お金を借りる方法

身内からお金は借りやすい?義母にお金を借りる時の口説き方

身内からお金は借りやすい?義母にお金を借りる時の口述を伝授

お金を借りなければならなくなった時、自分の両親に頼むのが一番手軽と思いますが、両親に頼むと小言を言われたり、理由を聞かれたりする事もあります。

出来る事なら、理由を聞かずに貸してもらいたいのですが、親としては心配でついつい聞いてしまうものです。

そこで「義母なら何も言わずに貸してくれそう」と思い、義母に借金を頼む人もいますが、血のつながりのないだけに、お金の貸し借りについては義理の親子関係を崩さないためにも注意が必要です。

今回は親や義親など身内からお金を借りる時に注意しなければならない事を紹介します。

義母からお金を借りるメリットは?

義母は自分の娘や息子の家庭が生活費や教育費などで困っている時、何とかしてあげたいという気持ちがあります。

義母にお金を貸してもらうと

返済期日はあってないようなもの

マネー案内人
マネー案内人
義母からお金を借りる時は、一応「○○までに返すから」と言うように、口約束だけで借りられますし、返済日に遅れたからと言って、催促される事もありません。

カードローンなどでお金を借りると、契約書を交わすので、何が何でも返済しないと、場合によっては財産の差し押さえをされる可能性もありますが、身内から借りるとそんな心配はありません。

借りたお金だけを返せばよい

身内や義母からお金を借りても、借りたお金を返すだけでよく、利息を支払う約束をすることはまずありませんし、子供ためなら貸したお金が返ってこなくてもよいという思いで、貸してくれる義母もいるでしょう。

家族からお金を借りるメリットは「返済期日を決めなくてもよい」「利息を要求されることはない」というようなメリットがあります。

借りる時の口説き方

お金を貸してもらう時は正当な理由があれば頼みやすいですが、理由がいえない時はどんな理由を付けたらよいか悩んでしまいます。

そんな時の口説き方として、孫のためにお金が必要という理由なら、何も言わずに貸してもらえるかもしれません。自分の息子や娘以上に孫というのは可愛いようで、孫のためと言えば疑うことなく貸してもらえるでしょう。

しかし、貸す側にすれば、理由はどうあれ、困っているのなら貸してあげたいと言う気持ちがあるのに「なぜ嘘をつく必要があるのか」と悲しくなってしまいます。

お金に困った時の状況は、様々ですが、どんな場合でも嘘をつかずに、聞かれた時は正直に理由を話した方が自分のためでもありますし、貸す側のためでもあります。

堅苦しいようでも後々のために借用書は書いておく

「身内の間で借用書は必要ないのでは?」と考える人もいれば、「身内だから後でトラブルにならないためにも借用書は必要」という方も考える人もいます。

たしかに、自分の親なら血のつながりがあるから、トラブルに発展する可能性が少ないですが、義親や義母から借りる時は少し状況が変わってきます

自分の親に頼むのと違って、義母や義親とこれからもよい関係を続けたいのなら、簡単な借用書でもよいので書いて渡しておくことをおすすめします。

借用書の書き方

両親にお金を借りる場合、口約束だけで借りる場合が多いので、借用書を書く人はほとんどないと思いますが、義母は身内ではありますが、あくまでも他人です。

ですから、義母に頼む時は、トラブルを避けるためにも、簡単な借用書を書いて渡しておきましょう。

借用書と呼ばれるものは

  1. 「借用書」
  2. 「金銭消費賃借契約書」

があります。

どちらも効果は同じで、便宜上、金銭消費賃借契約書も借用書と呼ぶこともあります。

念のために渡すのなら借用書でもOK

マネー案内人
マネー案内人
借用書は出来るだけ簡単に済ませたい場合に使用します。借用書は、いついくら借りたとか、返済のルールなどを記す書類で、借りる側が1通作って貸す側に渡します。

相手が信頼できる身内や友人との間の貸し借りで、念のために簡単な書面を残したいという場合は自作の借用書で十分です。ただ簡単につくるといっても、要所だけはおさえておく必要があります。

できるだけ新プリな書面にしたい場合は、

  • 書面のタイトル「借用書」など
  • 貸し主の指名
  • いつ借りたか:借主が金銭を受領した日付=借用書の作成日になるのが原則です。
  • 借りた金額:金額は書き換えを防ぐためにも、漢数字で書く必要があります。
  • 借主がお金を受け取った事の明記
  • 返済方法や期日:返済方法は、定めがない場合は持参になります。銀行振込にする場合は、銀行名や口座番号も書いておきましょう。
  • 借用書の作成日
  • 借主の住所氏名捺印:確実性を高めるためにも、氏名住所は必ず自筆してもらいます。捺印は署名と重ならない位置に押します。

借用書は原則として借主が作って貸主に提出しますが、貸主が雛形を作って、借主に確認の上署名してもらっても構いません。

まとめ

自分の知らないところで、親や義親からお金を借りているという事がわかった時、「なぜお金を借りなければならなかったのか」「親や義親に頼む前に、なぜ相談して呉れたかったのか」など複雑な気持ちになります。

身内や親せきにお金を借りれば、利息を払う事もありませんし、返済を厳しく迫られることもありません。

しかし、何度も言うようですが、お金の貸し借りでトラブルに発展する事も少なくありませんし、トラブルになってしまうと修復する事も出来なくなります。

どうしても、お金を借りたい時は身内や知人を頼らず、カードローンで借りる事をおすすめします。カードローンなら保証人は不要なので、誰にも知られずお金が借りられます。

またカードを作ってしまえば、その限度内なら何度でも借り入れが出来るので、急にお金が必要になった時でも心配ありません。お金が必要になった時は、身内との関係を良好に続けるためにも、カードローンで借りるのもひとつの方法です。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...