1日の流れ

サ高住は自由な暮らしができるメリットがあります。

サ高住の1日の流れについてのイラスト一般の方々の暮らしと比べても遜色なく、自由な生活をおくることが可能な点がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の大きなメリットのひとつです。 有料老人ホーム等の介護施設とは違い、高齢者向けの賃貸住宅としてつくられたサ高住は起床時間や食事の時間も自分で自炊する事ができ、個人の自由で決めることができます。施設によってはある程度決められたリズムはあるかとおもいますが、イベントの参加も自由参加としている施設が多いでしょう。訪問介護や、デイサービスを
ご利用の方は1日のサービスからリハビリのみの半日のサービスなど、ご自分が必要なケアを個別に外部サービスを利用する事となっているため、必要のない介護サービスは受ける必要がなく、ご自分の自由な時間を過ごすことができるはずです。 ここでは、サ高住における1日の流れを紹介します。

サ高住での生活の1例です。

 
1日の自由時間が多く、介護サービスを利用するなど自分で選択できる時間が多い。
こちらはあくまで一例であり、実際にどんな一日を過ごすかは施設によって細かく異なるでしょう。施設選びの際には、「どこも同じ」と安易に考えず、入居者の希望を考慮し、理想に近い1日が過ごせるところをリサーチしてください。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop