お金のコラム

お金を稼ぐ方法│あなたに合ったベストな選び方とは

お金を稼ぐ方法

社会人として、「仕事をしてお金を稼ぐ」というのは基本中の基本ですが、会社の仕事だけをこなしていると今の給料だけでなく、もっと稼ぎたいという気持ちになる人も少なくありません。

仕事以外にお金を作る方法は、昔と違ってインターネットを使えば、誰でも簡単に稼ぐことが出来ます。昔はアルバイトと言えば、仕事を終えてからどこかへ働きに出るというのが、一般的でしたが、今では自宅に居ながらパソコンやスマホを使って簡単に稼ぐことが出来ます。

実際に主婦から学生、定年を迎えた高齢者の方など、インターネットの知識がない人でも、楽をしながら稼いでいます

稼ぐと言っても「空いた時間を利用して手軽に稼ぐ」というレベルから「起業につなげたい」という事を目的に始める人もいます。最終的には、楽しみながら企業に結び付けるのが理想的でしょうが、このふたつの稼ぐ方法について考えてみましょう。

バイト感覚で手軽にお金を稼ぐ

アルバイト、パートは時間に縛られるというデメリットがある稼ぎ方です。時間いっぱい働いても日給は思ったほど稼げません。

バイトと言えば体を使ってお金を作ると思っている人も多く、肉体的にも精神的にも負担が大きく、稼ぐという事がどれだけ大変なのかという事が実感する働き方です。

しかし、現在はインターネット上で様々な、お金の作り方が探せます。パソコンが1台あれば、家でもネットカフェでも場所を選ばずに仕事が出来てしまいます。

「インターネットで仕事を見つけても騙される事が多いのでは?」とか「やった仕事にちゃんとバイト料がもらえるのだろうか?」と言うような不安を持っている人もいます。

「そんな事は全くない」とは言い切れませんが、実際に学生や主婦、高齢者の方など、ネットの知識がない一般人でも、楽をしながら稼いでいるのです。

また、自分の都合のよい時に仕事をすればよく、納品などで時間を指定される事もありますが、基本的には都合に合わせた時間で作業が出来るというメリットも有ります。

ネットでお金を稼ぐためにはメールアドレスは用意しておく

ネットで稼ぐための準備といっても、「メールアドレスを作る」という事だけです。現在手持ちのメールアドレスがあれば、それを利用しても構いませんが、アルバイト用にフリーメールアドレスを作っておく事をおすすめします。

今後、仕事専用に利用する事も出来るので、是非ひとつは持っておきたいですね。

フリーメールアドレスは「GoogleのGmail」や「YahooのYahooメール」なら1分程度で作れるので、仕事専用のメールアドレスを持っておいた方が安心です。

ポイントサイトで稼ぐ

ネットでお金を作ったり稼ぐ方法の中で最も簡単な方法がポイントサイトです。基本的にはワンクリックするだけでお金が稼げるので、誰でも簡単にできます。

しかもほとんど時間をとらないので、電車に乗っている時や、仕事の休憩をしている時、人と待ち合わせをしている時など、ちょっとしたすきま時間を利用できます。

ポイントサイトを上手に使えば、すきま時間がお金を作り出す時間に変える事が出来るので、時間の有効活用にもなります。

アンケートサイトで稼ぐ

アンケートサイトというのは、アンケートに答えてポイントを貯め、それを現金や電子マネーに交換して稼げるサイトです。アンケートには人数制限がある場合があるので、そのアンケートが始まってから、一定のアンケートが集まると、締め切られてしまう事があります。

特にたくさんポイントがもらえるアンケートは人気があります。そういったアンケートは締め切りも早いので、来たらなるべく早く回答するようにする事がポイントです。

クラウドソーシングで仕事を探してお金を作る

上で紹介したアルバイトは、小遣い程度しか稼ぐ事は出来ませんが、本格的に副業で稼ぎたいという人はクラウドソーシングで副業を見つけられます。

既に知っていると言う方も多いと思いますが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」「シュフティ」といったサイトを覗けば、すぐにでも日給1,000~5,000円くらい稼げる仕事は簡単に見つかります。仕事を受注するには会員登録が必要ですが、登録料は不要なので、まずは登録しておく事をおすすめします。

仕事内容は様々な分野から選べるので、自分の得意とする仕事や、やってみたいと思う仕事を選ぶ事が出来ます。また、その気になれば掛け持ちも可能で、会社員と同じ程度の稼ぎも期待できます。

ただし、あまり無理な受注をしてクライアントに迷惑を掛ける事が無いようにする事が大切です。

クラウドソーシングの仕組み

クラウドソーシングの仕組みは、仕事を発注したいと思う人と、仕事をしたいと思う人が交流する場所で、サイトに登録すれば、会員だけが見られる情報なども見られるようになります。特に個人的に契約を結ぶわけではないので、仕事をしていない時は拘束される事はありません。

サイトの登録料や利用料は無料で、仕事をする際の手数料は、仕事の発注者が支払います。ですから、仕事をした人は、手数料を引いた金額を受け取ることになります。

支払い方法は、発注者と受注者が直接行うのではなく、発注者はランサーズやクラウドワークスへ支払いをし、受注者はその中から消費税はシステム手数料を引かれた金が振り込まれます。ですから、直接取引のように、仕事をしたけどお金を払ってもらえなかったという心配はありません。

提供されているサービス

クラウドソーシングサービスには

  1. マルチ型
    メイン案件はシステム構築とデザインで、現在のクラウドソーシングの流れを作ったサービスが含まれます。
  2. デザイン型
    ザイン案件がメインで、チラシからWEBデザイン、イラスト制作など、マンガ、イラストが中心のサービスと、WEBデザイン、印刷物中心のサービスに分かれています。
  3. ライティング型
    記事作成や媒体へのライティングなど、文章を書く事が中心のサービスです。ワーカーにとっては記事作成や打込みなど、スキルがなくても取り組みやすい仕事も多く、サービス提供業者にとっては小遣い稼ぎ程度のサービスから横への広がりも期待が出来る事から、さらに増えていくサービスです。
  4. テスト型
    サイトやアプリなどを実際に触ってバグがないか、使い勝手はどうかをテストするサービスです。

このように提供されているサービスは、スマホが有れば始められるものから、専門知識がなければ始められないサービスなど、様々なサービスが有るので、その中から自分がやってみたい事を選ぶ事も可能ですし、場合によっては起業する事も可能なサービスもあります。

副業でお金を作る時注意する事は?

給料以外のアルバイトでお金を稼いでいる人は、平均4万円前後と言う会社員が多いようで、自由に使えるお金が毎月4万円増えたら遊びや趣味に回せるお金に余裕が出てきます。

ただし、本業があってこそのアルバイトなので、アルバイトをする際には気を付けなければならない事があります。

勤め先にばれないようにする。

勤務先の会社に副業をしている事がばれても問題になる事はありませんか?

案外、副業が禁止にしている会社は多いもので、処分が軽い場合は注意されるだけで済むかもしれませんが、最悪の場合は、就業規則違反という事で、解雇になる場合もあります。アルバイトが禁止になっている会社なら、絶対ばれないような注意が必要です。

アルバイトと本業のバランスが重要

アルバイトに慣れてくると「会社の方は毎月決まった給料がもらえるのだから、アルバイトに時間を使った方が収入は増える」と考える人もいます。

たとえば、アルバイトをしていると、納期を守らなければならないアルバイトの場合、納期に遅れそうになり、本業を休まなければ間に合わないというのは本末転倒で、あくまでもアルバイトはアルバイト、本業あってのアルバイトなので、まちがってもアルバイトを優先して考えるべきではありません。

アルバイトを優先させる考え方は、本業に支障をきたす場合もあるので注意が必要です。

「お金を稼ぐ方法」のまとめ

ネット上にはお金を稼いだり作ったりする方法は無数にあります。ただ、それらすべてが安全という訳ではなく、詐欺的な勧誘をしているサイトもあるので、いかに安全、かつ安心してお金が稼げるかが重要になります。

初心者のうちはポイントサイトなどで小遣い程度のお金を稼いでみて、ネットビジネスのお金の流れや仕組みを理解できるようになれば、ホームページやブログを開設し、アフィリエイトなどでも稼げるようになれば起業する事も夢ではありません。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】