プロミス

クレジットカードの延滞はプロミスの申し込みに影響する?

プロミスの申し込みにクレジットカードの延滞は影響する?

プロミスへカードローンの申し込みをすると審査があり、審査を通過して初めてお金が借りられるようになります。審査の目的は、申込者にお金を貸しても返してもらえるかどうかというのが最も重要な項目になります。

そのために申込書に記入した内容や信用情報機関の個人情報に基づいて審査が行われます。個人情報で影響するのは、他社借り入れやクレジットカードなどの利用履歴などで、問題があれば審査に通る可能性は少なくなります。

プロミスへ申し込みをした時、審査にどう影響するのかを知っておく必要があります。

信用情報の個人情報は共有されている。

信用情報機関という言葉は、カードローンやクレジットカードを利用している方なら一度は聞いた事のある言葉と思います。信用情報機関の個人情報には、過去の借り入れ履歴や金融事故に関するすべて情報が記録されています。

この信用情報機関の個人情報は、銀行カードローンでも参照します、クレジット会社でカードを作る時に必ず照会します。この信用情報に基づいて審査が行われるわけですから、この個人情報がどれだけ重要かがわかります。

ちなみにカードローンの申し込みで嘘の記載をしても、この信用情報によってすぐにばれてしまいます。

こうした個人の信用情報を管理しているのが信用情報機関で、情報機関は、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」「信販会社の信用情報機関「CIC」「消費者金融の信用情報機関「JICC」の3機関あり、事故情報など一部の情報を共有しています。

金融事故として登録されるのは

金融事故として扱われるのは、長期延滞や代位弁済、債務整理などを行った場合で、それらすべてが記録されます。

長期延滞とは

延滞(滞納)は、信用情報で言う「異動あり」と言葉で記録され、いわゆるブラックになります。ブラックになると、他社の借り入れや信用取引で審査に通らないなどの影響が発生しますが、3か月以内の延滞であればブラックになることはありません。

ただ、少しでも遅延しているのであれば、早急な対応をしなければなりません。

基本的に短期の延滞は個人情報に記録されませんが、クレジットカードで延滞を起こした場合はクレジット会社の社内事故情報として残ります。

社内事故情報は半永久的に記録が残るので、短期の延滞でも度重なると、信用情報機関へ事故情報として記録されてしまう事があります。

プロミスの審査でどう影響する?

プロミスは融資が受けられやすいと、大手消費者金融の中でも人気があります。しかし、金融事故という事が記載されていると、プロミスだけにかぎらず、どの金融機関でも審査は厳しくなります。

なぜなら、信用情報機関の個人情報に、金融事故があった事が記載されていれば「お金を貸しても帰ってこない可能性が高い」と判断され、審査に通る可能性が低くなります。

プロミスは消費者金融なので、総量規制の対象になり「融資限度額は年収の3分の1以内」という制限を受けます。クレジットカードでキャッシング枠を設定している時は、プロミスの融資限度額から減額されるという事になり、思っていたほどの金額が借りられなくなります。

金融事故が記載されている時の対処法

では、一度金融事故として扱われてしまえば、お金を借りる事は出来ないのでしょうか?個人情報に金融事故が記録されていると、5年~7年は新たな借り入れが出来ません。

しかし、中小消費者金融はブラックでも融資している正規の業者も存在しているので、中小消費者金融へ申し込みをしたり、クレジットカードのキャッシング機能を利用したりすれば、お金を借りる事は可能です。

中小消費者金融へ申し込む

消費者金融は、大手だけでなく中小消費者金融と呼ばれる正規の消費者金融があります。

一時期、中小消費者金融は「金利が高い」とか「融資限度額が低い」「利便性が悪い」などと言われていましたが、最近では大手消費者金融と比べてもほとんど変わりません。

金利面を見ても大手消費者金融の上限金利18.0%以下のところもありますし、申込はインターネットからの申込が可能で、振込キャッシングも可能な業者もあります。ですから、地方に店舗があっても「使い勝手が悪い」という事はありません。

多くの中小消費者金融は、大手で借りられなかった人や、金融ブラックというレッテルを貼られている人にも積極的に融資をしている多くの業者が存在します。

審査方法は、大手消費者金融のように、マニュアル通りの審査ではなく、審査に融通性を持たせているので、過去にはとらわれず、現況から判断して返済が可能と判断されれば融資を受ける事も可能です。

初回の融資限度額はそれほど高くはありませんが、とりあえずお金を借りなければならないという方は、申込先を中小消費者金融まで範囲を広げれば、融資をしてもらえるところがきっと見つかるはずです。

クレジットカードのキャッシング枠で借りる

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能が利用できる事はすでにご存じと思います。クレジットカードをお持ちの方は、カードの申し込みをした時点でキャッシング枠の審査を終えているので改めて審査を受ける事はありません。

クレジットカードのキャッシング枠に余裕があれば、それでお金を借りる事も可能です。

まとめ

他社のカードローンやクレジットカードで延滞などを起こしていると、一定期間はプロミスへ申し込みをしても審査に通る事はありません。

どうしても急ぎでお金を借りなければならない時は、中小消費者金融へ申し込むか、クレジットカードのキャッシング枠の利用を検討する事も考えなくてはなりません。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較