消費者金融

学生でも消費者金融で借りられる?親に内緒で借りるコツとは

消費者金融を学生が使うには?

学生でも消費者金融でお金を借りることが可能です。20歳以上で一定の収入があることが条件ですが、親にも内緒で借りられます。気を付けたいのは郵便物で、特に実家暮らしの人はこの点だけは注意しておきましょう。

また、学生の場合には高額の融資はあまり期待できません。返済のことも充分に考えたうえで借りましょう。返済に遅れると、親に発覚するリスクが高まるので要注意です。

学生が消費者金融に申し込む際の注意点

年齢が20歳以上であること

就職していない学生であっても、消費者金融からお金を借りることは可能です。ただし、20歳以上であることが申し込み条件です。

一部の銀行のクレジットカードでは20歳未満でも親の同意を得たうえでキャッシング枠を付帯させることができるケースもありますが、消費者金融では通常あり得ません。

たとえアルバイトをしていて毎月安定した給与がもらえていたとしても、未成年の学生では消費者金融と契約することは不可能です。というのも、未成年は民法で保護されていて、以下の条件で締結された契約は一方的に破棄することが可能だからです。

  • 年齢が20歳未満での契約
  • 法定代理人(通常は親)の同意がない契約

以上の2つ条件を満たす契約は一方的な破棄が民法で認められています。

契約破棄が認められた未成年には、支払いの義務はなくなりますし、これまで支払った分の金額も戻ってきます。

そのため、消費者金融としては親の同意のない未成年との契約には高いリスクがあります。そのため、未成年との契約は基本的に不可能です。一部の金融機関では未成年との契約も可能ですが、非常に限られています。

18歳なら学生ローンという選択肢もある

大都市圏に限りますが、20歳未満の学生でも親の同意なしで借りられる消費者金融として「学生ローン」という業者があります。東京都新宿区高田馬場は学生街として全国的な知名度がありますが、多くの学生ローンがあります。

鉄道の高田馬場駅からも大きな看板が見えるため、高田馬場の代名詞的な存在になっています。

たとえば「カレッヂ」は非常に有名な会社です。セブン銀行のATMが使えるなどの利便性も持っており、しかも「親権者の同意なく、未成年者に貸す」というローンを提供しています。親に知られずに内緒でお金を借りたいという未成年者の申込先はほとんどカレッヂに限定されていると言っても過言ではありません。

この他にも、大阪府や京都府などの学生の多い街には未成年者でも貸付する業者があります。「学生ローン」という看板の掲げている業者を調べてみると良いでしょう。学生を顧客として貸付業務を長年営んでいるという老舗もたくさんあります。

安定した収入があること

学生だけでなく、すべての人に関してお金を借りるには安定した収入があることは絶対的な条件です。収入が不安定な人は返済を継続させるのが困難ということもあり、貸し倒れリスクが高まります。

そのため、学生であってもお金を借りる際にはアルバイトなどの収入があることが条件となります。消費者金融は、保証人が不要で担保も必要ないローンです。業者と利用者との間をつなぐものは利用者本人の返済能力しかありません。

もし借りた人が返済困難になったとき、保証人や担保から資金を回収することができないため、本人に安定した収入があるのは絶対必要な条件となります。

学生の場合は学校に通うというのが「本業」ですので、収入源はアルバイトということになるでしょう。この収入はあまり高くなくても良く、むしろ「毎月もらっている」「ずっとそこで働いている」という実績が必要となります。毎月の給与は5万円もあれば審査通過は可能です。

勤務年数はできれば1年程度は必要と言われていますが、6ヶ月程度でも構いませんし、本人の用立ての緊急性や業者の基準によってはバイトを始めた初日からでも申し込みできることがあります。

通常は「勤務1年以上」「週3日以上」「最低給与は5万円」というのが借りられる基準です。未成年のうちに始めたアルバイトを20歳になってからも継続しているというケースでは有利でしょう。

限度額は控えめ

マネー案内人
マネー案内人
毎日働くことが日常となっている社会人に比べると、学生は信用力や返済能力は低いと見積もられます。学校に通うのが日常であって、収入を得ているのはあくまでアルバイトだからです。
アルバイトはいつでも辞めることが可能ですし、シフト制などで働いているケースでは給与額の安定性にも欠けます。

消費者金融では、利用限度額を審査によって決定しますが、学生であってアルバイトが主な収入であり、年収額も低いときには利用限度額は控えめに設定されることがほとんどです。あまり過度な期待はしないほうが良いでしょう。

ネットに寄せられている多くの口コミ情報からしても、学生が借りられる限度額は10万円です。最も高くて30万円というのが限界です。アルバイト収入が多いときや、何らかのプラス要因があれば、初回から10万円以上の限度額が設定されることもあります。

消費者金融には総量規制という強めの規制がかけられています。これは「年収の3分の1以上を貸してはならない」とする法律で、正規の業者なら必ず遵守しています。アルバイトで毎月5万円の給料をもらっているとすると、年収は60万円となります。

その3分の1は20万円ですので、この額が限界となります。さらに、学生は信用力に欠けるため、総量規制で算出された額よりもさらに低い限度額で契約します。毎月10万円アルバイトで稼いでいるという学生でも、まずは10万円という限度額から始まることが多いのが現状です。

学生証は本人確認書類として使えるか?

消費者金融に申し込みをするときには、本人確認書類が必要になります。このとき、学生証が使えるかどうかということが疑問となりますが、通常は学生証は消費者金融で身分証明書として使うことができません。

多くの消費者金融で、本人確認書類として有効とされるのは以下のような書類です。

運転免許証、個人番号カード、パスポート、住基カードどれも持っていない場合には保険証が本人確認書類となります。ただ、その場合には以下の書類とともに提出することが求められるケースがあります。

住民票、公共料金の領収証、国税または地方税の納税証明書など本人確認書類を提出しなくてはならないのは、犯罪収益移転防止法によるものです。いわゆる反社会的勢力の排除が目的です。氏名や住所、生年月日などを必ず申告してから契約をすることが義務付けられています。

このなかでも学生証に関する有効性を示す記述はありません。アルバイトに申し込むときの身分証明書や、携帯電話の申し込みなどでは学生証でも通用しますが、消費者金融業界ではまったく通用しないので注意しましょう。

基本的には「顔写真の入った公的な書類」が必要と覚えておきましょう。

学生が消費者金融の審査に通るためのポイント

各種支払いの延滞がないこと

クレジットカードや分割払い、金融機関からの借入などの情報はすべて、個人信用情報機関というところに集約されています。ここに消費者の信用情報を金融機関から収集して、それを業界で共有して信用力のある人かどうかを判断しています。

たとえば、クレジットカードを申し込んで、それを利用すると「申し込み・契約・借入状況・返済予定日」などの情報が登録されます。返済すると、また情報が書き加えられます。もしクレジットカードで利用した分の支払いを滞納すると、これを金融事故とみなして記録します。

金融事故を起こすと一定期間、どの金融機関からも契約や新規借入ができなくなります。一般的に「ブラックリスト入りした」と呼ばれる状態となります。

ブラックリスト入りすると通常は消費者金融からお金を借りることはできなくなります。たとえば「延滞」という情報が登録されると5年間登録されることになっており、その間はどこからも借入はできません。

注意したいのは、携帯電話の利用料金の滞納です。携帯電話の利用料金には通常、端末本体の代金の分割払いが含まれます。利用料金の未払いは、分割払いの延滞と同じ意味を持っています。

そのため、料金滞納がブラックリスト入りの原因となることがあります。

通常は、こうした事態を防ぐために催促や督促といった手段を使って支払ってもらうよう携帯キャリアは努めていますが、何らかの不都合があって未払い状態が続くとブラックリスト入りします。

自分で携帯料金を支払っている学生の人は、たかが携帯電話と軽く考えずに毎月遅れずにしっかり支払いしましょう。

他社からの借入額・借入件数が少ないこと

学生の場合、消費者金融を利用しているとしても1社か2社程度で、あまり多くの借入があるとは考えにくいですが、他社からの借入の金額や件数は消費者金融の審査では大きな意味を持つことは知っておきましょう。

総量規制のうえでも重要です。アルバイトによる年収が60万円の学生は20万円までの契約しか結べません。これは1社ではなく、複数の業者にまたがって合算します。年収60万円の学生は、1社から10万円借りていたら、他社からはあと10万円の契約しか締結できません。

また、借入額だけではなく借入件数も問題となります。多くの業者から少しずつ借りているなどといった場合には、総量規制のうえでは問題なくても、件数が多すぎるという理由で審査落ちすることがあります。

消費者金融からの借入は3件が限界で、4件目の申し込みは否決される可能性が高いと言われています。学生で3件も借入している状況は考えにくいですが、限界の件数は知っておきましょう。クレジットカードのキャッシング枠も1件と数えますので注意しましょう。

高額融資を希望しないこと

総量規制は重要な法律で、どの業者も厳しく管理しています。借りすぎ・貸しすぎを防止するための法律で、もし違反すると厳しい罰則が待っているため、どれほど小さい業者でも必ず守っています。学生ローンも同様です。

