種の介護サービスを受けられる包括型のサ高住と、外部の介護事業者に依頼して介護をおこなってもらう外部サービス利用型があります。
包括型の場合は、サ高住に常駐しているヘルパーなどのスタッフが、入浴や食事、排泄等のお手伝いをすることになります。外部サービスを利用する際には、自分で事業者を希望することができる場合が多く、これまでお世話になっていたヘルパーの方に来てもらうことも可能です。

また、特定施設でないサ高住は基本的に介護サービス等が付随していません。
従って、もし介護などのサービスを必用とするのであれば、外部サービスを利用するのが一般的です。訪問介護やデイサービスなどの利用も可能で、やはり介護事業者を希望することもできますので、これまでと同じ方に来てもらいたい場合は、ケアマネージャーなどに相談しましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop