お金のコラム

自動車学校の受講料がないときにお金を工面する方法

自動車学校の受講料がない!お金を工面する方法

早い人なら高校を卒業する前に運転免許証を取得する人も少なくありません。また、大学生になると夏休みや、夜間を利用して教習所へ行く人や、最近では夏休みを利用して「教習所の合宿」で免許を取得するという人も増えています。

しかし、運転免許証を取るために、教習所へ通ったり、合宿に参加して取得したりするにしても、結構な費用が掛かります。

自動車学校へ行くだけのお金を蓄えている人は、何の問題もありませんが、「運転免許証を取りたいけれど、手持ちのお金が無い」と言う人はどうすればよいのでしょう。

ここでは、運転免許証を取るにはどれくらいの費用が必要なのか、またそのお金を工面するにはどんな方法があるのかを紹介するので参考にしてください。

運転免許証を取るのにどれくらいの費用が必要?

まず、運転免許証の取得にどれくらいの費用が必要になるかという事ですが、自動車学校の受講料は地域によって違いがありますが、通学教習なら22万円~35万円程度必要で、マニュアルなら30万円~35万円、オートマ限定になればマニュアルより2万円程度安くなります。

ただし、これは追加試験がない場合で、再試験を受けるためには追加料金が発生します。ちなみに、教習所によって技能試験や筆記試験、路上講習の追加料金がないというところもあるので、そういう教習所で申込が出来ればかなりお得感はあります。

マネー案内人
マネー案内人
また、通学教習以外に合宿教習を取り入れている教習所もあり、「合宿教習」になると、通学教習より8万円~10万円程度安くなるようです。

ただし、通学教習にしても合宿教習にしても、2~3月、7月~8月は料金が高くなる教習所も多いので、少しでも安く上げたいと思うのなら、その時期を外す事がポイントです。

教習所の費用を工面する方法

では教習所へ行くと決めたら、まずは教習所へ通う為のお金を用意しなければなりません。運転免許を取るための費用は一時的にお金を借りて、費用に充当するという人がほとんどです。

では、教習所の費用を工面するには方法としてどんな方法があるのでしょうか。

教習所のローンでお金を借りる

教習所によっては、ローンを利用できるところもあるので、そのようなローンを取り扱っている教習所なら、手軽に申込が出来ます。教習所のローンはセディナやセゾンカード、エスポカードといったクレジット会社と提携しているところがほとんどです。

ちなみに、教習所ローンの支払いは「月1万円~2万円程度で、返済回数は12回~24回払い」にするのが一般的なようです。

未成年の場合は、親の同意が必要ですが、20歳以上の学生や、一般社会人は安定した収入がある事が条件になります。安定した収入とはどれくらいの年収が有れば良いのかですが、200万円程度の年収が有り、他社で借入が無ければ心配ないと言われています。

アルバイト収入が100万円程度の学生の場合は、そこからローンの返済をしなければならないので手もとに残るのは数万円となってしまい、返済が滞る可能性があるので、審査に通るのが厳しくなります。

条件によっては、保証人が必要になったり、多くの提出書類が必要になったりと、カードローンに比べて手続きが少し複雑になります。

運転免許ローンでお金を借りる

教習所が提携しているローンとは別に、銀行や信販会社の運転免許ローンで借りる事も出来ます。

銀行の運転免許ローンはスルガ銀行の運転免許ローンがよく知られており、金利は9.0%~11.0%と低金利で融資限度額は800万円まで、返済回数は最大で120回までなので、無理のない返済が可能なローンです。

信販会社の「運手免許クレジットとしてよく知られているのは、エポスカードやセゾンカードがあります。

運転免許クレジットは、教習所と提携しているところもありますが、自分で直接申し込む事も可能で、エポスカードの場合返済回数は最大36回まで、セゾンカードは最大48回までとなっているので、アルバイトをしている学生でも無理な返済にはなりません。

エポスカードの「運転免許専用のクレジット」は、高校や大学などの学生は、支払いの開始日を遅らせることが可能で、最長6ヶ月先まで支払いの開始を遅らせることができます。

ですから、半年もすれば就職しているでしょうから、今は手持ちがなくても、卒業後には自力で返済する事が出来ます。

カードローンでお金を借りる

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンで借りるというのも、ひとつの選択肢です。ただし、申込条件としては満年齢が20歳以上で安定した定期収入がある事が条件になります。

消費者金融の場合は借り易いというメリットがありますが、大手消費者金融の金利は上限金利が18.0%と高いのがデメリットになります。消費者金融で借りる場合は総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限があります。

消費者金融場合は、アルバイト収入がいくらになるのかによって、全額が借りられない事もあるので、注意が必要です。

銀行カードローンの場合は、平均金利は14.0%~15.0%程度なので、消費者金融より安く借りられる事や、消費者金融のような年収制限はないので、審査に通れば年収の2分の1でも融資が受けられます。

20万~30万円程度の借入希望額なら、銀行カードローンでもそれほど審査は厳しくないと思いますので、どうせ借りるなら金利の低い銀行カードローンがおすすめです。

「運転免許ローン」とカードローンの違いは、「運転免許ローン」は教習所の費用だけにしか使えませんが、カードローンの場合、利用目的は自由で、融資限度額が決まればその範囲内なら何度でも借りられるというメリットがあるので、日常生活で困った時も安心してお金が借りられるというメリットがあります。

クレジットカードでお金を借りる。

手持ちのクレジットカードで免許費用を払う場合、教習所がクレジットカードに対応しているかを調べる必要があります。

しかし、クレジットカードにはキャッシング枠があります。キャッシング枠を設定していれば、そこからお金を借りて、免許費用に充てることが出来ます。

クレジットカードは18歳の未成年でも、親の同意が有れば作ることが出来るので、高校生でもキャッシング機能を利用して免許費用を工面する事が出来ます。

また、カードを作らなくても、親の利用しているクレジットカードのキャッシング枠で借りる事も可能です。

カードローンは日常生活でも利用できる

このように、運転免許を取るための方法は様々ですが、カードローン以外は運転免許をとるためだけにしか利用できません。

マネー案内人
マネー案内人
カードローンの場合は限度額が決まれば、その範囲内なら何度でも借りることが出来ます。

教習費用に使ったとしても、限度額に余裕が有れば何にでも使えます。日常生活においても、一時的にカードローンでお金が借りられるので、「給料前でお金が少し足りない」と言う場合も、すぐに借りられるので、生活にゆとりが生まれます。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】