そのため、あまり高額の融資を希望すると、それだけで審査で否決されてしまいます。自分の年収の3分の1を超えない額で希望を出しましょう。また、3分の1ギリギリになる申し込みも危険です。

バイトの年収が60万円なのに20万円の希望額を申し込むと、業者のほうから「どうしてこれだけの金額が必要なのか」「借入する理由は何か」と聞き取り調査されることがあります。社会的通念に照らして無理もないと思われる借入でない限り、年収に比べて多すぎる借入額の申し込みは危険と考えましょう。

マネー案内人
マネー案内人
学生は10万円程度の限度額を希望しておくのが無難です。

まずは契約して、実際に借りて返済することで実績を作ってから増額の申請をしましょう。契約時に欲張らないほうが審査には通りやすくなります。

同時に複数の申し込みをしないこと

短期間のうちに複数の申し込みをしてしまうことで、ブラックリストに入ったのと同様に審査に通らなくなることがあります。「申し込みブラック」と呼ばれる状態で、本来なら通るはずの審査に通らなくなりますので注意しましょう。

短期間に複数の業者に申し込みしている人に対して、金融機関は「お金を借りようとして必死な人」と考えます。お金に困っている人であって、返済能力に不安があるとみなされてしまい、それだけで審査に落とされてしまいます。消費者金融の審査で「必死さ」が見えてしまうのは危険です。

この申し込みブラックという状態は、申込期間や件数についても基準は各業者でまちまちですが、一般的には「1ヶ月から3ヶ月の間に」「3社以上」と設定されていることが多いと言われています。

1ヶ月の間に申し込むのは2件までと覚えておきましょう。2件とも否決されたら、何かしら自分の状態がリスキーだと思われているということです。

収入を増やす・今ある借入を減らすなどの努力をしたうえで6ヶ月待ってから別の業者に申し込んでみましょう。できるだけ難易度の低い業者を選ぶことも大切です。

親バレしないために必要なこと

Web完結で申し込む

学生が消費者金融を利用するときに、最も注意したいのが親バレでしょう。とはいえ、これを回避するのはあまり難しくありません。まずはネットだけで申し込みから借入まで済ませる「Web完結」という方法で申し込みをしましょう。

これによって申し込みの事実だけでなく、自宅への郵送物をシャットアウトできます。

重要なのは「カードの受け取り」です。これは受け取りだけ店頭で行うようにすれば誰にも知られることなく契約できます。店頭はリアル店舗でも良いですが、大手の消費者金融が設置している無人契約機でも受け取ることが可能です。

Webで申し込んで、ネットで必要書類を提出して無人契約機でカードを受け取るというのが、他人に最も発覚しにくい方法です。「カードなし」を選択することもできる消費者金融も数多くあります。

注意しておきたいのはアコムです。アコムは「必ずカードを発行する」業者です。そのため、無人契約機に行ってカードを受け取るという手間がかかります。

Web完結で申し込みすると、スマホやパソコンを使って契約して借入も可能になります。ただ、銀行振込で借りると履歴が残ってしまいます。それを防ぐにはカードを使ってコンビニなどのATMから借りるというのが最も有効です。

カードを発行してもらったほうが後から便利ということは多いので、ここは自分なりに良く考えてみましょう。

自宅への郵送物を断る

消費者金融からお金を借りるときに、カード発行に並んで大きなものに契約書類の郵送があります。郵送物には業者名が記載されることはありませんが、家族と同居している際には怪しまれることがあるため、郵送物はない方向で考えたほうが良いでしょう。

現在は多くの消費者金融がネットで契約して、明細もネットで済ませるところがほとんどです。申し込みのときに「郵送物なし」を選択できるようになっていますので、家族バレを防ぐためにも郵送物はカットしましょう。

残るのはカードの受け取りのみにします。消費者金融も大手になると学生からの申し込みも数多くあります。「親にバレないようにしたい」と申し出ると、どのようにしたら良いのか教えてくれます。

借金は本人だけに属するもので、借りている事実を他人に不用意に漏らすことは法律違反です。そのため、業者のほうでも家族にバレないために工夫してくれます。大手はそういった相談にも慣れているので、上手に親バレを未然に防いでくれます。

連絡先として携帯電話を登録する

カードローンを申し込みすると、本人が申し込んだことを確認するため、登録された電話番号に担当者から直接電話が掛かってきます。消費者金融の担当者と実際に話をするのは、この本人確認だけというケースがほとんどです。

このとき自宅の固定電話を登録してしまうと、自分以外の家族が電話に出てしまう可能性がありますし、電話しているところを聞かれてしまう危険もあります。そのため、連絡先として登録するのは携帯電話・スマートフォンにしましょう。

ただし、携帯電話のみを登録すると、これも怪しまれる可能性があります。自宅の固定電話も申し込みのときに申告するようにしましょう。もし固定電話を知らせたくないのであれば、あえて空欄にしても良いでしょう。

そのときには審査の担当者から「自宅の電話番号はないのですか?」と質問されます。携帯電話のみで固定電話はないと回答しても、審査に影響しないケースもあります。ただし、学生の場合にはなるべく自宅の番号も知らせておいたほうが良いでしょう。

在籍確認が必ずある

学生が申し込みをするときでも、しっかり働いている実態があることを証明するために職場の連絡先を登録して、そこへ審査の担当者が電話連絡します。これを「在籍確認」と呼んでいます。これは審査のうえでは非常に大切な工程とされており、学生バイトでも避けるのは困難です。

もし収入がない学生が、働いていると虚偽申告して申し込みしたときに、業者は大きなリスクを背負うことになるため、在籍確認は必ず実施することになっています。

あまり気持ちのいいものではありませんが、消費者金融は上手に連絡して、申し込みの事実が発覚しないようにしてくれます。具体的にはバイト先に個人名で電話を掛けて、本人を呼び出してもらうという形をとります。

このとき、本人が職場にいなくても、電話に出た人が「今日はお休みしております」「外出しております」などと答えれば、それで確認は取れたことになっています。

注意したいのは、チェーン店で働いていて、職場を本社などにしてしまうケースです。このとき、審査担当者が本社の人事課などに連絡したときに、現場のバイトの名前まで把握していないことが多いため、在籍確認が取れないことになってしまいます。

必ず自分が働いている現場の電話番号を申告しましょう。

派遣で働いている学生の場合には、派遣先の電話番号よりも派遣元の番号のほうが在籍確認が取りやすいです。

返済に遅れない

学生が消費者金融から借入するときに最重要と言ってもいいのが、絶対に返済に遅れないということです。学生個人それぞれで違いますが、どうしても若い人は責任感が足りない傾向があります。

「ちょっと遅れるくらいいいだろう」と考えてしまいがちで、学生が返済に遅れることは非常に多いことが金融関係者からも報告されています。

業者としても、利用者のプライバシーは尊重しており、家族やバイト先に発覚しないように配慮してくれますが、返済に遅れた場合にはその限りではありません。最初は連絡先として登録した携帯電話に掛かってきますが、ここで折り返しの連絡がないときには問題となります。

催促電話は早いところでは1日でも遅れると掛けることにしています。遅くとも3日以内には必ずかかってきます。ここで対応できていれば問題はありませんが、もし折返し連絡がないときには、家の固定電話に連絡が来ます。

また、返済せずに無視していると、登録した住所に督促状が届きます。もし親や親族と同居している家を登録住所としてれば、届いた督促状から借金が発覚します。

もし返済が遅れそうなときには、先に自分のほうから連絡しましょう。いつなら返せるのかを正確に伝えましょう。また、多くの消費者金融では最低返済額以内でも利息額以上であれば、返済日までの支払いがあるときには延滞とはみなしません。

フリーダイヤルに連絡して、今月は利息だけの返済になると伝えておきましょう。

実家住まいの学生は特に注意

賃貸などで一人暮らしをしている学生ならば、あまり親のことは考えることなくお金を借りることが可能です。世帯が別になっていれば、もう社会人とほぼ同様ですので心配することはありません。

しかし、親と同居しているときに内緒でお金を借りる場合には細心の注意が必要になります。まずは自動契約機で契約することです。

親に内緒の借入が発覚する最も大きな危険は、ローンカードが郵送されてしまうことです。それを防ぐためにも自動契約機を使って契約して、その場でカードを受け取りましょう。

カードを使って借入・返済すると銀行の預金通帳などにも履歴が残りません。明細書の発行も危険ですので、必ずWeb明細を利用しましょう。ATMから出力される明細書も確認したら、なるべく捨てるか見つからない場所に保管しましょう。

注意すべきなのは地方銀行のATMを使うケースです。数は少ないですが、地方銀行の一部には利用すると必ず明細書を郵送するところがあります。

連絡先は必ず自分の携帯電話にすることや、審査結果の通知をメールにすることも重要です。実際の利用では自宅から離れた場所のATMで借入・返済をしましょう。思わぬところからバレることがあります。充分に注意しながら利用しましょう。

まとめ

学生が消費者金融を利用する際には、あまり大きな限度額は望めません。在籍確認が必ずあるので注意しましょう。親バレは本人が気を付けていさえすれば回避できます。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較