お金を借りる方法

夜の仕事でもお金は借りられる?審査を通すポイントや借入先を紹介

夜のお水の仕事でもお金は借りられる?借入先や審査を通すポイントは?

キャッシングを利用したいけれど夜の仕事だから無理とあきらめている人もいますが、ホステスやホスト、キャバ嬢であってもキャッシングは可能なので心配することはありません。

ただ、夜の仕事をしている人は他の業種に比べて退職率や離職率非常に高いため、社会的な信用度はかなり低い事に違いはありません。

そこで今回は、夜の商売をしている人がお金を借りる時に注意しなければならないことなどを紹介しますので参考にして下さい。

勤続年数は短くても1年以上必要

カードローンの申し込みをする時に重要なのが勤続年数です。お金を借りて返済をする以上どこかへ勤めいて安定した収入があるという事が条件なので、「1つのお店で長い間働いている」という実績があれば、審査に通りやすくなります。

ただ、水商売で働く人と言えば、同じ店に留まらず、短期間に他の店へ変わる人も案外多く、1つの店での勤務年数が1,2ヶ月程度と短ければ、審査に通る可能性は厳しくなります。

このことは見方を変えると、1つの店で長く働いているという実績があれば、借入出来る可能性は確実に高くなることになります。

安定した収入がある事

夜の仕事に従事している人は自営業と同じで、収入が安定しない職業とみられ、審査に通りにくい職業です。

ただ、波があるとしても収入がある事を証明できれば認めてもらえる可能性はあります。

たとえば、アルバイト勤務にしているのなら毎月の給与明細や源泉徴収票を提出する事で収入を証明できますし、そのほか所得証明書や確定申告書を提出する事で、収入がある事が証明できます。

在籍確認が取れる事

キャッシングの申し込みをすると在籍確認があります。在籍確認は、申込者が記入した勤務先に、ちゃんと勤めているかを確認するためのもので、必ず行われるものです。

在籍確認は担当者が個人名で勤め先に電話を掛けてくるので、キャッシングの申し込みをしたという事はわかりません。かかってきた電話は必ず本人が出なければならないというものではなく、お店の同僚や従業員から勤めていることが確認できればそれで終了します。

マネー案内人
マネー案内人
ですから、前もって電話を受ける人に「クレジットカードの申し込みをしたから、確認の電話が入るかもしれない」と一言伝えておくのもよいでしょう。

信用情報機関の個人情報に問題がない事

キャッシングの申し込みをすると、申込書と信用情報機関の個人情報を基にして審査が行われます。個人情報には、すでにキャッシングを利用している場合や、クレジットカードを利用している場合は、借入先や借入限度額などが記録されています。

消費者金融は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と決まっているので、すでに年収の3分の1近くまで借りている人は、それ以上の融資は受けられません。

また、個人情報には利用履歴が記録されるようになっていて、返済状況で遅延や延滞などを起こしていたり、債務整理をしていたりする場合、5年から10年は審査に通る可能性はなくなります。

ですから、日ごろからクレジットカードの返済やスマホの分割払いなどで延滞などを起こしていなければ審査は通りやすくなります。

大手の審査に通るか不安な時は中小消費者金融がおすすめ

夜の仕事をしている人がキャッシングをする時は銀行カードローンより消費者金融の方が審査に通りやすいといわれていますが、消費者金融の中にはプロミスやアコムなどの大手消費者金融もあれば、中小消費者金融と呼ばれる消費者金融も存在します。

大手消費者金融と中小消費者金融の大きな違いは、審査方法にあります。大手消費者金融は中小消費者金融と比べて貸金業法の改正以降は、審査が厳しくなっています。

中小消費者金融が顧客対象としているのは、大手で借りられなかった人や、過去に金融事故を起こした人などが対象としているので、水商売をしている人にとって借り安さを考えた場合、中小消費者金融へ申し込む方がお金を借りられる確率は高くなります。

ただ、注意が必要なのは、中小消費者金融に混じって「闇金」と呼ばれる業者も存在するので、中小消費者金融を選ぶ時は細心の注意が必要です。

大手消費者金融と中小消費者金融違いは審査方法

消費者金融というジャンルからみれば大手であろうと中小であろうと変わりはありません。申し込み方法もインターネットを利用した申し込みが可能なので、大手企業と中小企業にはさほど差はなくなってきています。

では大手と中小消費者金融とでは何が違うの?という事になりますが、大きく違うのは審査方法です。大手消費者金融はコンピューターを使い、スコアリングシステムで審査を行っています。

たとえば、申込者の収入や年代や勤務状況などのデータから、これまで蓄積されたデータを基に審査を行い、申込者の属性が優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなりますし、自己履歴の有るような顧客のデータに近ければ、融資をしてもらうことは厳しくなります。

大手の審査方法はスピーディですが、マニュアル通り進められるので、データにそぐわなければ、即断られます。

中小消費者金融は、本来地元密着型で融資を行っていましたが、最近ではネット申込を取り入れ、全国展開をしているところが増えています。

中小消費者金融の審査方法は、昔から続けてきた、対面形式での借入れ審査のところが多いので、データにそぐわなかったから即落ちという事はありません。

中小消費者金融でも、もちろん自社の基準に基づいて審査を行いますが、対面形式なので機械的な流れで審査を行うのではなく、細かいところまで相談できるという、対面形式ならではの良い面を持っています。

ですから、お金を借りたい理由など細かく説明が出来れば、担当者の判断で融資をしてもらえるので、融資が受けられる可能性は高いと思ってよいでしょう。

まとめ

マネー案内人
マネー案内人
中小消費者金融と呼ばれるあまり名前が知られていないマイナーな消費者金融も、サービスが向上し、大手消費者金融と差がほとんどなくなってきています。

以前ならインターネットからの申込みは不可能で、電話や直接店舗まで足を運ばなければ融資を受ける事ができませんでした。

しかし、最近では中小消費者金融のほとんどが、インターネットを利用して、全国どこからでも申し込みが出来るようになっているので、申し込み範囲を中小消費者金融まで広げればきっと貸して貰えるところが見つかるはずです。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...