お金を借りる方法

土曜や日曜や祝日にお金を借りる事は可能?土日祝日でもお金を借りるためのポイントを解説

土曜日曜にお金を借りる事は可能?

土曜日や日曜日に限って、お金が必要になる事があります。「口座にはお金が残っていない」という場合は、どこかでお金を借りる必要があります。

ではどこで借りるかという事になりますが、そんな時は、カードローンを申込めば、土曜や日曜・祝日であってもお金を借りることが出来ます。

大手消費者金融では、土曜日や日曜日・祝日でも審査を行っているので、平日に限らず、申込をしたその日にお金が借りられます。

そこで、土日・祝日にお金を借りるにはどこへ申し込みをすればよいか、土曜・日曜に借りる方法などを含めて紹介します。

土曜日曜にお金を借りるには即日融資が可能なところ

カードローンの申込は消費者金融や信販会社、銀行で申込が出来ますが、土曜日日曜日・祝日に借りるには

  • 「土曜日曜日でも審査を行っている事」
  • 「契約が可能な事」
  • 「お金を借りる手段が用意されている」

ところになります。

インターネット申込は24時間いつでもどこからでも申込が出来るので、便利な申込方法ですが、土曜・日曜・祝日でも審査業務を行っているのは、大手消費者金融だけです。

また、大手消費者金融は全国に自動契約機を備えています。自動契約機の営業時間は365日午前9時~午後9時10時までが営業時間となっているので、申込さえすれば、平日だけでなく土曜・日曜・祝日でも365日審査を受ける事が出来ます。

お金を借りる手段についても、口座振り込みの場合は平日のみになりますが、大手消費者金融はローンカードを使って自社のATMや提携ATMから365日いつでもお金を引き出す事が出来るので、ローンカードさえあれば、土曜・日曜・祝日でもお金を借りることが出来ます。

土曜・日曜・祝日に申込むのなら大手消費者金融がおすすめ

大手消費者金融と呼ばれているのは「プロミス」「アコム」「アイフル」[SMBCモビット]で、 どこへ申し込みをしても最短30分のスピード審査となっています。

大手消費者金融 金利(実質年利) 融資限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 4.5%~18.0% 500万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 最短30分

申込条件は、どこもほとんど同じで「安定した収入があり、満年齢20歳以上60歳~69歳までの方」なら申込は可能で、正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも申込が出来ます。

基本的に大手消費者金融は、365日営業を行っているので、土曜日曜・祝日にお金を借りなければならないという場合でも心配する事はありません。

インターネットで申し込みをして自動契約機で契約するのが確実

マネー案内人
マネー案内人
土曜日曜・祝日に借りられる最も確実な方法は、インターネット申し込みと自動契約機で契約するというのが、最も確実な方法です。

申し込みから融資までの流れを簡単に説明すると、インターネットから申し込みを済ませ、仮審査までを済ませておきます。仮審査が終われば、近くにある自動契約機(無人契約機)へ行き、そこで本審査を受けます。

本審査が完了し契約が終わると、ローンカードが発効されるので、備え付けのATMや提携ATMから出金できるようになります。

土曜日曜・祝日に銀行振り込みで借りる方法

一般的にはローンカードを使ってATMからの出金が多いですが、「プロミス」や「アコム」ら土曜日曜・祝日でも口座へ振込をして貰う方法があります。「プロミス」が会員サービスとして取り入れている方法に瞬フリ」と言うサービスがあります。

事前に三井住友銀行やジャパンネット銀行などの24時間振込可能な金融機関の口座を持っている必要がありますが「瞬フリ」を利用すれば、土曜・日曜・祝日であっても、借入の申込をすると数秒で振込をして貰えるので、土曜・日曜・祝日に関係なく口座へ振込をして貰い、キャッシュカードでお金を引き出すという方法が利用できます

自動契約機へ行く時に忘れてはならない書類

カードローンの審査で必要になる書類があります。インターネット申し込みの場合は書類を画像保存し、専用アプリやメールを使ってそうしんするだけですが、自動契約機で本審査を受ける場合は、書類をスキャナーに読み込ませるので持って行かなければなりません。

必要書類として用意しなければならないのが本人確認書類の運転免許証や健康保険など、と借入希望額によっては収入証明書類の源泉徴収票や納税証明書、直近1~2か月の給与明細書などが必要になります。

また申込書に記入した住所と、運転免許証などに記載されている住所が違う場合は、公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK受信料など)が必要になるので忘れずに持って行きましょう。

土曜日曜でも在籍確認はあるの?

カードローンの申し込みをすると、必ず審査で在籍確認があります。

在籍確認とは、申し込書に記入した会社にちゃんと勤務しているかを確認する事をいいます。

土曜日曜・祝日に申し込みをした場合、勤務先が休みの場合は確認できないので、次の月曜日などに改めて在世確認が行われます。

それだと「審査に通らないのでは?」という心配がありますが、審査に通ったのであれば融資を受けることが出来ます。ただ、その場合は在籍確認が完了していないので、暫定処置として10万円程度なら即日融資で貸してもらえます。

なお、平日に在籍確認が出来た場合は、コールセンターなどへ連絡を入れて、限度額の増額を申し出れば、増額に応じてもらう事も可能なので、土曜日曜・祝日でお金を借りる時は一時的に少額借入になります。

まとめ

このように、土曜日曜・祝日でも、申し込みをしたその日に借りる事は出来ますが、希望通りのお金が借りられない事もあります。

最近では、スマホがあればいつでも、どこからでも申込が出来るので、急にお金が必要になった時、慌てなくても良いように、事前にカードを1枚作っておくことをすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...