お金を借りる方法

振込融資が可能でお金を借りる方法とは?

振り込み融資で借金する方法

カードローンの借入を希望する時、以前ならローンカードを使って、提携ATMや店舗に設置してある自前のATMから借りるというのが一般的でしたが、最近では店舗へ行かずにお金が借りられる振込融資が増えています。

振込融資の意味、振り込み融資を希望する時はどうすればよかなど、振り込み融資について紹介しますので、参考にして下さい。

振込融資の意味は?振込融資を希望する時の手続きは?

カードローンで借り入れをする時、例えばプロミスの場合、店舗へ行きプロミスカードを使ったり、アコムの場合は自動契約機からローンカードを利用したり、提携コンビニATMからお金を引き出すのが一般的でした。

最近の大手消費者金融は振込キャッシングに力を入れていて、提携銀行によっては24時間365日何時でも振り込みが可能なキャッシング方法を取り入れています。一般的に振込融資を受けるには、契約している消費者金融の会員ページや自動契約機から手続きが出来ます。

手続きと言っても、振込融資に利用する銀行口座を登録するだけで、一度登録しておけば電話での借り入れも可能ですし、会員ページから振り込みを依頼する事が出来るようになります。

消費者金融の振込融資は大手消費者金融が便利

マネー案内人
マネー案内人
大手消費者金融はすべてが振込キャッシングに対応しているので、振込融資が可能ですが、インターネットバンキングに対応しているかどうかで利便性が違ってきます。

振り込み融資を即日で借りる時は時間が重要

インターネットバンキングに対応している場合は24時間いつでも振込が可能です。

一般的な銀行振り込みの場合は、銀行の営業時間内でなければ振込が出来ないので、平日なら午後3時以降、土日・祝日のように銀行が休みの時は翌営業日に回されます。

大手消費者金融の場合プロミスやアコムはインターネットバンキングに対応しているので24時間何時でも振り込み融資で借りる事が出来ますが、アイフル、SMBCモビットなどは対応していなません。

プロミスの振込融資

プロミスで振込キャッシングを希望する時は、会員ページにある「瞬フリ」から申し込みが出来ます。瞬フリから振り込みを依頼すれば最短10秒で指定口座へ振込をしてもらえます。

プロミスの振込融資は銀行の営業時間外でもOK

プロミスの瞬フリは、提携銀行によって振込が反映される時間が違ってきます。

三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止期間
月~金 0:00~24:00

24時間受付

瞬フリ

受付完了から10秒程度

毎週日曜日21時~翌月曜日7時

元日は終日サービス停止します

その他の銀行

曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止期間
月~金 0:00~9:00 当日9:30頃 毎週月曜日0時~7時

元日は終日サービス停止します

9:00~14:50 振込キャッシング

受付完了から10秒程度

14:50~24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00~24:00 翌営業日9:30頃
おすすめは、上記の表のように三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関なら元日と日曜日の21時~月曜日の7時を除いて24時間何時でも振り込みが反映されるので、プロミスの振込キャッシングを利用したい時は、この2行に口座を作っておく事をおすすめします。

アコムの振込融資

アコムを利用している人が振込融資を希望する時は、インターネットを使ったWeb申込や、自動契約機を利用すれば振り込み融資が可能です。

ただし、振り込み融資を希望する時は、契約完了後に「振り込みキャッシング」の申込が必要です。

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 ? 日曜・祝日 0:10 ? 23:50 受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行 月曜 ? 金曜 0:10 ? 9:00 当日 正午頃
9:00 ? 14:00 当日 17:00まで
14:00 ? 23:50 翌営業日 正午頃
土・日・祝日 0:10 ? 23:50 翌営業日 正午頃
銀行・信用金庫 月曜 ? 金曜 0:10 ? 9:00 当日 9:30頃
9:00 ? 14:30 受付完了から1分程度
14:30 ? 23:50 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 ? 23:50 翌営業日 9:30頃

アコムの即日融資で申し込みをした時は、一般銀行の口座で「振込融資」を利用する場合、平日の午後2時までに契約が完了している必要があります。契約が完了していれば指定口座へ1分程度で振り込みが完了します。

アコムで振込融資を希望する時は楽天銀行に口座を作っておく事をおすすめします。楽天銀行に口座があれば24時間365日振り込みが可能になるので、急にお金が必要になってもいつでも借り入れは可能です。

アイフルの振込融資

アイフルの振り込み融資は、平日14時10分までにすべての手続きを完了しなければなりません。

平日14時10分以降に振り込みを依頼した場合や、平日14時までに契約を完了できなかった場合、即日振込が出来ず、翌営業日の振込になります。翌日が平日なら翌日に振り込まれますが、もし翌日が土日祝日の場合は翌営業日になります。

アイフルの振り込み融資は、プロミスやアコムのような24時間何時でも利用できる提携銀行がありませんが、居ながらにして振り込みが依頼できるというメリットがあります。

提携コンビニATMならアイフルのローンカードを使って24時間何時でも利用できますが、その都度1万円以下は110円、1万円以上は220円の手数料が必要です。

無駄な出費を覚悟してATMキャッシングをするか、手数料無料の振込キャッシングを利用するか、都合によってどちらを選ぶかを決める必要があります。

SMBCモビットの振込融資

SMBCモビットで振り込み融資を希望する時は、アイフルと同じで、一般銀行の口座振り込みは、平日の午後2時50分までに振り込み手続きをすれば、振り込み融資が可能です。

SMBCモビットは土日・祝日の振り込み融資は出来ませんが、ローン契約機でカードを発行してもらう方法や、スマホを使ったATMキャッシングならいつでも即日融資が可能です。

土日・祝日でも利用できる「スマホATM取引」が便利

SMBCモビットの振込キャッシングは、銀行の営業時間に限られるので、平日の3時以降や、土日祝日は即日振込が出来ません。

平日の午後3時以降や、土日・祝日に借入をしたい時は、ローンカードを使って提携ATMからお金を引き出す方法でした。

SMBCモビットでは新しくスマホアプリが利用できるようになり「スマホATM取引」をインストールしておけばカードは不要で、セブン銀行ATMから借り入れや返済が出来るようになっています。

マネー案内人
マネー案内人
「スマホATM取引」を利用すればローンカードが不要ですし、スマホさえあればセブン銀行のATMから借入や返済のどちらの取引も可能です。

セブン銀行ATMは全国に23,000台以上設置されているので、会社の行き帰りや買い物ついでに見つける事も出来ますし、地方へ出張や旅行に出かけた時でも駅やショッピングセンターですぐに見つけることができるので「スマホATM取引」をインストールしておけば、SMBCモビットの利便性はかなり高くなります。

まとめ

振込融資は店舗やコンビニATMへ出向くことなくお金が借りられるという利便性があります。ただ、消費者金融が提携している銀行によっては、銀行の営業時間外や、土日・祝日に融資が出来るところは限られています。

銀行の営業時間外にお金を借りる必要がある時は、提携ATMを利用するしか方法はありません。

カードローンでお金を借りる時は、状況によって振込融資とローンカードを使って提携ATMの両方が利用できるようにしておく事をおすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...