お金を借りる方法

土下座をしてお金を借りる!?土下座をして謝罪するよくあるパターン

土下座をしてお金を借りる!?

日本社会において、何かをお願いする時は土下座をしてお願いするという事があります。

土下座をするという事は、自分のプライドを捨てて相手にへりくだるという事になりますが、お金にまつわる事で土下座をするケースがあるようですが、出来ればそんな事はしたくありませんし、された方も気持ちがよいものではなりません。

そこで、お金の問題で土下座をしなければならない時とはどんな時か、土下座をしなくても済ませる方法はなかったのか、などを紹介しますので参考にして下さい。

土下座をして謝罪するよくあるパターン

土下座をするという事は、ほかに方法がないため、自分のプライドを捨て、手をついて謝罪するという苦しい立場に置かれた時で、

  • 借金の返済を待ってもらう時
  • 借りたお金が返せなくなった時
  • 身内や友人にお金を貸してほしいと頼む時

が多いようです。

借金の返済を待ってもらう時

身内や友人から借りたお金が約束通り返済できない時に土下座をする事があります。

借りる時は、いつまでに返済すると約束していたの、返済期日が近づいても返すお金が用意できず、返済日を先に延ばしてほしいとお願いする時に頭を下げる事があります。

返してもらったお金をほかの事に利用すると決まっている時や、何度も返済を遅らせている場合、返済が遅れている事を謝罪する意味と、もう少し待ってもらうお願いの意味を込めて、土下座をする場合があります。

借りたお金が返せなくなった時

遅延や延滞ならまだしも、返済が出来なくなったという場合も土下座をして謝罪するという事があります。

たとえば、事業をしているとよくあるパターンで、入る予定のお金をあてにして、その間の資金繰りとしてお金を借りたけれど、相手が倒産してしまい、あてにしていたお金が入ってこなくなり、予定通りに返済できなくなり土下座をしなければならなくなったというパターンです。

身内や友人にお金を貸してほしいと頼む時

お金を借りる方法としては、さまざまな方法があります。まずはてみじかに身内や友人から借りようとする場合が多いです。親兄弟や祖父や祖母、友人や職場の同僚など、自分の身の回りの人にお金を借りるべく、土下座をして頼み込むという事もあります。

しかし、身内や友人、同僚からお金を借りる事は、お金が原因でトラブルになる事も多く、土下座をして謝罪しなければならなくなったり、友人関係に亀裂が入ってしまったりする事もあります。

本来は銀行カードローンや消費者金融など、カードローン会社と借り入れ契約した方が、誰にも迷惑をかけない上、安全にお金借りることができるのですが、そういう発想にならないことが多いようです。

土下座しなくてもお金を借りる方法

少しの間だけだからと思い、身内や友人などに頼む事が多いですが、個人間でお金の貸し借りはトラブルの原因になるので、おすすめできません。そんな時は、カードローンの利用をおすすめします。

マネー案内人
マネー案内人
カードローンは消費者金融や信販会社、銀行で申し込みが出来ます。

カードローンの申し込み条件どこも同じで、満年齢20歳以上の安定した収入がある方なら申し込みが出来ます。基本的に、無担保・無保証でお金が借りられるので、誰にも知られることなくお金が借りられます。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンは申込先によってメリット・デメリットがあるので申し込み前に調べておく必要があります。

消費者金融のメリット

消費者金融の最大のメリットは、申込から融資までが短時間で終わるので、申し込みをしたその日に借りられるというスピード融資が可能な事です。「すぐにお金を借りなければならない」という時でも、申込時間によってはその日の内にお金が借りられます。

申込方法は、パソコンやスマホ、携帯を使い、インターネットで申込む方法に人気があり、24時間どこからでも申込ができるので、わざわざ店舗に出向く必要がありません。

また、大手消費者金融は、すべてが自動契約機(無人契約機)を設置しており土日・祝日でも営業しているので、休日であっても、時間内に審査に通れば即日融資でお金が借りられるというメリットがあります。

消費者金融のデメリット

消費者金融の金利は、銀行カードローンと比べると少し金利が高いことです。金利が高いということは、長期返済を考えた場合は影響しますが、短期間で返済するつもりで利用した場合の金利差は、気にするほどの金利にはなりません。

また、借りやすいという事はメリットですが、反面デメリットにもなります。

キャッシングに慣れてしまうと、つい不要なお金まで借りるようになることがあります。そうなると返済が難しくなり、返済のために他社から借りるということもあるので、無理のない返済計画を立ててから借りる必要があります。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンのメリットは、なんといっても金利の安さです。都市銀行カードローンの設定でも上限金利が15%ほどですし、中には10%を切る上限金利を設定している銀行もあり、金利が低いということは、返済時に支払う利息の金額を支払うことになります。

金利と同じくらいに重要なのが、お金を借りる時の安心感で、借り入れ先への信頼感がないと、不安感が拭えません。銀行からの借入ならば借入先への不安はありません。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンの最大のデメリットは審査時間です。2018年以降は、即日融資ができなくなっており、最短でも翌営業日の審査回答となっていますが、通常は申込みから融資までに1週間以上かかることもあります。

また、銀行カードローンは過剰融資が問題になり、審査が今まで以上に厳しくなっています。たとえば、クレジットカードの返済が遅れていたり、スマホの支払いを滞納したりしていると審査に通る可能性が少なくなります。

まとめ

お金を借りたために土下座をしなければならなくなるとは誰もが考えない事です。

身内や友人からお金を借りる場合は誰もが「借りたお金はきちんと返す」というつもりで借りていると思いますが、何かの事情で返せなくなるという事もよくある話で、それが原因でトラブルにも発展します。

お金を借りる時は、出来る事なら個人間の貸し借りは止めるべきで、どうしても必要な場合はカードローンで借りる事をおすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...