入浴方法について

サ高住での入浴方法は施設により様々

サ高住での入浴方法についてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での入浴方法は施設や居室のタイプによって大きく異なってきます。介護サポートを前提とした居室の場合は、各部屋にお風呂が設置されていないケースも多く、共用の入浴施設を使用することになります。ただし、自立タイプの居室では、それぞれの部屋にお風呂が設置されていますので、プライバシーを重視した、より一般の生活に近い暮らしが可能です。 サ高住では、共用の入浴施設に関して非常に力を入れているところも多く、一般的な大浴場だけで
なく、檜風呂や露天風呂などを備えている施設も少なくありません。なかにはサウナや足湯を用意しているところもあります。サ高住を利用する年配の方々には、毎日のお風呂が楽しみだという方も多いでしょう。そういった施設を選べば、ゆったりとくつろぎのバスタイムを過ごすことができ、心身ともにリラックスできるのはもちろん、スパセラピー効果も期待できます。

機械浴設備が備わったサ高住も

また、介護が必要な方に向けた、機械浴設備が備わっているサ高住もあります。入浴介助サポートを利用すれば、一人ではお風呂に入ることができない方でも安心して入浴を楽しむことが可能です。入浴介助サポートを希望する場合は、サ高住への入居前に利用していた介護サービスを引き続き利用することもできます。前述したように、サ高住の入浴設備に関しては施設による部分も大きいですので、自身の体の状態などと相談しつつ、それに合った設備を導入しているところを選ぶようにしましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop