お金のコラム

引っ越し資金がないときにお金を工面する方法

引っ越し資金がない!お金を工面する方法

いざ引っ越しをしようと思ったとき、引っ越したいのに想定以上にお金がかかってしまい、引っ越しをためらってしまうことはありませんか?

会社から引っ越し資金が出るところもありますが、家電製品を新しくしたり、カーテンやテーブルなどの家財道具のお金も余計に出費してしまう羽目になったりすることもあります。

会社から引っ越し資金が出ないとなると、引っ越し費用というのはかなりの出費になってしまいます。

今回は、余計な費用をかけずに引っ越し資金を賢く工面する方法をご紹介します。

引っ越し資金がない時の対処法

引っ越し資金が足りないという状況を考えた場合、「引っ越し費用としてのお金が用意できない」という場合と「多少の蓄えはあるので少しでも安くなれば引っ越しできる」に別れます。

引っ越し費用も多くなれば数十万円程度必要になります。

両親や身内からお金を借りる

引っ越し資金を借りる方法として、一番借り易く、気軽に頼めるのが両親で「子供の為なら」と思う親ならすぐにでも貸してくれるでしょう。しかし、両親が老齢年金だけで生活しているような家庭は「お金を貸して」と口には出しにくいものです。

出来る事なら親に迷惑はかけたくないと誰もが思っている事でしょう。

会社からお金を借りる

大きな会社なら貸付制度があるので、それを利用すればお金が借りられますが、この貸付制度が利用できる会社は少なく、お金を借りる時は上司や経理、社長との直談判で借りる事が多いと思いますが、会社でお金を借りた時は、会社に対してお金を借りている事が頭から離れなくなります。

そのため、支払いが終わるまで負い目に感じてしまうというデメリットがあり、普段なら気にならない上司の一言が「お金を借りているから言いたいことを言われている」と言うような事を考えるようになる場合もあります。お金を借りる時は、会社で借りるのは考え物かもしれません。

インターネットオーククションなどで持ち物を売る

誰にも迷惑を掛けずにお金を用意する方法として、オークションなどを利用して持ち物をお金に換えるという方法があります。

しかしこの場合、まとまったお金を用意するためにはかなりの持ち物を売らなければなりませんし、売り切ったとしても思い通りのお金になるとも限りません。また、売りたいと思っているものをすべて売ってしまうには時間もかかるので、引っ越しする時期が遅れてしまいます。

キャッシングでお金を借りる

誰にも迷惑を掛けず、自分の責任でお金を借りる方法としてキャッシングでお金を借りる方法があります。

以前のキャッシングは暗いイメージや、怖い雰囲気がありましたが、現在はそんなイメージは払しょくされており、銀行カードローンのように安心感のあるカードローンも利用できるようになっています。

キャッシングは消費者金融のキャッシングや銀行カードローンなどで借りる事が出来ます。キャッシングの利用条件は、「満年齢20歳以上で安定した収入がある」方であれば、保証人や担保が不要で、自分の信用だけで借りることが出来ます。

ただし、注意が必要なのは消費者金融で借りる場合は「年収の3分の1以内」と言う制限があるので、自分の収入で引っ越し代金が賄えるかをチェックしなければなりません。銀行カードローンの場合は、年収による制限はないので、審査に通れば年収の2分の1でも借りられる可能性はあります。

申込は運転免許証または健康保険証だけを用意すれば手軽に申込が出来る事や、早ければ申込をしたその日にお金が借りられるという利便性もあります。

プロミスアコムなどの大手消費者金融では30日間無利息キャンペーンなど行っているので、短期の借入であれば、だれにも迷惑をかけないカードローンがおすすめです。

プロミス 468*60
即日お金借りるならどこ?今すぐお金を借りたいあなたへ!消費者金融などの金融機関からお金を借りると言っても、金利や限度額、即日融資のサービス内容がよく似ていて、どこからお金を借りれば良いのか悩...

問題は新しく大学へ通う為に引っ越しをしなければならないという場合です。というのも、キャッシングの利用は「満年齢20歳以上で安定した収入」がなければ申込が出来ません。

まだ入学式も終わっていない学生はアルバイトもしていないでしょうし、年齢も足りないのでキャッシングの利用は出来ない事になります。

しかし、唯一「クレジットカードを利用する」と言う方法があります。

クレジットカードは

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

があり、キャッシング枠ならお金を借りることが出来ます。

マネー案内人
マネー案内人
満年齢が20歳以下なので親の同意は必要ですが「家族カード」を作ってもらえれば、未成年の学生でも最大で50万円程度のお金が借りられます。

学生ローンも親の保証が有れば利用できるところもありますが、安心して利用できるのは「クレジットカード」と言えるでしょう。

引っ越し費用を安くする方法

引っ越しの初期費用を安くする方法は

  1. 敷金や礼金が不要な賃貸物件もあるので、敷金、礼金が不要の物件を探す。
  2. 不動産会社のもち物件は仲介手数料が不要
  3. 契約は出来るだけ月末にする事で、日割り家賃を少なくできる
  4. 家族で保証人になって貰えれば、保証料が不要の物件もある
  5. 家具や家電が備え付けの物件を探せば、家電製品代は不要

というような事があるので、出来るだけこれらの条件に当てはまる物件を探す事をおすすめします。

これらの条件が当てはまらない場合は、家賃を安く抑える事で初期費用を少なくする事も出来ます。

引っ越し費用の目安はどれくらい?

引っ越し費用の目安として一般的に言われているのが、家賃の4カ月~7か月分というのが目安になります。

ただし、これはあくまでも目安で、中には敷金が不要のところや、共益費が必要になる場合もあるので、一概にいくらとは言えませんが、おおむね下記の表を目安にすればよいかと思います

引っ越しの初期費用の平均はどれくらい?

引っ越し資金は最低でも費用が必要になります。

費用 目安(家賃の) 費内容
敷金 0~2か月分 大家さんに預ける費用。退去時のリフォーム代などに使われます。修理費用を差し引いた分は返ってきます。
礼金 0~2か月分 大家さんに御礼として支払う費用。

返金はされません。

仲介手数料 0~1か月分 不動産会社への手数料。不動産会社の持ち物件については手数料が発生しません。
前家賃 1ヶ月分を日割り 月の途中から入居する費用で、月末までの日割りの費用を払うことになります。(プラスして翌月分も支払うこともあります)
鍵の付け替え費用 1~2万円 鍵の変更にかかる費用です。鍵は1~2本もらえます。
保険料 1~2万円 火災や住宅の破損、盗難などための保険。最近では加入を義務づけている物件が増えています。
保証料 家賃の30%~70% 保証人がいれば不要のところもありますが、保証会社を付ける事になっている場合に発生する費用です。

引っ越し会社に頼んだ時の引っ越し費用の相場はいくら?

一人暮らしと家族で引っ越す場合の計算方法により引っ越し資金がいくら必要になるかという中に、荷物の運送料金が含まれます。

引っ越し料金の計算方法は、
引っ越し料金 = 1.基本運賃 + 2.割増料金 + 3.実費 + 4.オプションサービス料となります。

基本運賃

基本運賃とは、引っ越し費用を算出するうえで必ず含まれる部分で、荷物の量や距離、時間で決まります。

距離と時間については、「時間制運賃」や「距離制運賃」によって計算されます。これらは法律によって基準が定められているので、業者によって法外な差が生じるという事はありません。

ただし、これはあくまでも基準なので、すべての業者の統一料金ではありません。業者は基本運賃の上下10%の料金幅で料金を決めることができるため、業者によって20%ほどの格差が生じる事もあります。

割増料金

休日割増や深夜早朝割増、北海道や東北地方では、冬季割増が加算される場合もあります。

実費

荷造り料金や荷物の積み込み、積み降ろし、作業員の人件費などがこの費用になります。

オプションサービス

オプションサービスにはピアノの運搬やエアコン、テレビアンテナの取り外しや取り付け、清掃・不用品処理などがこれにあたります。オプションサービスは業者によってオプションに含まれる内容が違うので注意が必要です。

ちなみに、すべてを人まかせにすれば、それだけ料金が増すのは当然のことです。少しでも費用を安くするためには「自分でできる事は自分でやる」という事がポイントです。

まずは「自分でできること」を探してみましょう。

一人暮らしの会社員が引っ越しする、家族で引っ越しをする時の相場の違い。

新しく会社に就職したため一人暮らしをする事になった時、基本的に荷物が少なく転居先の住居もそれほど広くないので、引越し業者に依頼する時「単身パック」を利用する人も少なくありません。

