連帯保証人について

連帯保証人が必要なサ高住がほとんどです。

サ高住に連帯保証人は必要か?についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に入居する際は、一般のマンションやアパートと同様に、連帯保証人が必要となる場合がほとんどです。また、連帯保証人と同時に身元引受人を求められる場合もあります。 これは、要介護レベルが高くなって一人暮らしが難しくなった場合や、万一の病気等で入院をしなければならなくなった場合などのために必要ですので、理解しておいてください。

高齢者住宅財団の家賃債務保証制度を利用する事ができます。

高齢者の方は、連帯保証人を立てることが難しいというケースも珍しくありません。その場合は、高齢者住宅財団の家賃債務保証制度を利用することになります。 その他にも、任意後見制度によって成年後見人を立てたり、保証会社を利用したりすることでも入居は可能です。ただし、家賃債務保証制度や保証会社を利用するにあたっては、所定の保証料が必要となります。連帯保証人の当てがない場合、入居を検討しているサ高住に相談すると、保証会社の紹介をしてくれるなど、状況に適した方法を提案してくれますので、不安な方は問い合わせてみると良いでしょう。

保証人等の記載の有無

連帯保証人が必要なサ高住は80パーセントを超えている


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop