福祉用具のレンタルについて

介護用品のレンタルは介護保険の対象です。

サ高住で福祉用具はレンタルできるのか?についてのイラスト足や腰が不自由な高齢者の方などは、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)への入居を考えるとき、福祉用具をレンタルできるかどうか不安に思われるかもしれません。 これは、施設によってもさまざまなのですが、よく用いられることの多い、車椅子やその付属品、歩行器、歩行補助杖などについては、介護保険の対象にもなっており、介護認定を受けている方であれば少ない自己負担での福祉用具レンタルが可能となっています。

介護保険の対象となる要介護度があります。

自己負担額は1割となっていますので、たとえば車椅子のレンタル料金が1カ月で5000円だとした場合は500円での利用が可能だということです。ただし、車椅子のレンタルが介護保険の対象になるためには、要介護2~5の間である必要があります。従って、要介護1の方の場合は介護保険を使うことはできませんので気をつけてください。歩行器や歩行補助杖などは、要介護1の方でも介護保険の対象となります

介護保険利用時の注意点

注意点としては、上記の内容は特定施設ではないサ高住の場合だということです。特定施設のサ高住を利用する場合、介護保険は特定施設入居者生活介護のサービスを利用するために使われており、福祉用具の貸与を利用することができなくなってしまいます。 ただし、サ高住のなかには車椅子などの利用があらかじめサービスに含まれているところも多く、施設によって様々ですので事前によく確認しておくようにしましょう。また、特定施設の場合でも外部サービス利用型の施設であれば、介護保険を利用した福祉用具のレンタルが可能となります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop