お金を借りる方法

借りたお金が返せない時は逃げる事より向き合う事が大事!

借りたお金を返すことが出来ない時どうずればいい?

キャッシングやクレジットカードで借りたお金が払えなくなり、踏み倒す事は出来ないのかと考える人もいますが、返せなくなったといって逃げるのはおすすめできません。

借金を踏み倒そうと思えば踏み倒す事は可能ですが、そのために精神面で受ける負担や後ろめたさは通常ではありません。踏み倒すにはデメリットばかりで何一つよいことはありません。

今回は、踏み倒しをするための条件と、どんな影響があるかについて調べてみました。

5年間逃げ切れれば時効が成立

借金には時効があり、5年間逃げ切る事が出来れば時効は成立しますが、そのためには3つの条件を満たす必要があります。

時効となる期間が経過した

「時効」という言葉を聞いたことがあると思いますが、刑事ドラマなどで出てくるのは、一定の期間まで捕まらなければ、犯罪が無効にされるという法律で、借金の返済においても時効というものがあります。

借金の場合は5年間が経過すると時効になり、借金が帳消しになりますが、金融会社から裁判を起こされたり、電話や郵便物で督促を受けたり、差し押さえをされたりすると、時効は中断またはリセットされることになります。

夜逃げをすれば住所もわからないし、連絡の取りようがないので、我慢していればすぐに5年は経過すると思っている人もいますが、そうはうまくいきません。この方法は借金から逃げている限り住民票を移せば住民票をたどられて業者に居所がばれてしまいます。

また、住民票を移動させなければ運転免許証の書き換えなどが出来なくなるという事も覚悟しなければなりません。住所を移す事で弊害になるのは、長年勤めていた会社を辞めて新しい職に就かなければならないという事になります。

当然ながら、居所を隠すためには、今の地位や収入をすてて一から始めなければなりません。それを考えると、借金から逃げるという事は、捨てるものが多すぎる事に気づくはずです。

5年間一度も返済に応じていない

返済を踏み倒している期間中に、一度でも返済をしてしまうと、その時点でリセットされてしまいます。

具体的な例としては、1円でもお金を返済してしまうことが、それにあたりますし、業者は踏み倒しをさせないために、1円でも返済をさせようとしてきます。なぜなら、裁判を起こすにしても、差押えをするにしても、かなりの費用と労力を使うことになります。

しかし、この債務の承認は、お金を貸した人に1円でも返済させればよいので、債権者にとっては一番都合がよい方法で、「利息だけで良いので支払ってほしい」とか「いくらでも良いので返済をしてほしい」と少額のお金を返済させようとします。

借りている側は、「返済できるだけのお金でよいのなら」と思って、お金を返すとその時点で時効が振り出しに戻ってしまいます。

時効援用の手続きをしている

マネー案内人
マネー案内人
時効援用というのは時間を経過すれば認められるというわけではなく、相手に時効の制度を利用する意思を相手に伝える必要があります。

相手に時効の期間が過ぎた事を伝える事ではじめて相手の権利が消滅し、借金をしていたのであれば、それを帳消しにすることができるようになります。

金融業者が時効を成立させることはあり得ない

カードローン返済やクレジットカードの支払い、奨学金や車のローンにマイホームローンなどほとんどの人は借金をしていると言っても過言ではありません。これらの債務を返済するために働き、まじめに返済をしている人がほとんどですが、中には返済を免れようとする人もいます。

そして5年が経過したことで時効成立と単純に思っている方もいるかもしれまんが、この5年の間に一度も「返済の意思を示さなかった」ことや「貸主からの催促などを受けなかった」ことが時効成立の条件となります。

ですから、もし4年364日目に貸主から返済の催促を受けた場合は、その時点で時効は停止してしまいます。そして返済を催促されると、催促されたその日からさらに5年がたたないと時効が成立しなくなります。

金融業者が時効成立まで催促しないことはありえないと言われていますし、時効援用という経歴は個人情報に一生残るので、仮に時効が成立しても、二度とお金を借りたり、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが出来なくなります。

クレジットカードでの支払いもできず、住宅も自動車は現金一括でしか認められないという生活を覚悟しなければなりません。

借金から逃げるより債務委整理を考えよう

借金を踏み倒して逃げるというのは不可能に近いことで、守るものはなにもないとか、失う物もない、どうにでもなれと思ったとしても、長い人生の間に何があるかわかりません。

独身の人なら、結婚したいと思う相手が現れるかもしれませんし、子供がいる人は、子供の成長過程で、お金を借りなければならなくなる事もあります。

いくら時効があると言っても、そう簡単に逃がしてくれるはずがありません。そこで考えてほしいのが、どうせ返せないのなら債務整理を検討するのもひとつの方法です。

債務整理は司法書士や弁護士に相談したり、依頼したりすることが出来ますし、借金問題を解決するためのアドバイスや、業者への交渉もしてくれます。逃げているだけでは借金が無くなることはありませんし、逃げ切れるものではないという事も理解できたはずです。

借金問題でお金がないのに司法書士や弁護士に依頼する費用がないという人には、「法テラス」のように分割支払いや、報酬払いのところもあるので、一度相談してみる事をおすすめします。

まとめ

借金に困った時、踏み倒す事を考える人もいますが、まず踏み倒せた事はほとんどありませんし、5年の間、精神的にも悶々とした生活を続けなければなりません。時効が成立したとしても、一生借金をすることが出来ません。

マネー案内人
マネー案内人
債務整理をすれば、5年~10年間は新たな借り入れは出来ませんが、それが過ぎるとお金を借りることが出来るようになります。

無理やり踏み倒しをして一生後悔するか、一時的に我慢をし、新たな生活を始める事とどちらが良いかよく考えてみましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...