お金を借りる方法

ニートでもお金を借りる事は出来る?その方法は?

マネー案内人
マネー案内人

社会的に見てニートとフリーターは同じと考えている方もいますが、ニートとフリーターでは違いがあります。

両者の大きな違いは、ニートは無職で収入がなく、フリーターは不安定ではあるが、アルバイトや派遣などで収入が得られる仕事に就いている」という違いがあります。

ニートでがお金を借りる方法を解説

お金を借りるという事を考えた時、フリーターのようにアルバイトをしていれば、カードローンやキャッシングの利用も可能ですが、無職のニートがお金を借りたい時は、どんな方法があるのでしょう。

現段階では「ニートはキャッシングやカードローンは申込めない」と言っても間違いではありません。しかし、お金を借りるという事に関しては、全く方法がないというわけでもありません。

では、ニートでお金を借りるにはどうすればよいか、お金を借りるために必要な事や借りる方法を紹介しますので参考にして下さい。

ニートはカードローンが利用できないと言われる理由

ニートがカードローンを利用できない一番の原因は、カードローンの利用条件に該当しないからです。

つまり、カードローンの基本的な利用条件は「満年齢が20歳以上で安定した収入がある方」となっているのですが、ほとんどのニートは「安定した収入がある方」という事をクリアできないからです。

カードローンと言うのは、お金を貸してそれに利息を付けて返してもらう事で事業が成り立っています。ですから、カードローン審査は「お金を貸しても返してもらえるか」と言うところを重要視します。

そのためにも、在籍確認を行い、申込者が申告した勤務先に勤めていて、毎月の給料をもらっているかの確認をしたうえで融資を行います。ですから、ニートのように無職で無収入と言う場合は、申込をしても審査に通る可能性はほとんどないと言っても過言ではありません。

ただし、その安定した収入と言うのが、具体的にこういう場合と、明確に示しているローンはあまり見かけません。

例えば、「毎月の月給が少ないので、申込をしても審査に合格するかどうか不安」と申込者もいます。確かに給料が多いに越した事はありませんが、一般的に給料の多い少ないが優先するのではなく、勤続年数が優先されるので、給料が少ないからと言って心配する必要はありません。

また、ほとんどのカードローン会社は、正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣社員というような多少不安定な雇用形態でも審査を通していますが、勤務先がなく、収入のないニートはカードローンの利用条件に合致しないため借入が困難になってしまいます。

カードローンを利用するために必要な事

無職でまったく収入がなければその方はキャッシングローンの審査に通ることはできませんが、少額であってもアルバイトなどで一定の収入を得ていれば、カードローン審査に通る可能性は十分にあります。

ニートという状況で週の内、何日かというアルバイトしている方もいますが、アルバイトをしている時期にカードローンを申込めば契約できるか可能性も出てきます。

出勤日数は少なくても長期に勤務しているアルバイトならローン審査の評価もそれほど悪くならず合格できる可能性はあります。

派遣社員として登録する

派遣社員として登録しておけば無職扱いとはならないので、審査に通る可能性があります。また、派遣登録しておけば派遣元で在籍確認もできるので在籍確認も気にする事はありません。

ただし、在籍確認は派遣の登録先に電話がかかってくるので、「クレジットカードの契約をしたので、電話がかかってくるかもしれない」と申し出ておくことがポイントです。

派遣登録を済ませておけば、実際に働いていなくても、審査に通る可能性が高くなります。また、消費者金融の中には派遣登録していれば「収入が見込める」と判断されて審査に通してくれるところもあります。

しかし、その一方で単に派遣登録しただけでは審査を通す事が難しくなっているとも言われています。

つまり、現在働いていなくても、派遣登録しているのだから近いうちに働く「見込み収入」というかたちで審査を通していたのですが、最近では実際に働いている事実を審査で問われるようになったので「見込み収入」だけで審査に通らなくなったと言われています。

ですから、派遣登録を済ませていても、「安定収入を得ている事実」という事が条件となっています。しかし、「派遣登録だけでは100%借りられない」とも言い切れません。

中小消費者金融の中には、派遣登録をしている事でお金を貸してもらえるところもあるので、派遣登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

クレジットカードでキャッシング

クレジットカードはショッピング機能とキャッシング機能が利用できるタイプが増えています。ニートの場合、本人名義でクレジットカードを作る事は難しいですが、クレジットカードの家族カードならキャッシングができる事があります。

家族カードと言うのは、名義が安定した収入のある親が会員となっているクレジットカードで、その家族に家族カードを発行しているところがあります。

一般的には配偶者のショッピングや子供の旅行などの支払いで利用するために家族カードを契約することが多いのですが、この家族カードでは本会員と同様にポイントや保険、キャッシング、ETCサービス、空港ラウンジサービスなどほぼ会員と同じサービスが受け得られるようになっています。

マネー案内人
マネー案内人
ですから、親の許可を得て家族カードを発行してもらえば、ニートであってもそのカードでお金を借りることができる事になります。

ただし、信販会社やクレジットカードのタイプによって、家族会員のキャッシングはできないというカードもあるので、キャッシングが可能かどうかの確認をする必要があります。

まとめ

まったくの無収入で、派遣登録もしていないようなニートなら、どこへ申込をしても通る事はありません。どこへ申込をするにしても「安定した収入がある」という事が条件ですし、そのためには無職では返済するお金も作れません。

ニートで審査を通過するためには、収入がある事が証明する必要があります。

そのためにも、派遣登録を済ませておくのもひとつの方法ですし、不定期でもよいので、アルバイトをしているという事が重要になります。

ただ、問題は無事審査を通ってお金が借りられても、その返済をどうするかという事が重要になります。折角お金が借りられたのに返済が出来なければ、信用情報機関の個人情報に事故情報が記載されてしまい、状況はさらに悪化してしまいます。

「ニートでお金を借りたい」という人は、現在の状況のままで、無理な審査を受けるのではなく、アルバイトなどをして、審査を受けても問題がないような状況にすることが大切です。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...