食事介助について

サ高住は施設により食事の提供方法が違うので注意。

サ高住で食事介助を受けるにはについてのイラストサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、毎日の食事の際に、食事介助を受けることも可能です。一人での食事に不安がある、または今後も一人で食事をしていくことができるか不安に感じているという方も、希望に応じて食事介助をしてもらうことができるため安心です。 ただし、食事介助の対応の仕方については、施設によって違いがあるため注意が必要です。サ高住のスタッフが食事介助をしてくれるところもありますし、別途訪問介護を依頼して食事介助をしてもらうというところもあります。
訪問介護を利用する場合は、介護保険の対応となりますので、自己負担額は1割です。 また、30分程度で食事を終えることができる方にのみ、スタッフが食事介助に対応するというケースもあります。この場合、食事に30分以上かかる高齢者の方は訪問介護を利用するという形です。 基本的に法令等で定められたもの以外、サ高住のシステムは施設によってかなり異なるため、事前に問い合わせをし、情報を得ておくことが大切だといえるでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop