未分類

審査無しでお金を借りることはできる?

消費者金融業者や銀行から審査無しでお金を借りることはできません。

審査は、その人が確かに返済能力を持っており、貸したお金が返済される可能性があるかどうかを確認するために必要な作業です。

申込者がどのような人なのか分からずに金融機関がお金を貸すことはありません。あるとしたら闇金です。

審査無しでお金を借りるリスク

闇金で借りるリスク

異常な高金利

カードローンなどの金融商品では、金利は最高でも年率で20%と定められています。10万円を超える借入では年率18%と定めれています。10万円を借入したとき、以下のように利息を計算します。

10万円×18%÷365日=約49.31円

30日後に返済するとき、利息は1479円です。1ヶ月後に10万1479円を返済すれば完済したことになります。

闇金を利用するリスクで最大のものは異常な高金利で貸し付けることです。たとえば「トイチ」と呼ばれる金利があります。これは10日で1割の利子が付くというものです。

10日で1割なのだから30日で3割だろうと考えるかもしれませんが、これは大きな間違いです。

闇金で使われるトイチは以下のように計算されます。

10日目:10万円×10%=1万円

20日目:11万円×10%=1万1000円

30日目:12万1000円×10%=1万2000円

1ヶ月後、つまり30日後の返済総額は13万3000円となります。

トイチなら、まだ良いほうです。闇金では10日で3割つまり「トサン」や10日で5割「トゴ」なども使われます。法定金利を遥かに超える金利で貸し付けて取り立てするのが闇金です。

悪質な契約と取り立て

闇金の契約方法は非常に悪質なやり方です。たとえば多くの闇金で行われているのが「白紙委任状」にサインさせるというものです。サインしてしまうと、闇金の都合の良い内容を記入されて違法な金利や悪質な取り立て方法に同意したかのような書類に書き換えられてしまいます。

住所や電話番号などの個人情報を渡してしまうと、悪質な取り立てに苦しむことになります。早朝や深夜に自宅に押しかける、職場に何度も連絡をよこす、実家や親戚、友人に返済を迫るといったことです。自分だけでなく周囲の人にも迷惑が及びます。

ソフト闇金も危険

近年では「ソフト闇金」と名乗る違法業者も増えています。表面的には法外な金利を請求したり悪質な取り立てを行ったりすることはないと見せかける業者です。公式サイトも立派なものを用意していて、堂々と「ソフト闇金です」と自己紹介しています。

「審査無しで利用できる」などとうたっており、思わず利用したくなってしまいそうになりますが、これも非常に危険な行為です。ソフト闇金は摘発を免れるために悪質な取り立てをしないことになっていますが、所詮は違法業者です。

個人情報を売り渡したり、貸すと言っておきながら「保証金を支払ってほしい」と言って保証金を支払うと、そのままだまし取られてしまうという被害が相次いでいます。

個人間融資も闇金

近年では「審査無しで即日借入できる」として個人間融資というものも登場しました。これも絶対に手を出してはいけません。

個人間融資はSNSやネットの掲示板で、個人同士がお金の貸し借りをするというシステムです。

相手が誰かも分からないのに他人にお金を貸すというのは、通常ならおかしいと勘付きますが、お金に困っているときには正常な判断力を失って、思わず手を出してしまいます。

こういった個人間融資は闇金や詐欺の温床となっていて、個人情報を聞き出してそのまま貸さずに情報を詐欺集団などに売り渡したりします。保証料のかすめ取りなども横行していることが報告されています。

ショッピング枠の現金化のリスク

手数料が高額

お金に困って「審査無しでお金を借りられないのか」とネットで検索すると高い頻度でヒットするのがショッピング枠の現金化業者です。これもトラブルが多発しており、利用はおすすめできません。こういった業者では「現金化に金利がかからない」ことをうたっていることがほとんどです。

確かに現金化はお金を貸すのではなく、どのような手法を使ったとしても商品の購入という段階をはさんでいるため、中古品買取と同じようなものと勘違いしていまいます。この意味では金利は発生していません。

ところが、その代わりに高額な手数料が発生します。良くあるのが手数料として商品の買取額の10%から20%を手数料とするものです。

たとえばクレジットカードに10万円のショッピング枠が残っているときに、現金化業者を利用すると、10万円の買い物をさせてそれを買い取るという形で8万円を渡されます。

これは8万円を借りて10万円を返済するのと変わりません。2万円の利息がかかっているのと同様になります。金利に換算すると25%です。

損失の大きい取引と言えるでしょう。

利用規約違反

ショッピング枠の現金化業者は「現金化は合法です」とうたっていることが多くあります。確かに違法性はありませんが、現金化はカード会社の利用規約に違反した行為として扱われます。

カード会社からすると、自分たちが代金を支払っているのであって、まだ商品は完全に利用者の所有にはなっていません。それを勝手に売却しているのですから、カード会社としては損失とみなされます。

そのため、多くのカード会社でショッピング枠の現金化は利用規約違反となっています。もし、発覚したらカードの一括返済を迫られ、カードは強制解約となります。

詐欺業者の存在

ショッピング枠の現金化業者のなかには、相当数の詐欺業者が混じっていることが報告されています。

公式サイトでは悪質な業者ではないように見せかけていますが、実際には騙す相手を探しているというのが現金化業者です。

全体の約8割が詐欺や犯罪にかかわる組織と言われており、適当に現金化業者を選ぶと8割の確率で詐欺にあうリスクがあるということになります。

知人から借りるリスク

審査無しでお金を借りるには、知人を頼るという方法もあります。確かに知っている人から借りるのは、審査はなく、一時的にはしのげる可能性があります。

ただし、これも非常時でない限りは止めたほうがいいでしょう。お金の貸し借りはトラブルに発展しやすく、これまでの信頼関係を壊してしまいかねないからです。

もし、知人からお金を借りるというときには借用証明書を作成しておきましょう。そうすると相手から信用も得られますし、自分も絶対に返済しなければいけないという意欲を持つことができます。

借用証明書の作成は専門家でなくても可能です。借りる人と貸す人の名前を書いて、借入日と返済予定日、金利をどのくらいにするかを記入しておけば法的に効力があります。

実際に、飲み屋の箸袋にメモ書きしただけの借用証明書が裁判で拘束力があると認めらたケースもあります。

闇金以外で審査無しでお金を借りる方法

有担保で借りる

一般的に「お金を借りる」というと思い浮かぶのは銀行や消費者金融業者のカードローンという人は多いでしょう。これらは「無担保・保証人不要」のローンです。お金を貸すときには審査が必要になりますが、それは「返済される保証」があるかどうかを調べるためです。

この保証は通常、本人の返済能力です。金融機関は本人の収入や他社からの借入状況などから「貸したお金を返してくれる人」なのかどうかを判断します。

金融機関と本人をつなぐものは、その人の収入の安定性や他社からどの程度借りているのかという2点だけです。

その人がどのような性格なのかとか、誠実な人柄かどうかなどといった個人的な事柄はまったく関係ありません。

こういった返済能力を診断して大丈夫と判断されれば貸付が行われますし、無理と判断されれば貸付はされません。いたってシンプルな判断です。

消費者金融業者などのローンで審査されるのが本人の返済能力だけであるのは、「無担保」だからです。返済不能に陥ったときに現金にできるものを担保として提出できるなら、まったく話は変わってきます。

たとえば自宅を所有しているとき、解約返戻金のある生命保険に入っているときなど、これらは「財産」としてみなされるため、それらを担保としてお金を借りることが可能になります。

本人の収入などがまったく無関係とは言えませんが、少なくとも担保があることによって審査がぐっと楽になることは確かです。

質屋を使う

有担保ローンとして、最も手軽に利用できるのが質屋です。質屋は物品を担保として「質入れ」することによって相応のお金を貸してくれる店舗です。担保はお金が返せなくなったときに没収されることになっています。

古くから全国に存在している「庶民の金融機関」のひとつですが、現在では宝飾品やブランド品、時計などを使って借りる方式の大手チェーンが有名でしょう。

江戸時代には質屋に家族を質として置いていくということもあったくらいに、昔から日本の文化に影響を及ぼしています。

店舗によって形態は様々ですが、通常は質屋でお金を借りることのできる期間は3ヶ月です。この間に全額返済できれば質として入れた品物を取り戻すことができますし、一部を返済しても返済期間を延ばすことが可能です。

返済できなければ「質流れ」といって、預けた物品は質屋の所有物となって売却されます。

質屋のメリットは数多くあります。まず、返済の義務がない点は大きいでしょう。もし返済できなくても質屋は品物を確保できるので損失は出ません。そのため、審査もありませんし、取り立てもありません。

このシステムによって質屋は古くから栄えてきた歴史があります。また、審査がないので誰でも借りることができます。必要なのは質に入れる物品であって、持ち込んだ本人の信用力は関係ないからです。

たとえ消費者金融業者からの借入を踏み倒している最中であっても、債務整理をした直後であっても関係なく利用できます。審査無しでお金を借りたいと考えたときに、真っ先に検討すべきなのが質屋と言ってもいいでしょう。

定期預金担保貸付

まとまったお金が必要になったときに、コツコツと貯めてきた定期預金を解約するしかないと思ってしまいがちです。定期預金を切り崩せば何かの用立てに役立つでしょう。ところが、これは解約しなくても、「定期預金担保貸付」によって資金調達できます。

ほとんどの定期預金にこのサービスが付帯しているので、解約せずに貸付を受けることが可能です。定期預金担保貸付は、総合口座を含む定期預金を利用している人なら利用できる超低金利のローンです。

消費者金融業者やクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りると、通常は初回の金利は年率18%というのが相場です。

定期預金担保貸付の金利は年率で約0.525%です。借りられる額は預金の内容によっても異なりますが、預けれしている額の90%程度まで借りることが可能です。

この計算だと、200万円あれば160万円まで借りることができるはずですが、実際には貸付には上限額が設けられています。たとえ1000万円を預けていても、上限が200万円とされているときには、それ以上を借りることはできません。

定期預金担保貸付は審査無しで借りられる

この貸付制度も審査はされません。定期預金を担保として貸付する制度がサービスに組み込まれているからです。

定期預金を契約した時点ですでに審査は終わっていると考えていいでしょう。新たに審査を受ける必要もありません。総合口座であれば、ATMを使ってすぐに借入できます。

生命保険の契約者貸付

契約している生命保険会社からお金を借りることもできます。契約者貸付制度と言い、金利は最大でも6%程度でかなりお得に借りることが可能です。ただし、生命保険に加入していれば誰でも使えるというわけではなく、良く調べておく必要はあります。

契約者貸付制度を利用できるのは、契約している生命保険に「解約返戻金」があることが前提です。いわゆる「積立型」の生命保険で、解約したときにいくらかのお金が返ってくるものです。掛け捨ての保険には解約返戻金はありません。この点には注意しておきましょう。

借りられるのは、解約返戻金の70%から90%程度で、保険会社によっても異なります。ソニー生命は90%程度、日本生命は80%程度を借りることができます。契約内容にもよりますので、契約書を確認するか、コールセンターに連絡して問い合わせてみましょう。

解約返戻金が多いのは、生命保険のなかでも「養老保険」というタイプのものです。終身保険は貯蓄に重点を置いた保険であるため、これも解約返戻金が多くなる傾向があります。

定期保険はあまり高い返戻金になっていないのが普通です。医療保険にも貸付制度が組み込まれいるものがあります。

契約者貸付で注意したいのは、確かに低金利で借りることが可能ですが、「金利が複利でかかってくる」という点です。複利というのは、金利によって発生した利息を元金に充当して、そこにまた金利を掛けていくもので、借りている期間が延びるほど返済が難しくなります。

自動車担保ローン

自分が乗っている車を担保にお金を借りることも可能です。多少のリスクがあるので、どこの金融機関からも借りられないという状態になってから検討しましょう。

ネットで「車で融資」「車で借りる」などのワードで検索すると多くの業者がヒットします。業者のなかから、自宅に近いところや有利な条件を提示しているところを探してみましょう。

自動車担保ローンは、個人が所有する車を担保にしてお金を貸すことで、もし借りたお金を返済できなければ車が没収されて売却されるというシステムです。非常に単純な手法で、自家用車が一般化して以来、ずっと存在しています。

借りられる限度額は車の売却想定額の範囲内です。売却想定額が100万円なら限度額は100万円より少なめの金額です。審査が非常にゆるいというのがメリットで、ブラックリストに入っているような人でも借入できます。

車という担保があるので、本人の信用力はあまり問われません。業者とすると担保にした車を売ってしまえば貸付金の回収ができるからです。

ただし、法的には多少の問題がある制度でもあります。というのも、車で融資という業者の多くが、「乗ったまま融資」で車検証を預けられてしまたり、車の名義を業者に変更させたりという措置が採られるからです。

貸し倒れを防ぐための措置ですが、車検証がないまま車を走らせることは道路交通法違反です。業者によっては借入手数料という形で金利以上にお金を取られることもあります。

完全な違法とは言えませんが、グレーに近い行為です。どこからも借りることができないという状態ではあるが、自家用車だけはあるというときに利用する最後の手段と考えましょう。

給料の前借りを申請する

あまり知られていませんが、実は給料は前借りできます。これは労働基準法にも認められている正式な制度です。とはいっても、すべての会社でいつでも借りられるとは限りません。

前提として、前借りができるのは「これまでに働いた日数分」だけです。たとえば毎月25日が給料日だとすると、当月の10日に給料の前借りができたとしても、借りられるのは15日分だけです。

また、給料の前借りは借金ではありません。先に給料だけ渡して働かせるというのは労働基準法の観点からも違反です。会社は働いていない分の給料は出せません。

また、労働基準法が認めている前借り制度では「緊急事態」でないと使えません。

たとえば以下のような場合です。

・出産

・病気

・災害

・近親者の逝去などに伴う帰省

このときには、会社は前借りを認めなければならないと定められています。逆に考えると、これ以外のケースでは給料の前借りは困難ということになります。

「生活費が足りないから借りたい」という程度では認められないでしょう。

会社によっては、社内貸付制度という制度を設けているところもあります。これも緊急の事態に備えたもので、社員を助けるための福利厚生制度です。自分が勤めている会社に社内貸付制度があるかどうかは、主に人事部に問い合わせると分かります。

 自分でも審査に通るところを探そう

自分でも審査に通る業者に申し込む

無審査でお金を借りることを希望しているということは、お金に困っている状態ということでしょう。銀行のカードローンや消費者金融業者に申し込んでも、審査に通らず、しかも生活費や家賃の支払いなどに苦慮しているときに、「無審査の業者はないのか」と考えてしまいがちです。

無審査だと担保が必要になるなどの制限がかかります。無審査で無担保というローンは闇金以外に存在しません。そのため、お金を借りるという目的を達成するには「自分でも審査に通る業者に申し込む」と考えるほうが得策です。

もしクレジットカードやローンの利用履歴に問題があって、そのせいでカードローンへの審査を諦めているなら、中小の業者の利用を検討してみましょう。中小業者の主な顧客は、アコムやプロミスといった大手の業者の審査に通らないような人たちです。

何らかの理由から大手で断られる人が、自分でも借りられる先を選んだ結果、中小業者にたどり着くというのは、非常に良くある話です。中小業者はこういった人たちを相手に商売をしてきた実績があります。

評判の良い中小業者

セントラル
金利 4.8%~18.0%
利用限度額 1万円~300万円
審査のスピード 最短即日
融資のスピード 最短即日
ライフティ
金利 8.0%~20.0%
利用限度額 1000円~500万円
審査のスピード 最短即日
融資のスピード 最短即日
 キャネット
金利 15%~20%
利用限度額 5万円~50万円
審査のスピード 最短即日
融資のスピード 最短即日
ライオンズリース
金利 15%~20%
利用限度額 1万円~300万円
審査のスピード 最短即日
融資のスピード 最短即日

生活福祉資金貸付制度を使おう

審査が厳しい?

