お金を借りる方法

彼氏・彼女にお金借りるのは絶対ダメ!お金を借りたい時のベストな方法

彼氏・彼女にお金借りるのはやめておいた方が無難!その理由は?

彼氏(彼女)から「お金を貸してほしい」と頼まれた経験はないですか?彼女から頼まれるより彼氏から頼まれる方が多いようですが、お金の貸し借りは、いくら恋人同士であってもするべきではありません。

何故彼氏(彼女)からお金を借りないほうがよいのか、現在「お金を貸してほしい」と頼まれている方は、貸す前に一度目を通してみる事をおすすめします。

お金を貸すと彼氏(彼女)が信用できなくなる!お金にだらしない

今後も彼氏(彼女)と長く付き合いたいという場合は、お金の貸し借りは要注意です。なぜなら、お金を貸してもらおうとすると、相手に対する不安や不信感が生まれ「このまま続けられるのだろうか」と思われてしまいます。

どんな理由であれ「お金を貸してほしい」と言われるともしかしてお金にだらしない人?と思われてしまうようになってしまいます。人間関関係が崩れる原因は、金銭トラブルが最も多いので親しいからと言って甘えるのではなく、他の方法で借りる事をおすすめします。

お金の貸し借りが原因でトラブルになる

恋人同士で会っても、お金の貸し借りがトラブルに発展する事があります。借りる時は「間違いなく返すから」と約束をして借りたとしても、万一約束が守られなかった時は、お互いに感情の衝突があり、トラブルになる事も少なくありません。

お互いの信頼関係を崩さない為にも、お金が必要になった時は、別の方法を考えるべきです。

純粋な恋愛関係が崩れる

「彼氏(彼女)にお金を貸すべきでない」という理由は、恋人同士という純粋な関係が崩れてしまうからです。お金がかかわってくると、親子関係であれ、友人関係であれ、どうしてもそれまでの関係性を続ける事が出来なくなる場合が多く、特に恋人関係においては顕著に現れます。

たとえば彼氏(彼女)にお金を貸したとすると、その時点からお金を貸した方は、頭の片隅にお金を貸した事が残り、お金を返してもらうまで消える事はありません。一方、借りた方は返すまで「お金を借りている」という事が気になって仕方がないはずです。

普段はお金を貸した、借りたの話は、口に出さないように努めていますが、例えばケンカをしたときなどは、つい売り言葉に買い言葉で「貸したお金」のことを口にするようになります。これは借りた方にとって、最も振れられたくない話で、それを持ち出されれば、借りた方は感情的になり、さらに反撃的になってしまいます。

それらさらにエスカレートすると、別れ話まで発展してしまい、純粋な恋人同士という関係が崩れてしまいます。

彼氏(彼女)に頼らずにお金を借りる方法

マネー案内人
マネー案内人
人間関係を崩さずにお金を借りる方法としてカードローンをおすすめします。

カードローンは

  • 保証人や担保が不要なので、誰にも頼らずお金が借りられる。
  • カードローンを利用している事は家族や会社に知られることがない。
  • 契約が完了すれば。その範囲内でいつでも何度でもお金が借りられる。
  • 会費は不要で、利用しなければ利息は発生しない

というようなメリットがあります。

カードローンは消費者金融や銀行でカードローンの申込が出来ます。

カードローンの申込条件

カードローンの申込条件はいたって簡単で、申込時に本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなどが手元にあれば、簡単に申込ができます。

申込条件も「安定した収入があり、満年齢20歳以上で60歳~69歳までの方」となっているので、正社員でなくても、パートやアルバイト、派遣社員でも申込が出来ます。

また、急いでお金を用意する必要が有るという事がありますが、決められた時間内に契約を終えていれば、その日の内に口座へ振り込んでもらったり、カードを使って提携ATMからお金を引き出したりする事も可能です。

今すぐお金を借りたい時はどこがおすすめ?

今すぐお金を借りたいという時、手軽に借りられるのが消費者金融のカードローンです。中でも大手消費者金融は、すべてが即日融資に対応しているので、申込をしたその日に口座へお金を振込んでもらえたり、ローンカードがあれば、提携ATMからいつでもお金が引き出せたりするようになります。

消費者金融の即日融資は土曜日や日曜日、祝日でも可能なので、お金が必要になった時、手軽に借りられるというのが消費者金融の大きなメリットです。

ちなみに、銀行カードローンの中には即日融資が可能なカードローンもありましたが、2018年以降は、審査の内容が変わるため、即日融資が出来なくなります。「今すぐお金が借りたい」という場合は、大手消費者金融なら安心です。

出来るだけ金利を少なく借りる方法は?

銀行のカードローンとは、銀行が取り扱っているカードローンで、メガバンクから地方銀行、信用金庫、最近ではネット銀行など、あらゆる銀行がカーローンに取り組んでいます。カードローンは目的ローンのように担保や保証人を用意する必要がないので、手軽に申込が出来ます。

銀行は銀行それぞれが独自の審査基準を決めており、顧客獲得のために金利を低くして顧客の獲得に努めています。

大手消費者金融の金利はほとんどが18%程度ですが、銀行の平均金利は14.0%程度で貸し出しをしているので、少しでも利息を少なく借りたい時は、銀行カードローンがおすすめです。

まとめ

親や友人間でも、お金を貸してトラブルになる事は多いのですからのですから、恋人同士ならなおさらのことで、悪くすると「顔も見たくない」という事にもなってしまいます。

お金を借りる事になれてしまうと、借りる方は相手に頼りすぎて、いつでも貸してもらえると思うようにもなり、貸した方は返してもらうまでは恋愛感情も冷めてしまいます。

マネー案内人
マネー案内人
ですから、お金の貸し借りは彼氏(彼女)間では出来るだけ避ける事が、恋人関係を長く保てるポイントになります。
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのは、消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人も...