単身パックは決められたボックス(カーゴ)に詰められるだけの荷物だけ運んでくれるサービスで、トラックへの搬入スペースを計算しやすく、少人数のスタッフと小さめのトラックを使用することから料金が安くなるサービスです。

ちなみに、単身パックの料金相場は、同一市内(30km前後)かどうかで価格が大きく違ってきます。

マネー案内人
マネー案内人
単身パックの相場は、同一市内であれば15,000 円~40,000円程、市外であれば40,000円~60,000円程、県外であれば60,000円~100,000円程が相場の要です。

2人世帯
家族で引っ越しをする場合は、世帯人数で荷物の量が変わるので「単身パック」のように簡単には計算できません。

ちなみに目安として言われているのが、新婚世帯のように夫婦2人の場合、荷物量は2~2.5トントラックが必要で、費用的には8万円~9万円程度になります。

3人世帯
夫婦と子供一人の場合は3トントラック程度になり、費用的には10万円~11万円が相場の要です。

4人世帯
夫婦2人と子供2人と言う場合が多いですが、荷物量としては4トントラックが必要で、費用的には13万円~14万円程度になります。

世帯数で、かかる費用は変わってくるのが解ると思いますが、運送距離にのって料金が加算されるので、目的地が決まったらそれで見積もりをしてもらいましょう。

ちなみに引っ越しをする時の料金計算は、引っ越し会社などのホームページにシミュレーションがあるので、それを利用すれば概算が解ります。

ただ、4人家族となると、家具や電化製品など数が多く、高額になる事も多いので、レンタカーでトラックを借りて、自分たちで運べるものは運び、手に負えないものだけ業者に頼むという方も結構多いようですね。

初めて一人暮らしをする時の引っ越し費用は40万円~50万円

引っ越しをするためには初期費用が必要になります。家賃の他に敷金0~2ヶ月分、礼金0~2ヶ月分、前家賃、仲介料、保険料、保証料も含まれます。

また、引越し費用は、距離や時期で大幅な変動もあり、特に2月3月の引越しシーズンは高くなると思っておきましょう。

また、新しく一人暮らしを始めるための必要最低限の家電製品を一般的な大型家電量販店で揃えるとおおよそ10万円~15、万円くらいが必要になります。

引っ越しするための初期費用としては、家賃の4~5倍必要ですし、引越し代は、3~7万円、家電を全く持っていないと、揃えるのに10~15万円ほどかかります。

つまり、全く家電を持っていなく、引越し業者に頼むと仮定すると、不動産にかかる初期費用と合わせて40~50万円ほど必要になります。

引っ越しを繰り返すと貯金がなくなる?

「引っ越しを繰り返すと貯金がなくなる」とは昔からよく言われる言葉です。

お金が無くなる理由は、敷金・礼金、引越し料金の支払い、さらに不要物を処分したり、新たに買い足したりを繰り返す事になり、引っ越しを繰り返すたびにこれらの出費で貯金がなくなっていくという、いわゆる「引っ越し貧乏」というたとえ話もあります。

折角部屋が見つかったのに思ってもいなかった事から、また引っ越しをしなければならないという事もあります。物件選びのポイントは、部屋だけでなく周りの環境も併せて調べる事が大切です。

キャッシングは引っ越し費用に使えるだけでなく、普段の生活でも役立つツール

引っ越しは何かとお金がかかるもので、今住んでいる物件より好条件の物件が見つかっても、手持ちのお金が無ければすぐに引っ越す事は出来ません。

気に入った物件が見つかった時にいつでも引っ越しが出来るように、日頃から少しずつでもよいので貯蓄する事がポイントです。

とは言っても、引っ越し資金が貯まる前にお気に入りの物件が見つかり、すぐにでもお金を入れなければ、次の人に回されてしまうという事もあります。そんな時は、一時的にキャッシングを利用して、とりあえず物件を抑えておけば安心です。

キャッシングは、申込時間によってその日の内にお金が借りられるので、急にお金が必要になった時でも心配ありません。

キャッシングは目的ローンのように、一度借りると後は返済を続けるだけというローンではなく、限度額が決まれば、その範囲内で何度でも借りる事が出来るので、普段の生活でも「今月はちょっと苦しい」と言う時があっても、いつでもお金を借りることが出来る便利なツールです。

消費者金融ランキング借りやすい消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】