お金を借りる方法

デビットカードでお金を借りられない?デビットカードを詳しく説明

デビットカードでお金を借りられない?

最近テレビコマーシャルで見かけるようになったカードに、デビットカードがあります。

デビットカードは、買い物などで利用されるので、クレジットカードと同じ機能を持つカードと思われがちですが、クレジットカードとデビットカードには大きな違いがあります。デビットカードとはどんなカードなのかを紹介します。

デビットカードとクレジットカードの違い

デビットカードは、その場で自分の銀行口座から支払う為に利用されるカードで、クレジットカードは信販会社が立て替えて支払いを済ませ、その後信販会社に支払いをするのがクレジットカードです。

この様に、どちらも買い物の際に現金が不要なのは変わりませんが、お金が引き落とされるタイミングが異なります。

クレジットカードは支払いに際し、カード会社がお金を一旦立て替えます。そうして支払った金額を、月に1度、決まった日に銀行口座から支払う形となりますが、デビットカードの場合、買い物をするのと同時に、銀行口座からその金額が引き落とされます。

クレジットカードの場合、知らないあいだに使いすぎてしまうというデメリットがありますが、デビットカードだと、口座に支払い金額分の残高が無いと利用出来ません。

デビットカードでお金は借りる事は出来ない

最も大きな違いは、デビットカードにはキャッシング枠がありません。

勘違いされやすいのは、VISAから発行されているデビットカードは、クレジットカードのようにキャッシングができるのではないかと思ってしまう人がいます。しかし同じVISA発行のカードでも、デビットカードの場合はキャッシングができません。

デビットカードは自分の銀行口座に預金してあるお金を、カードを使った時に支払うだけのカードなので、キャッシングを利用する時はクレジットカードやカードローンを申し込む必要があります。

「デビットカードでお金が引き出せた」という方もいますが、それはキャッシュカードと一体型のデビットカードで、お金が引き出せたのは、キャッシュカードとして自分の口座からお金を引き出しただけで、もちろんお金を借りたわけではありません。

デビットカードのメリット

デビットカードとクレジットカードの違いは理解してもらえたと思いますが、普及率が低い事もあってあまり知られていないようです。

そこでデビットカードのメリット・デメリットについて調べてみたので、参考にして下さい

デビットカードは審査がない

マネー案内人
マネー案内人
デビットカードは発行するときに審査がありません。クレジットカードを利用した場合、一時的に借金をしている状態になります。

クレジットカードを作る時は審査を受けなければなりませんが、デビットカードの場合は、銀行口座の残高分の範囲で買い物をするだけなのでカード発行のための審査はありません。
使いすぎるという心配がない

デビットカードで支払いをした時、すぐに銀行口座から利用金額が引き落とされます。つまり、利用できる金額は銀行の残高の範囲内までしか使えないので、使い過ぎるという心配がありません。

クレジットカードの場合はついつい無駄遣いしてしまう事もあるので、使いすぎが怖くてクレジットカードは使いたくないという方でも、デビットカードなら安心して利用できます。デビットカードで買い物をした時は、すぐに口座から代金が引き落とされるので、クレジットカードよりも支出が把握しやすくなります。

お金の管理がしやすい

デビットカードはクレジットカードと同じくインターネット上で利用明細ページを見ることが可能で、いつどこでお金を使ったかわかります。支払い額や支払った日などを詳細に確認できるので、いちいち家計簿をつける手間も省けます。

デビットカードを利用してしっかり支出管理が出来れば無駄な出費をしなくなります。

デビットカードのデメリット

一方、デビットカードのデメリットは次の通りです。

銀行口座の範囲内でしか利用できない

クレジットカードとデビットカードを比較すると、クレジットカードは買い物の時に銀行の口座残高がゼロでも利用できます。しかし、デビットカードは銀行口座の残高の範囲内でしか利用できず残高がゼロの場合や残高を超える金額の買い物をしたい場合には利用することできません。

クレジットカードカードに比べて無駄遣いを防ぐことができるというメリットがある反面、銀行口座の残高の範囲内でしか利用できず残高を超える買い物をすることができません。

クレジットカードに比べて還元率が低い

クレジットカードと同じように使えるデビットカードですが、クレジットカードに比べると、ポイントの還元率は低くなります。そのため無駄遣いの心配がない方ならデビットカードよりもクレジットカードのほうがおすすめです。

特に、クレジットカードは特定の百貨店や家電量販店の提携カードのように特定のお店で利用することで非常に還元率が高くなるなど、さまざまなカードがありますので自分のライフスタイルにピッタリと合うカードがあります。

しかし、デビットカードには発行する銀行や国際ブランドによってさまざまなカードがありますがクレジットカードに比べると少なく、特定の条件で高い還元率を享受できるようなカードはまだ少ないのが実情です。

まとめ

デビットカード、クレジットカードそれぞれにメリットとデメリットがあるので、その特徴をよく理解して利用する必要があります。

借金をするのは嫌だという方は、デビットカードになりますし、キャッシングにも利用したいという方は、クレジットカードになります。おすすめは、デビットカードとクレジットカードの両方を持っておくという方法です。

クレジットカードは、後払いなので、金銭管理能力に相当自信がない限りは、誰でも使いすぎてしまうという心配がありますが、デビットカードは現金と同じなので、口座残高以上の利用はできないので、使いすぎの心配がありません。

ですから、普段の買い物などをする時はデビットカードをメインで使い、大きい買い物はクレジットカードでポイント貯めるという使い方がおすすめです。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...