完全な審査無しとは言えませんが、お金に困っている人は公的な支援を受けることができます。生活保護以外にも多くの制度がありますが、代表的なものとして生活福祉資金制度があります。

ただし、低所得世帯が対象で「民間からお金を借りられない」程度の貧窮状態であると認められる必要があります。

この制度には矛盾した点がある良く言われています。というのも、貸付である限り返済は必須なのに、「民間からお金を借りられない程度の貧困」であると、どのようにして認定するのかという問題があるからです。

実際に「この制度目当てに役所に行ったが、まったく相手にされなかった」とか「いろいろ訊かれた挙げ句に利用できなかった」という体験談は非常に多くあります。

お金に困っているから借りに行ったのに、返せない人には貸せないというのは無意味と言ってもいいでしょう。時間をかけたのに、結局は生活保護をすすめられて終わってしまったということになりがちです。

ケースワーカーに相談してみる

生活福祉資金を利用したいという場合には、いったん自治体のケースワーカーに相談してみると良いでしょう。

ケースワーカーは地域の人たちの暮らしを守ることを公的に認められた専門職です。そのため、ケースワーカーがいるだけで役所の態度が変わったというのも、非常に良く聞かれる話です。

特に何らかの病気や障害があるときには、ケースワーカーやケアワーカーをいった専門職の人と一緒に窓口に行くと主張を通しやすくなります。

多重債務ならおまとめローンを使おう

審査無しでお金を借りることを考えている状態ということは、すでに借金で身動き取れなくなっているのかもしれません。

こういったときには、思い切って債務整理するのもひとつの方法ですし、おまとめローンを活用するのも選択肢のひとつです。

アイフル

アイフルが提供するおまとめローンは、消費者金融業者からの借入だけでなく、銀行のカードローンやショッピング枠利用のリボ払いにも対応しています。

アイフルのおまとめローン
金利 「おまとめMAX」12.0%~15.0%

「かりかえMAX」12.0%~17.5%

利用限度額 500万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日

アイフルのローンをすでに利用している人には「おまとめMAX」、そうでない人は「かりかえMAX」を選択します。即日のおまとめは、アイフルの店舗に行ける場合に限ります。返済回数は最大で120回となっています。

アコム・プロミス

アコム「借り換え専用ローン」

 

金利 7.7%~18.0%
利用限度額 300万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
返済回数 最大163回(13年6ヶ月)

 

プロミス「おまとめローン」
金利 6.3%~17.8%
利用限度額 300万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
返済回数 最大120回(10年)

アコムとプロミスのおまとめローンは、消費者金融業者のローンとクレジットカードのキャッシング枠の2種類のローンしか対応していません。銀行のカードローンやショッピングリボ払いには対応していないので注意しましょう。

中小の業者

多重債務状態でアコムやプロミスといった大手の業者が使えない、審査に自信がないといった場合には、中小の業者にあたってみましょう。

なかには自己破産寸前の状態でも「おまとめローン」を活用できることがあります。中小の業者は大手に比較して審査が柔軟で、「なるべく貸す」という方向性で審査してくれます。

まとめ

審査無しで借りることができるのは、闇金くらいしかありません。闇金は高金利・無理な取り立て・個人情報の流出といった問題が起こりますので、絶対に利用しないようにしましょう。

自分の状況に合わせて業者を選んだり、おまとめローンに申し込んだりするほうが賢い選択です。