2人部屋について

夫婦でのサ高住入居を希望する方が増えるのでは?

サ高住で2人部屋を利用するにはについてのイラスト高齢者の夫婦2人でサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)への入居を検討する場合、2人部屋を希望する方がほとんどでしょう。しかし、サ高住の施設によって、2人部屋を用意してあるところとそうでないところがありますので、必ず事前に確認しておくようにしてください。 ただ、近年は超高齢化が社会問題として取り上げられており、今後夫婦でのサ高住入居を希望する方が増えてくると予想されています。
そのため、夫婦での入居および、2人部屋に対応する施設は増えてきています。 また、夫婦入居を希望する場合、双方に年齢制限が課せられる場合と、一方が条件を満たしていれば良い場合があり、これもやはり施設によって異なりますので注意が必要です。
もし、夫婦入居に対応したサ高住が近隣にない場合、双方が入居条件を満たさなくてはなりませんが、2部屋を借りるのも一つの手です。1部屋はリビングとして使い、もう1部屋を寝室として使うなど、ライフスタイルに応じて使い分けると良いでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop