お金を借りる方法

お金を借りる時のお礼で大切なのは?

お金を借りる時の礼儀とマナー

お金を急に用意しなければならなくなった時、借りたい金額にもよりますが、誰もが最初に考えるのが親や、友人から借りる事を考えます。

お金を借りた時は、借りた人に対して感謝の気持ちを表すのが社会人としてのマナーですし、何らかの形で感謝の気持ちを表さなければ相手に伝わりません。

そこで、お金を借りた時のお礼の方法などを紹介しますので、参考にして下さい。

お金を貸してほしい事をどうやって伝えるかが重要

最近は親しい人との会話でスマホアプリなどを使って済ませる人が増えていますが、お金を貸してもらいたい時は、メッセージや電話だけでは本当に困っているという事が伝わらないので、直接会って相談することが重要です。

もちろん、貸してほしいというだけでなく、お金が足りなくなった理由や、貸してもらった時はいつなら返済が出来るかなど、直接会って相談すれば信用してもらえるのではないでしょうか。

お金を貸してもらえるということは、相手があなたを信頼してくれた証です。そのような相手に対して、きっちりとしたマナーで答える事が今後の人間関係を続けるうえで大切になります。

親にお金を借りる時のマナー

親からお金を借りる時は「親子だから当然」という軽い気持ちで頼む事場合がほとんどです。しかし、場合によっては、親の老後資金を切り崩したり、少ない年金の中からお金を工面してくれたりすることもあります。

本来なら、そのような親に対して大いに感謝するべきですが、借りる方は「親子なんだからそれぐらいしてくれても当然」と、お礼の一言も言わない人もいます。

しかし、親だからこそ子供のためにと無理をしてでも貸してくれるのですから、「親にお礼を言うのは恥ずかしい」という気持ちがあるでしょうが、どんな言葉でもよいので、感謝の気持ちを伝える事が大切です。

友人から借りる時のマナー

友人とのお金の貸し借りが原因でトラブルになり、友人関係が崩れてしまったという事はよくある事です。だからこそ友人にお金を借りる時は注意が必要です。

お金を貸してもらいたい時は貸してほしい理由が必要ですが、どんな理由であってもうその言い訳はやめておきましょう。

立場が逆の時を考えた場合、友人からお金を貸してほしいと頼まれて貸したとして、あとでその理由が嘘だとわかった時は「なんで嘘までついて?」と不信感しか残りません。どうしても借りたい時は、嘘をつかずに正直に話す事が大切です。

また当然ですが、友人は親と違って他人です。他人にもかかわらず、あなたにお金を貸してくれるというのは、あなたを信頼しているからで、お金を貸してもらったという感謝の気持ちを伝えることができなければ、信頼関係が揺らぐことにもなります。

また、借りる時は、メモなどでもよいので、簡単な借用書を書いておきましょう。相手は「そんなもの必要ない」と言ってもらえるかもしれませんが、マナーとして借用書を渡しておけば、「金の切れ目が縁の切れ目」というようなトラブルになる事もありません。

また、お金を借りた時に利息を払う方がよいのか、という事ですが、友達から利息を要求されることはまずないでしょう。

ただ、感謝の気持ちを伝えるためにも、こちらから食事に誘ったり、高価なものでなくてよいので気持ちを表すプレゼントしたりして感謝の気持ちを表す事で、今以上に友人関係が深まるのではないでしょうか。

先輩や上司から借りた時のマナー

親や友人からお金を借りるのと違って、先輩や上司からお金を借りる時は、特にマナーが重要です。親や友人から借りた場合、返済が少し後になっても問題ありませんが、先輩や上司から借りたお時は、前日に持ち合わせがなくても、翌日にはきちんと返済するのがマナーです。

もし2日後や3日後になってしまうと、もちろん失礼にあたりますし、信頼を失うことになってしまいます。

マネー案内人
マネー案内人
どうしても翌日に返済できない場合は、その日のうちに一言申し出てからその翌日には必ず返済する事が大切です。

また、返す時のお金を裸のまま返すのはマナー違反になります。のし袋まで用意する必要はありませんが、せめて無地の封筒に入れて「遅くなり申し訳ございませんでした」と一言添えて渡すことが大切です。

借りた相手が先輩か上司かにもよりますが、かなり目上の上司だった場合や、借りた金額が多ければ、お礼の気持ちとして菓子折りを添えて返すのが礼儀正しく良いとされています。

借りたお金に利息を上乗せして返済する事もありますが、さすがに利子を請求する先輩や上司はいないと思うので、その利息分のお礼としてとして一緒に渡すのがマナーです。

まとめ

基本的には誰に対しても、極力お金の貸し借りはしないのが原則です。世の中、お金の貸し借りが原因で起こったトラブルは数えてもきりがありません。

どうしても、お金を借りなければならない時は、カードローンの利用も考えてみる事をおすすめします。

親や友人に頼めば手軽に借りられますし、利息を支払う必要もありません。その代わり、一つ間違えばトラブルに発展する事にもなり、これまで築き上げてきた関係が一瞬で崩れ去ってしまいます。

カードローンは無担保、無保証でお金が借りられので、誰に迷惑をかける事もありません。限度額が決まれば、その範囲内なら何度でも借り入れが出来るので、お金を借りるたびに人に頭を下げる必要もありません。

「お金の事で人間関係を崩したくない」と思っているのなら、一度カードローンを検討してみてはどうでしょうか?

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...