お金を借りる方法

お金を借りるのに向いていないのはどんな人?

マネー案内人
マネー案内人
申し込みをしたものの審査に落ちてしまう、ということはままあることかと思いますが、そもそもお金を借りるということ自体が向いていないという方も中にはいらっしゃいます。

お金を借りるのに向いていないケース

定職に就いていない無職の方

無職の方は確かにお金は必要かとは思いますが、カードローンの利用条件は、基本的に「安定した一定の収入があること」です。

無職で収入がない方に返済能力があるとは言えませんし、返してもらえるあてのない方に対してお金を貸してくれるほど金融機関の審査は甘くはありません。

もし万が一借りられたとしても、それを今後返済し続けていくことができるでしょうか?生活費にも困窮しているような方の場合、遅れずに今後しっかり返済していけるとはとても思えませんよね。

どうしてもお金に困っているというのであれば、こうした借入に頼るのではなく、国の公的貸付制度を利用するなどしたほうがいいでしょう。

ブラックリスト

延滞や債務整理などにより信用情報に「異動」の記載がある、いわゆるブラックリストの状態にある方は審査通過はほぼ不可能です。

自分に置き換えたとして、貸したお金を約束した期日に返せず何ヶ月も延滞している人や、借金の減額となる債務整理をしている人に対して、こころよくお金を貸そうと思うでしょうか?

ブラックリストの方の場合、情報の保有期間が過ぎるまでは新たな借入は困難ですので、お金を借りたいと思っても借りられないと思っておいていいでしょう。

ただし、保有期間を過ぎればまた新たな借入が出来るようになりますが、延滞や債務整理の情報保有期間は5年から最長10年と非常に長いです。

多重債務ですでに返済の遅れが出ている

延滞や債務整理とまではいかなくとも、すでに多数の会社から借入をしていて返済の遅れが出ている、また自転車操業的に借りたお金で他の借金を返済しているような状態の方の場合、新たに借入ができたとしても借金が増えるだけです。

借りたお金を返す余裕がない方はお金を借りるのには向いていません。返済が遅れてしまっているようでしたらおまとめローンを組むのも難しいですので、新たな借入をするというよりはむしろ債務整理を検討したほうがいい状態でしょう。

借りたお金を預金感覚でついつい使ってしまう

お金を借りるということに慣れてきてしまいますと、あまりにも簡単にお金を借りることができるため、自分の預金を引き出す感覚でついつい借りすぎてしまうという方がいらっしゃいます。

ついつい使いすぎてしまうという方は、利用限度額内で繰り返し利用が可能なカードローンでの借入は危険です。

もしもお金を借りるというのであれば、一度借りたらあとは返済するだけのフリーローンなどを利用するほうがいいでしょう。

まとめると自己管理が出来ない人

お金を借りるという事は、自己責任において、「返せる見込みがなければ借りない」というのが基本で「借りたら何とかなる」と言う借り方は、最もやってはいけない借り方のひとつです。

それが重なり、多重債務者になってしまうのですが、そうなってもキャッシングには救済処置が残っています。それが「おまとめローン」や「借り換えローン」と呼ばれる商品で、複数社の借入を一本化するために利用できる商品です。

おまとめローン」や「借り換えローン」は契約が完了すれば、契約先から本人名義で現在借入をしている消費者金融などへ一括返済されるので、自分の手で借金の返済をする事はなく、後は返済を続けるだけになります。

完済が終わると、今まで借りていた消費者金融から、改めて借入の誘いが来るようになります。しかし、「おまとめローン」は返済のみになり、契約上は新たな借入は出来ないという条件になります。

新たな借入をしたことがばれた場合は、一括返済を求められる事があるので、お金の自己管理が出来ない人は注意が必要です。

「おまとめ」にしろ「借り換え」にしろ、お金の自己管理が出来なければ、せっかくの救済処置も無駄になってしまいます。そうならないためにも、借りる前にシミュレーションなどで返済計画を立て、無理のない返済が出来る範囲内で利用する事が大事です。