お金を借りる方法

カードローンでお金を借りる時の限度額はいくら?増やす事は出来る?

カードローンでお金を借りる時の限度額はいくら?

カードローンを利用する時、いくらまで借りられるか気になるところです。カードローンの申し込みをした時、どれくらいまで貸してもらえるかが決まります。

この貸してもらえる上限を融資限度額と言い、審査によって決まります。

大手銀行などでは最大限度額1,000万円とか1,200万円というカードローンもあれば、大手消費者金融のように融資限度額800万円という高額融資が可能になっていますが、誰でもこの限度額で借りられるわけではありません。

実際のところいくらまで借りられるのかを調べてみたので、カードローンを申し込む時の参考にして下さい。

限度額はどうやって決まる?

借入限度額がいくらになるかは実際に申し込んでみないとわかりませんが、借り入れ限度額が決まるためのいくつか基準となる要素があるので、それを知っていればどのくらい借りられるのか、ある程度予測ができます。

消費者金融や信販会社のようなノンバンクと呼ばれる業者は、貸金業法の対象になっているので、借入限度額を決める基準として総量規制の影響を受けます。

2010年の貸金業法の改正によって追加された法律で「個人の借入総額は年収の3分の1以内」と制限される事になった法律で、ノンバンクのカードローンの借入限度額は、年収の3分の1を超えることはありません。

たとえば、年収300万円の方が、プロミスなどの消費者金融へ申し込みをした時、最大融資限度額は100万円が最大融資限度額になります。

ただし、初めてカードローンを利用する人は、利用実績がないため、初回契約時の限度額は低めの設定になるので、いきなり100万円が限度額になる事はなく、10万円~30万円ていどから始まるといわれています。

また、総量規制の年収3分の1というのは、1社だけの事ではなく、他社借り入れがある場合はその借入残高と併せた合計になるので、すでに借り入れがあれば、その分を引いた金額が上限になります。

限度額を増やす事は可能?

マネー案内人
マネー案内人
借入限度額は申込者の属性によって決まりますが、一度決まればずっとそのままというわけではありません。

最初の契約時の限度額は低めの設定なので、利用を続けることで増額が可能になりますが、増額するにあたって、いくつかの条件をクリアする必要があります。

増額に関しては、

  1. 自分から申請するパターン
  2. 自動的に増額されるパターン

の2種類が考えられます。

自分から申請する場合、ホームページの会員専用ページや電話などで申請することができます。

増額する方法はふたつ

増額をするにはふたつの方法があります。

ひとつはカードローンの契約をすると、貸金業者は定期的に、申込者の個人情報や利用状況などを定期的に調べ、もう少し貸し出しても大丈夫だと判断した場合に増額の案内を出します。このようにカードローン会社から案内がきた場合、そのまま増額申請をして、限度額を増やす事が可能です。

案内が届いていない時は、まず担当部署に電話をかけて、増額申請が出来る角化を相談してみるのが1番確実です。

もう一つの方法は、増額の案内が来ない時は、自分から増額申請をする方法です。

自分から申請をする場合は、増額審査を受けなければなりませんが、その時も同じように優良顧客として認めてもらう必要があるので、申し込みにあたってクリアしておかなければならない事があります。

増額申請をする前にクリアしておく事

最も手軽に増額する方法は、カードローン会社が優良顧客と認めた人に増額の案内を出しているので、増額案内があるのを待ち、それが届いてから申請するのが最も簡単です。

ちなみに優良顧客と認められるのは

  1. 約してから半年以上、継続的に利用している方。
  2. 遅延や延滞を起こさず、返済期日には間違いなく返済を済ませている方。
  3. 毎月決められた最低返済額だけでなく、繰り上げ返済などで、早期返済に努めている方。
  4. 社で新たな借入をしていない方。

は優良顧客として扱われ、カードローン会社から増額の案内があります。

限度額の増額案内が届いていれば、会員サービスにログインし、増額メニューより限度額の増額ができますし、自動契約機などで「増額しませんか?」という案内が来ている場合は、続けて手続きをするだけで増額申請が可能です。

次に増額してもらえる金額はいくらなのかが気になるところですが、増額が可能となっても、いきなり年収の3分の1近くまで増やす事にはなりません。

一回の増額申請で、増額できるのは10万円程度と言われているので、増額申請を重ねる事によって、借入限度額を上限一杯まで増やせるようになります。

ですから、増額可能の案内が来た場合でも、希望通りの金額に増額できるとは限らない事を承知しておく必要があります。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは銀行法が適用され、貸金業法の対象になりません。

ですから、銀行カードローンは総量規制の影響を受ける事はなく、それぞれの銀行で独自の基準があり、それに基づいて審査を行い、融資限度額などが決まりまるので、審査にとおればいくらでも融資が受けられましたが、2017年から銀行の過剰融資が問題になり、銀行の自粛が始まったため、これまでのように借りられなくなり、今まで以上に審査が厳しくなっています。

まとめ

大手消費者金融貸し出し基準はほとんど変わっていませんが、銀行カードローンで融資を受ける事はこれまでと違って厳しくなっています。

一つは、収入証明書類の提出にあたっては100万円、200万円、300万円までの借り入れ希望額の時は収入証明書類の提出は不要でしたが、2017年の後半から、収入証明書類は消費者金融と同じく、50万円以上の借り入れ希望額や他社借り入れがある時は、その借入残高と併せて合計100万円以上になる時は、収入証明書類の提出を求められます。

また、審査方法が変わったため、銀行カードローンで即日融資が出来なくなっています。

このように銀行カードローンで借りる事が難しくなっているので、手軽にお金を借りたいときは、大手消費者金融がおすすめです。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...