お金を借りる方法

借り入れする時の使用用途は審査で重要?審査に通りやすい目的とは

借り入れする時の使用用途は審査で重要?

銀行でお金を借りる時は、住宅ローンやマイカーローンなど、目的に応じた金融商品が用意されていますが、消費者金融のカードローンは、基本的に利用目的は問われない形のキャッシングになります。

したがって、基本的にはどのような利用目的であっても借り入れ出来るという事が前提になっていますが、実際のところ、使用用途によって審査に通らない事もあるようです。

基本的に利用用途は自由

銀行の金融商品のような住宅ローンや自動車ローンといった場合は、名前が示しているように利用用途は限定されます。これらの商品は契約時には購入証明などが必要になりますし、使った後にも領収証などのチェックが入る可能性があるので、目的以外に使うという事はできません。

それに対して消費者金融のキャッシングにも目的商品はありますが、一般的に使われているカードローンの申し込み条件は、満年齢20歳以上で安定した収入があれば、正社員に限らず、パートやアルバイト、派遣社員などでも手軽に申し込みが出来ます。

特に利用目的に制限があるわけでもないので、お金の使い道は自由ですが、他の金融商品のように、担保や保証人を用意する必要がないので、その分他の金融商品と比較すると、金利は18%程度と高めの設定になっています。

使用用途が自由となっていても、目的によって注意が必要

カードローンの申込みをする時「利用目的」という項目があります。利用用途は自由なので、目的は何にしてもよいと思いますが、実際はそうではなく、目的によっては審査に通らないこともあります。

消費者金融の借り入れ目的として多いのが、生活費やレジャー、趣味のために借り入れをしている人が多いことが調査で分かっています。ですから、利用目的を問われた時は、これらを利用目的にしておけば、きわめて一般的な回答と受け取られ、審査に落とされる心配はありません。

ただし、目的によっては審査落ちする可能性もあるので注意が必要です。

審査落ちする使用用途とは

基本的にカードローンの使用用途は自由になっていますが、借り入れ条件の注意書きで書かれているように「事業資金」が目的の場合は、申し込みが出来ません。また融資の使用目的にギャンブルや、ほかの借金の返済に使う事を目的とした場合は、審査に通る可能性はありません。

ギャンブルはパチンコをはじめ競輪や競馬をはじめとするギャンブルが多くあります。ギャンブルの愛好者はかなり多くの人がいますが、ギャンブルで金回りが悪くなった人が、消費者金融で借り入れて、ひと山当てて借金返済しよう、と考える事自体が危険な考え方です。

そもそも、ギャンブルは負ける確率の方が高く、ギャンブルを目的としたお金は返せる見込みがないので、ギャンブルに当てる資金として申込みをしても、審査に通る可能性はありません。

また借金返済のための新たな借り入れで申し込みをしても審査には通りません。
いわゆる多重債務となり、自転車操業という状態の人に、快く貸し付けてくれる消費者金融などありません。

使用用途をごまかしたらどうなる?

カードローンの申し込みをする時、利用目的として生活費や冠婚葬祭費用、レジャー資金、入院費用などを選択しなければなりませんが、その際利用目的として「冠婚葬祭費用」を選択していたにも関わらず、実際には借金の返済資金に充当していた場合はどうなるのでしょう。

仮にそれが嘘だとばれても、申込時に申告した利用目的以外に使っても特別罰則やペナルティを受ける心配はありません。そもそも利用目的は、その都度変わるものなので、申込時と違うことに利用しても全然問題ありません。

追加融資で借りる時も使用用途は必要?

カードローンは契約が終われば、その限度額の範囲内で何度でも借りることが可能で、借り入れは1度だけでなく何度でも追加融資が可能です。

追加融資を受ける時は、その都度契約時のように利用用途を申告しなければならないのかと不安になりますが、使用用途を聞かれるのは契約時の1回だけで、追加融資で問われることはありません。

追加融資を頼むときには、既に審査で決定している限度額に応じて、お金を貸してもらえるようになっているので心配する必要はありません。

まとめ

今や日本人の10人に1人がカードローンを利用しているのが実情で、消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングまで含めると、その割合は何倍にもなります。それだけカードローンは日本人にとって生活の一部になりつつあります。

使用用途も給料日までの一時的な借り入れや、銀行カードローンの利用目的はレジャーが目的というように、軽い気持ちで利用している人が増えているようです。

カードローンの申込時に利用目的を明確にしなければならない金融商品もありますが、一般カードローンの場合はあまり神経質に考える必要はありません。

事業資金やギャンブル資金を目的としなければ審査に落ちることはないので、無難にレジャー費や冠婚葬祭費と回答しておく事をおすすめします。

くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較