人員配置について

サ高住の人員配置について

サ高住の人員配置についてのイラスト高齢者の方の中には、いつ体調不良や健康面でのトラブルに見舞われるか不安に感じている方は少なくないでしょう。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での生活を始めるに当たって、夜間等でも時間を問わず対応してもらうことが可能なのか、という点は重要なポイントですから、こちらでご紹介する内容を参考にしてみてください。

人員配置の基準は?

まず、サ高住に常駐するヘルパー等のスタッフについてですが、サ高住には24時間スタッフが常駐していなければならない、という決まりはありません。従って、各施設によって人員配置などの体制も異なります。その代わり、夜間については「緊急時にすぐ駆けつけることができる」体制であることが求められています。つまり、どのサ高住でも、緊急時に朝まで待たなければならないということにはなりません。 もちろん、24時間365日スタッフが常駐している施設もあります。 ただし、日中(概ね9時から17時)は有資格者が常駐しなければならないと定められています。常駐するスタッフの資格については、以下のように定められています。

社会福祉法人、医療法人、指定居宅サービス事業所等の職員・医師

看護師

介護福祉士

社会福祉士

介護支援専門員

介護職員初任者研修課程修了者

人員の配置については1名以上と定められており、こちらもやはり各施設によって異なりますが、1名ないし2名程度が常駐しているサ高住が多いようです。

夜間の人員体制

ほとんどのサ高住で夜間も人員を配置している。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop