年齢制限について

サ高住には年齢制限があります

サ高住に年齢制限はあるのか?についてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)への入居を検討されている方にとって、最初に気になるのは何歳から入居することが可能なのか、という点ではないでしょうか。サ高住の年齢制限は原則としては、60歳以上の高齢者、または要介護・要支援認定者およびその同居者ということになっています。ただし、施設によっても異なる部分があり、介護サポートの提供を前提とした施設の場合は、65歳以上と定めているところも多いため、入居を検討する際には事前にきちんと確認しておくようにして
ください。この場合65歳以上とする理由は、介護保険の適用が可能になる年齢が65歳以上であるからです。 また、要介護認定を受けている方の場合、40歳以上であれば入居を可能としているサ高住もあります。この辺りは独自の規定となりますので、やはり入居を検討する施設に問い合わせてみるのが確実です。 一般的にはサ高住への入居者のなかで、もっと分布の割合が高いのは80歳代で、80~89歳の入居者が5割を超えているとされています。

サ高住への入居時に注意したいこと

気を付けておきたいのは、サ高住への入居に関する年齢の条件を満たしていても、健康状態等の理由によって入居を断られてしまうケースもあるという点です。仮に自立した日常生活を送ることのできる高齢者の方であっても、伝染病などを患っている場合、多くのサ高住では入居不可となってしまいます。 従って、入居を検討されている場合は、日頃から健康管理にもしっかり気を配っておくようにしましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop