対応疾病について

サ高住の対応疾病の範囲について解説

サ高住の対応疾病は各施設ごとに違いますについてのイラスト 疾病を抱える方がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)への入居を検討する際、どの程度まで対応してもらうことができるか、非常に気になってしまうでしょう。実際に生活をしていく上での、サ高住の疾病対応範囲はどのようになっているのかを解説します。 まず前提として、施設によって対応疾病の範囲も大きく異なってくるという点を理解しておかなければなりません。その上で一例を挙げると、受け入れ基準の幅が広い
施設では、糖尿病や定期的な喀痰吸引はもちろん、血液透析や人工呼吸器の管理、中心静脈栄養、静脈点滴法などまで対応してくれるところもあります。 ただし、上記のような医療ケアを必要とする場合、訪問看護サービスの契約を結ぶことが条件となるのが一般的です。 医療処置を含めた対応をしてくれる施設の場合、24時間365日介護職員が施設に常駐していることはもちろん、看護師の日中常駐や夜間待機、医師の定期的な往診や緊急時の処置などを受けることが可能になっています。

まとめ

施設によって対応は大幅に違いますので注意が必要です。医療処置に関しては一切対応しないサ高住もあり、その場合疾病を持つ人は入居を断られてしまうこともあります。何らかの疾病等を持つ方は、利用を検討している施設がどの程度まで疾病に対応してくれるのかを事前にチェックしておきましょう。 また、現時点で特に疾病がなくとも、将来的な不安を感じるようであれば、医療処置に対応してくれているサ高住を探しておいたほうが安心かもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop