通院について

サ高住からの通院は外部サービスによる付き添い

サ高住から通院する場合についてのイラスト体に疾病等を抱えている方は、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に入居した後の通院について不安を感じることでしょう。しかし、サ高住では様々な方法で、通院を必要とする方のサポートを実現しています。 通院のサポートには、病院までの送迎やスタッフによる付き添いなどがあります。施設によってスタッフの対応はしていないところもありますが、その場合は介護保険を適用しての、訪問介護による付き添いサービスを受けることが可能です。
付き添いの際には待合室での待機時間や病状説明、薬の受け取りなどにも対応していますので、不安は一切ありません。 付き添いサービスの費用については、1回ごとに発生するシステムが一般的です。付き添いの時間に関しては無制限である場合が多いですが、念のため施設に確認しておくと良いでしょう。 また、施設によっては連携医療施設が併設されているところもあり、この場合はより気軽な通院が可能ですし、万一の体調不良等の場合も安心です。体調に不安がある方は、併設連携医療施設のあるサ高住を探してみるのもおすすめです。

実施している生活支援サービス内容

サ高住が実施している生活支援サービスの内容は通院への付添が64.2%と最も多い。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop