お金を借りる方法

自己破産した破産者がお金借りることはできる?審査の甘いところを探しているなら

マネー案内人
マネー案内人
過去にお金を借り過ぎて、返済が出来なくなり、やむなく自己破産に至ったという人も少なくありません。免責を受ける時は裁判所から「2度と同じ繰り返しをしないように」と言われますし「2度とお金は借りない」と決意する人も多いです。

しかし、しかし長い間には、お金どうしてもお金を借りなければならない場面の遭遇する事もあります。「自己破産しているから、借りるのは無理」とあきらめる必要はありません。

自己破産社でもお金を借りられるの?

消費者金融の中には、自己破産をしていても、審査に通ればお金を貸してくれるところがあるので、心配する事はありません。

自己破産後にお金を借りたい

自己破産をされると信用情報に事故情報として記録され、事故情報が記載されている間は審査を受けても審査を通る事はありません。個人情報から自己破産の登録期間は5年から10年ほど必要でこの期間を過ぎれば事故情報は信用情報から削除されます。

事故情報が消えるのは通常5年~10年とはいわれていますが、実際に自己破産後に5年でキャッシングできた人もいれ「3年でお金が借りられた」と言う人もいますが、やみくもにお金を借りる所を探しても、まず断られるケースが多いと思います。

カードローンはパートやアルバイトで収入が低くても、安定した収入があればCMで有名な大手消費者金金融で借りられる可能性が高いのですが、過去にブラックや自己破産などの債務整理を行なった場合は、大手消費者金融で借りられる可能性はほとんどありません。

カードローンの申し込みをすると、審査時に信用情報機関に身元を照会するので、その時点で自己破産していたことが発覚してしまい、その場で審査は終了してしまうので、申込先を選ぶ必要があります。

自己破産者がお金を借りるための条件

マネー案内人
マネー案内人
自己破産をした人が、新たな借入をするための条件として「免責」が下りていることが条件になります。

免責前に貸してしまえば、破産債権一覧表に入れられてしまい、破産対象の債権者になる可能性があったり、「免責」が下りなかったりする事もあるので、「免責」前に貸してもらえることはありません。

「免責」が下りると借りていた貸金業者は損金処理をするので、その日から5年~10年で信用情報の記載が消されます。免責確定日から5年~10経過すると信用情報機関の個人情報から事故情報は消えているので、自己破産をした時に債権者となっている業者以外のところなら、借りられる可能性は高くなります。

しかし「免責」が下りてから、5年を待たずに急にお金が必要になってしまう事もあります。そんな時でも、「ヤミ金」以外で融資をしてくれる正規の貸金業者も存在するので、心配する必要はありません。

事故情報が消えない会社には申し込まない

免責確定日から5年~10経過すると信用情報機関の個人情報から事故情報は消えて、新たな借入も出来るようになります。しかし、返済トラブルがあった同じ融資会社から借りようとすると、社内に過去の情報が残り続けるので、あらたな申込をしても即審査落ちしてしまいます。

当然の事ですが、一度返済してもらえなかった事実があれば、再度お金を貸すことができないので、わざわざ、過去にわだかまりのある債権業者へ申込む事はせずに、今まで取引がなかった金融機関を選ぶ事がポイントです。

事故情報が残っていてもお金を借りたいときはどうする?

一般的に、債務整理をして、5年~10年を経過すれば、どこへでも申込が出来ますが、自己破産をして「免責はおりているけれど、すぐにお金が借りたい」という事もありますが、そんな時は、どうすればよいのでしょう。

消費者金融は銀行カードローンに比べて、審査が緩いと言われています。消費者金融には、大手消費者金融と中小消費者金融があります。

大手消費者金融は、中小消費者金融と比べて総量規制の改正後は、審査が厳しくなっているので、借り安さを考えると中小消費者金融なら、自己破産をしていても借りられるところはあります。

大手消費者金融と中小消費者金融の審査の違い

最近は大手消費者金融や中小消費者金融の多くは、インターネットでの申込みを受付けています。ですから、申込をするために店舗にわざわざ出向く必要がなくなっているので、利便性から見ても、大手消費者金融と中小消費者金融との利便性は、さほど差はなくなってきています。

では「なぜ中小消費者金融がおすすめなの?」という事になりますが、大きく違うのは借入れの際の審査方法です。

大手消費者金融といえば、銀行グループの傘下に入っているところが多く、たとえば「プロミス」「アコム」「アイフル」「モビット」などが大手消費者金融と呼ばれています。大手消費者金融は、無理な貸付はしないので、借りる方からみれば審査が厳しいと言えます。

大手消費者金融の審査方法は、コンピューターを使い、スコアリングシステムで審査を行っています。スコアリングシステムとは過去に借入れをした人たちのデータから「融資が可能か、いくらまでなら貸しても良いか」という判断が、わずか数分で解るようになっているシステムです。

たとえば、申込者の年収や勤務状況などのデータがあれば、これまで蓄積されたデータの中から、優良顧客のデータに近ければ、審査に通る可能性は高くなります。

反対に同じような状況で、延滞を起こした事が有るような顧客のデータに近ければ、審査に通る事が厳しくなります。大手消費者金融の審査方法は、マニュアル通りに行われるので、審査基準にそぐわなければ、即断られてしまいます。

一方、中小消費者金融は、大手のようにコンピューターシステムを導入しているところはあまりなく、審査方法は、昔から続けてきた対面形式での借入れ審査をして言うところが多いです。

中小消費者金融は、本来地元を中心に、地域密着型の貸金業を行っていましたが、最近ではネット申込を採り入れる事によって、全国展開をしているところが増えています。審査は対面形式で行っているところが多く、コンピューターを採り入れているところはそれほど多くはありませんが、即日融資が可能な中小消費者金融も増えています。

中小消費者金融でも、自社の審査基準を基にして審査を行いますが、過去のデータだけにとらわれずに審査を行っているところも多く、対面形式ならではの良い面があります。

たとえば、過自己破産をした事がある人なら、大手消費者金融だと、ほぼ審査で落とされてしまいます。

しかし、対面形式の審査なら、

  • 「なぜ自己破産をしたのか」
  • 「最近の状況はどうなのか」

という事を細かく伝えることができるので、現状の収入状態や生活環境がよければ融資が受けられる可能性が出てきます。

返済出来なかった理由が、正当な理由だと判断された場合は、過去の事にとらわれず、融資をしていますし、大手で借入が出来なかった人にも、積極的に融資をしているところが増えているので、自己破産で「免責」さえ降りていれば、中小消費者金融なら、融資をして貰える可能性があります。

まとめ

一般的にはあまり知られていない中小消費者金融ですが、顧客獲得のために努力を続けているためにサービスも向上し、ますます大手消費者金融に近づいています。

以前なら電話や直接店舗まで足を運ばなければ融資を受ける事ができませんでしたが、現在は中小消費者金融のほとんどが、インターネットから申込みもできますし、まだ少ないですが、即日融資にも対応しています。

申込先を大手だけに絞らず、中小消費者金融まで範囲を広げれば、十分に借りられる可能性が出てきます。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...