プロミス

プロミスで一時増額はできる?限度額が上がる条件は?

プロミスで一時増額はできるの?

キャッシングを続けていると一時的でもよいから、もう少し限度額が増えたらよいのにと思う事があります。

限度額を増やす方法として、金融機関各社は今の限度額を増やす事が出来る「増額」というサービスを提供しており、もちろん「プロミス」でも増額は可能です。

ただ、この増額はクレカのように「プロミス」でも一時的な増額が可能なのか否か、通常の増額と併せて紹介します。

プロミスの増額とは

「増額」を簡単に言うと、現在利用できる限度額からさらに限度額を増やすという事です。

たとえば、現在の利用限度額が30万円の人が増額申請をして利用限度額を40万円なり50万円に増やしてもらう事で、一度限度額が増額されると以降はその範囲内で利用できるようになります。

ちなみに「プロミス」で増額が出来るのは、フリーキャッシングと自営者ローンで増額が可能です。ただし、消費者金融は総量規制の対象になるので「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限を受けるので、これを超えての増額は出来ません。

プロミスで増額申請するタイミング 限度額を変更したい

増額申請は増額したいと思っても、いつでもできるものではありません。増額申請が出来るようになるには、ある程度の期間が必要で「プロミス」の初回利用限度額は、審査で決まります。

年収がいくら多くても、ほとんどの場合、50万円以下の限度額になりますし、年収が少なければ10万円以下になるという場合もあります。

なので、限度額の増額をして貰うには、延滞などをおこすことなく、遅延や延滞をおこさす、半年以上継続してキャッシングの利用を続ける事が大事で、「プロミス」から優良顧客として認めてもらう事がポイントです。

プロミス限度額の引き上げには、タイミングがあるということですね。

プロミス増額は3ヶ月では否決される?

先ほど説明しましたが限度額の引き上げには、タイミングが必要です。プロミスを利用して2~3ヶ月程度の短い期間での増額申請は、まず通りません。毎月遅れることなく支払いを行い、プロミスで実績を作りましょう。

3ヶ月での増額申請は無理ですが、半年からできれば1年近く経っていれば、プロミス側から増額案内が来るはずです。仮に案内が来なくても自分で増額することは可能ですので、チャレンジしてみるとよいでしょう。

プロミスからの増額案内が増額チャンス

「プロミス」は定期的に信用情報機関の個人情報を照会し、社内審査と合わせて優良顧客と認められる会員をリストアップしています。リストアップされた優良顧客に対して、6カ月に1度、増額をしてもよいという会員に、電話やメールで増額案内を出しています。

利用限度額を増額したいと考えている会員は、「プロミス」からこのような案内が来た時がチャンスで、案内から続けて増額の申込をすると、増額がスムーズに行える場合が多いようです。

案内を待たずに増額申請を自分で申込む

自ら申込む場合も同じですが、半年以上事故無く継続した利用を続けていることが条件になります。

増額申請には2つの方法があります。

  1. 会員サービスから申込む方法
  2. プロミスコールへ電話で申込む方法

で、会員サービスは「プロミス」を利用していれば、パソコンやスマホからログインして申込が出来るので、自宅から申込むことも可能です。申込時間は24時間365日可能なので、土日・祝日に限らず増額申請を済ませておけば、あとは審査結果が届くのを待つだけになります。

「プロミスコール」へ電話を掛けて申込む方法は自動音声対応となっているので、その電話でオペレーターと相談するという事はできません。増額についての相談や質問が有る場合は、別途プロミスコールへ電話して確認する必要があります。

どちらの方法にしても申込に来店しなければならないというような、無駄な時間を取られる事はありません。増額申請が通ると限度額5万円、限度額10万円と、徐々に融資限度額を増やす事が可能になります。

プロミス増額審査の流れ 利用可能額が反映されるのはいつ?

こちらでプロミス審査の流れや審査時間についても掲載していますので、参考にしてください。

限度額いっぱい!総量規制で増額が出来ない事もある

マネー案内人
マネー案内人
「プロミス」は消費者金融なので総量規制の対象となるので、融資限度額は、年収の3分の1以内と決められています。
たとえば、年収が300万円の方は、他社借入も含めて、その返済状況に問題がなければ、100万円まで増額が可能です。

総量規制は他社借入残高と増額で利用できる限度額の合計になるので、他社借入が多い場合は増額出来る金額は少なくなります。

一時的な増額は可能?

