お金を借りる方法

カードローンでお金を借りる時の提出書類はパスポートでも大丈夫?

カードローンでお金を借りる時の提出書類はパスポートでもOK?

カードローンの申し込みをする時、本人確認書類として運転免許証の提示を求められます。

「運転免許証を持っていないので申し込みが出来ない」と思っている方もおられますが、カードローンの申し込みは、運転免許証以外にパスポートや本人である事が確認できる書類であればお金を借りる事が出来ます。

そこでカードローンの申し込みをする時、どんな書類を用意しておかなければならないのかを紹介します。

カードローンの申し込みで必要になる書類

マネー案内人
マネー案内人
消費者金融や銀行へカードローンの申し込みをすると、必ず審査を受けることになりますが、そこで必ず用意しなければならないのが必要書類です。

カードローンの必要書類は、大きく分けると2つの種類があります。

ひとつは、本人確認書類と場合によっては収入証明書類が必要です。その中でも、必ず提出しなければならないのが本人確認書類になります。

本人確認書類は、申し込みをした人が、間違いなく本人である事を確認ためや、申込書に記入した住所や年齢など、申告された内容の事実確認のための書類でもあります。

近頃ではあまり見かけなくなりましたが、10年以上前は本人になりすまして申込みをしてくる申込者や、全く別人の身分証を利用して申し込みをしてくる人もいたので、カードローン会社は、顔写真付きの本人確認書類の提出を求めるようになりました。

本人確認書類には必ず名前や住所、生年月日など、個人を特定することができる情報が記載されているので、申込書に記入した内容と相違がないかを確認し、本人である事を確かめます。

なお、必要書類として指定されている、本人確認書類や所得証明書類にはいくつか種類があるので、金融機関から指定される書類がそれぞれで違うので、申し込みをする前に、どのような書類を用意しておけばよいのかを確認しておく必要があります。

必ず必要になるのが本人確認書類

繰り返しになりますが、本人確認書類は金融機関で違いがあるので確認しておく必要がありますが、一般的に本人確認書類として提出を求められるのは、運転免許証や運転経歴証明書、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなどで、外国籍の方は在留カードや外国人登録証明書、特別永住証明書などのいずれか一つを用意する必要があります。

中でも運転免許証や運転経歴証明書やパスポートは、顔写真が入っているので、ほとんどの金融機関で利用できます。

運転免許証・運転経歴証明書

本人確認書類として最も信用度が高いのが運転免許証です。カードローンに限らず本人確認書類に運転免許証を使用している事が多いと思いますが、カードローンでも運転免許証を提出すればなんの問題ありません。

運転経歴証明書とは、有効期限が残されている運転免許証を、自ら返納した人が取得できる証明書のことで、高齢のために運転が困難となった方や、何らかの事情で免許証を返納した方が、運転免許証に代わる身分証として運転経歴証明書を使用が可能です。

健康保険証

健康保険証には国民健康保険証や社会保険証、組合保険証、船員保険証があります。健康保険証のみで本人確認書類とすることは認められていない事が多く、公共料金の領収書などの提出を併せて求められることがあります。

たとえば、顔写真がない健康保険証などの場合は、住民票や公共料金の領収証(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)を用意する必要があります。

パスポート

パスポートには顔写真が入っているので、公的な身分証明書として認められています。ただ、パスポートの最後のページにある「所持人記入欄」へ、氏名、住所、連絡先を一通り記入しておく事をわすれてはいけません。

本来、記入は任意となっているので、白紙のまま利用している方も少なくありませんが、カードローンの審査を受ける時は「所持人記入欄」が空白だと、身分証明書として利用することができないので注意が必要です。

その他にも住民基本台帳カードやマイナンバーカードなども公的な身分証明書として認められていますが、カードローンの申し込みに使用する時、顔写真がない場合は別途、住民票や公共料金の領収証(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)の提出を求められる場合があります。

また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が違う場合も住民票や公共料金の領収証(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つが必要になります。

収入証明書類が必要になる場合

収入証明書類は借入希望額が高額になる場合に提出を求められます。高額融資をする場合は、貸し倒れになる危険性もあるので、収入証明書類を提出して、返済能力に問題がないかを確認します。

収入証明書類の提出は、2017年度まで、銀行カードローンは銀行独自の基準で収入証明書類の提出を求められる、借入希望額がそれぞれで違っていましたが、銀行の自主規制によって、現在は消費者金融と同じになっています。

ちなみに、消費者金融は借り入希望額が50万円を超える場合や他社の借入と申込み時に希望している借入額を併せて100万円を超える場合は収入証明書が必要となっていますし、銀行カードローンも収入証明書類の提出条件はほとんどが、同じになっています。

収入証明書類として利用できるのは、源泉徴収票や給与明細書、税額通知書、納税証明書、確定申告書などですが、カードローン会社によって違いがあるので確認する必要があります。

まとめ

必要書類の提出時期は、仮審査を終えた段階で必要になる場合や、本審査の途中で必要書類を提出する場合など、カードローン会社ごとに違うので、申し込みをする前に用意しておけば慌てることがありません。

特に収入証明書類の場合は、紛失していた場合、改めて再発行をしてもらわなければならないので、出来る事なら借り入れ希望額を50万円以下で申し込む事をおすすめします。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...