キャッシングのQ&Aなどで「一時的な増額は可能?」という質問を見かける事がありますが、結論から言うと一時増額はクレジットカードでは可能ですが、カードローンで一時増額をしているところはありません、

「プロミス」でも増額は可能ですが、基本的に融資限度額を決める時は、審査があり、収入や勤続年数な、信用情報機関の個人情報などから審査を行って限度額が決まるので、一時的に限度額を上げる事は出来ないと思っておいた方がよいでしょう。

プロミスの限度額変更ができない理由は?増額審査では何を見るの?

プロミスで限度額が増額できないとなると、必ず理由があるはずです。

たとえば、

  • 年収が低い
  • 勤務先が変わった
  • 他社での借入

などいくつかの理由が考えられます。

中でも、延滞があったり収入が低くなった場合は増額申請には通りません。むしろ、このような状態で増額申請することはデメリットしかありません。

プロミス増額申請2回目を検討している人は、上のようなマイナス要因が今一度確認してください。場合によっては、増額どころか利用額を減額されてしまうかもしれません。

反対に、

  • 年収が上がった
  • 役職に就いた
  • 他社の借入が完済

といった好ましい状況になれば、増額審査に通過する可能性は大です。

プロミスのご利用可能額0円からの復活方法

予告なしに突然借入ができなくなる「プロミスのご利用可能額0円!」焦りますよね。ナゼ、このようなことが起きてしまうのかその原因を探ってみました。

  • 借入がいつのまにか限度額いっぱいまで達してしまっていた
  • 返済が滞納してしまった
  • 虚偽の申告情報がバレてしまった
  • 総量規制に引っかかってしまった
  • 携帯電話・クレカの支払いが延滞した

このような状態になれば、プロミスのご利用可能額0円になる場合があります。

対策は?

原因となった要因を取り除いていくしかありませんが、まずはプロミスに電話をして担当者に借入状況を確認してください。早めに対応することで、信用力の低下を防ぐこともできます。

その上でひとつずつ原因を改善していきますが、そのような状態でもプロミスへの返済は怠ることなく進めてください。ご利用可能額0円ということは、信用度がないということです。

マネー案内人
マネー案内人
利用額0円から復活するには、返済していくしかないのです。

しかし、そんなときでもお金が必要になるときはあるでしょう。プロミスは利用停止が早いとも言われますが、そのような状況になって信用力を上げるのは難しいかもしれません。

 

そのようなときは、他社での借入を検討する方がよいかもしれませんね。

カードローン 金利(年率) 限度額
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
ジェイスコア 0.8%~12.0% 1万円~1,000万円

まとめ

「プロミス」で一時増額してもらうというのは難しく、一度増額されるとその限度額が継続します。中には「限度額を増やすと借り過ぎてしまうのが心配」という理由で、必要な時だけ増額出来ればよいという考えだと思います。

ただ、増額が必要な時に何度も増額してもらう事は不可能に近いですが、どうしても「借り過ぎてしまうのが心配」という方は、限度額の減額をするのもひとつの方法です。

ただ、限度額が増え、一定の限度額以上になると、金利が低くなるというメリットもあるので、限度額を下げた方がよいのか、金利が下る方がよいのか、自分にとってどちらにメリットがあるのかを考える必要があります。

また増額が否決されると債務状況によっては、現在の限度額から減額されたり、場合によっては借入停止となり返済だけをしていかなければならないという状況になることもあります。

増額申請を行うときは、しっかりと見極めましょう。

消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】 そこでおすすめするのが消費者金融のカードローンです。 「大手消費者金融はどこへ申し込みをしても同じ」と思っている人もい...
くらべて選ぶお金の借り方

どの消費者金融から借りてよいのか分からないという方は、3つのパターンから自分に合った選び方を探してみましょう。

1.即日でお金を借りたい方
即日でお金を借りやすい大手の消費者金融から選びたい方はコチラ
消費者金融人気ランキング【人気の消費者金融1位はどこ?】

2.銀行系のカードローンで借りたい方
銀行系カードローンと消費者金融のキャッシングを比較したい方はコチラ
消費者金融と銀行カードローンを比較

3.大手の消費者金融を比較したい方
即日融資でかりやすい大手の消費者金融4社を比較しました
今すぐ借りれる即日融資カードローン3社を徹底比較